テーマ:裁判

生業訴訟アッピール

「生業訴訟」は、昨年末に仙台高裁ので第1陣控訴審と、 福島地裁での第2陣は第1審と二つの法廷で闘ってきた。 この間、各地での10判決はすべて東電の責任を認めてきた。 仙台高裁では年内結審、来年3月判決の流れが固まりつつある。 生業裁判の訴えは以下の3つ。 いずれの訴えにも国は応えていない!   ①東京電力と国と東京電力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発マフェアが事故から学んだ事

【原発マフェアが事故から学んだ事】  ~原発事故集団訴訟の判決を巡って~       -民衆の座視からー 新横浜で開催された報告集会に参加した。 4人の報告者の中で小出裕章さんは、 「福島第一原発の事故で〝原子力マフィア〟が学んだのは、 どんな悲惨な被害を出しても誰も責任を取らなくて良い、処罰もされない、という事だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発は罪作りだ!

原発事故被災者が東電と国を相手に被害者が集団訴訟を起こした 『生業訴訟』の仙台高裁での控訴審が実施された。 その模様を河北新報が伝えた。 <原発事故集団訴訟> 夢見た帰還、厳しい現実 「孤独や不安に耐えて生活」原告訴え 「原発は罪作りだ」。仙台高裁で1日あった東京電力福島第1原発事故を巡る集団訴訟の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発は危険、判決の信念

『原発は危険、判決の信念』  元福井地裁裁判長・樋口英明さんへのインタビュー 樋口さんのような芯のある愛国心のある裁判官が増える事を期待したい・・・ 福島の原発事故後では初めて、運転差し止めを命じた関西電力大飯原発3、4号機をめぐる2014年の福井地裁判決。しかし、控訴審で名古屋高裁金沢支部は7月、一審判決を取り消し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電の罪は明らか

【東電の罪は明らか!】 対策進まず「不満だった」=津波担当の社員、 東電公判-東京地裁6/20(水)19:12配信「時事通信」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000114-jij-soci 東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国と東電の底知れぬ罪!

記録と記憶の為にも、このブログに掲載しておく。   --以下はある方のFBからの転載・・・ 福島原発事故での勝俣、武藤、武黒の刑事責任を問う裁判、 本日の証人主尋問は日本地震学会会長などを経て 原子力規制委員会委員長代理を務め、 再稼働を目論む原発の地震評価の甘さや杜撰さに 警告を発したことから事実上解任された島崎邦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凄まじい政府の人権軽視

子ども脱被ばく裁判口頭弁論の様子が たんぽぽ舎のメルマガに掲載されていた。 日本政府の無責任極まりない 人権軽視が凄まじい・・・   ‐--以下たんぽぽ舎のメルマガの一部転載ーーー 4月25日(水)に第14回子ども脱被ばく裁判口頭弁論が開催されました。 今回の弁論は、4月の転勤で裁判長と右陪席の2名が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低線量被ばくのLNTモデルは合理的

福島原発事故で東京に避難してきている被災者が 国と東電の責任を訴えた福島原発東京訴訟の判決で 国と東電の責任を断罪し http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2018-03-16-1 放射線・放射能への恐れ、低線量被ばくについては "しきい値なし線形(LNT)モデルは有力な科学的見解であり、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国の責任を認める判決

原発事故で全国に避難している人達が 国と東電を訴えている訴訟で 京都と東京での判決は国の責任を認めた。 以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載 本日、東京地裁で福島第一原発被害東京訴訟(以下東京訴訟)において、 国の責任を認め、被告国と東京電力に対し賠償を命じる判決が下りました。 福島第一原発事故被害について、国を被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生業裁判判決の矛盾

昨年10月に福島地方裁判所で出された 東電と国を被告として訴えた生業裁判の判決。 メディアでは勝訴といった報道がされてはいるが 一部勝訴であって、損害賠償金については敗訴とみるべきだ。 『生業訴訟勝訴』は以下ご覧ください。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2017-10-12 判決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発かながわ訴訟

【福島原発かながわ訴訟】 ~事故は全てを奪った~ 横浜地方裁判所で神奈川県に避難してきている 原告8名の尋問が実施された。 裁判終了後の説明会に参加。 今後は2月8日に裁判官の現地調査、 3月7日には再度原告の尋問、 5月18日と6月15日には双方の主張を整理し、 7月19日に結審の予定。 既に判決が出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国で画期的な裁判が始まった

【空母ロナルド=レーガン乗組員被曝訴訟】 河合 弘之 米国での裁判で福島原発事故の真相が明らかに ■米国で画期的な裁判が始まった  いまアメリカで画期的な裁判が行われています。「トモダチ作戦」に参加して被爆した元米兵ら157人が、東京電力などに対して損害賠償などを求め、アメリカのカリフォルニア州連邦裁判所に提訴したの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【生業裁判勝訴!】

【生業裁判勝訴!】(一部勝訴) 昨日の福島地裁の判決は 比較的真っ当な判決と言える。 2002年に出した地震調査委員会の『長期評価』は信頼でき、 この指針に基づいていれば津波の被害は回避できた 可能性があるとして国と東電の責任を断罪した。 いろいろな異論はあるが、 これをもとに『長期評価』が否定できるものではない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生業裁判の判決は?

【生業裁判の判決は?】 原発事故に伴う裁判は全国で31件、1万2000人の原告。 10月10日には、全国最大の原発訴訟『生業裁判』に判決が下される。 ふるさとが帰還困難区域となった人、 県外に自主避難した人など、 立場を越えて団結した 主に福島県内のおよそ4000人の原告が、 国や東京電力の“責任”を問う注目の裁判。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察の闇と大罪!

以下はたんぽぽ舎のメルマガを転載。   一部省略・修正 【福島原発事故刑事裁判公判に於いて明らかになった数々の事実と  佐藤栄佐久元福島県知事抹殺が示すこの国の闇の深さ】    東電株主代表訴訟の主な被告である勝俣氏、武藤氏、武黒氏は6月30日に始ま った刑事訴訟(業務上過失致死傷事件)の被告。 その新事実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発かながわ訴訟

第23回の弁論が横浜地裁で開催された。 前回証言した聞間医師が国と東電の尋問に反論。 小生は最後の10分ほど裁判を傍聴した後報告会に参加。 ICRPのLNT議論は大人も子どもも区別していない。 感受性が高い子ども対し(大人の5~10倍)、 どこまで裁判所が考慮するのか? ICRPのLNTは白血病と甲状腺がんによる死亡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電の刑事責任を問う

【民だまし大地と海を汚した東京電力の刑事責任を問う】 ~福島原発刑事訴訟支援報告集会~ 東京地検の不起訴処分理由は捏造だった!(怒り) ようやく6月30日に電東の勝俣、武藤、武黒の3被告の 刑事責任を問う裁判(検察審査会による強制起訴決定をうけ)が開始され、 東京・田町で支援者らによるその報告会が開催された。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故刑事裁判(2)

以下はたんぽぽ舎のメルマガを転載 前半は以下をご覧ください。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2017-08-10 東電福島第一原発大事故の責任を問う 「下」     ◎論点…「原発を止めておけば良かった」     運転を止めていた4~6号機は     炉心溶融も使用済燃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故刑事裁判(1)

以下はたんぽぽ舎のメルマガを転載 (一部削除) 東電福島第一原発大事故の責任を問う    勝俣・武藤・武黒の刑事裁判始まる    ◎強制起訴から1年4ヶ月…東京地検が悪い(2回も不起訴) 東電の取締役3名、勝俣恒久元会長、武藤栄元副社長、武黒一郎元副社長に対 する「業務上過失致死傷罪」の刑事裁判が6月3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故刑事訴訟初公判

たんぽぽ舎からのメルマガを転載。 東京在住の市民ジャーナリストの記事・・・ 【3・11原発事故6年目に刑事責任を問う裁判初公判】   (市民ジャーナリスト、東京在住) 強制退去命令を受けた人々を含む広範な人々の生活を失わせ、かつ生業資産の 価値をも失わせた、3・11原発事故から6年過ぎた本日6月30日に。 初めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人災が無罪で終わっていいはずがない

【人災が無罪で終わっていいはずがない】 ~福島原発、裁かれないでいいのですか~ 井戸川裁判を支える会の総会が 衆議院第2議員会館で開催された。 この裁判は井戸川さん個人の問題だけではなく、 日本の官僚機構のあり方、 原発事故の責任問題、 原発の法規定のあり方、 被曝による健康被害の是非を問う、 極めて重要な裁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京特捜部の凶悪犯罪!

【東京特捜部の凶悪犯罪!】 ようやく、『知事抹殺の真実』のドキュメンタリー映画を観た。 如何に日本の検察(特捜部)が知事抹殺の為に 免罪事件をでっち上げたかが分かる。 もし、佐藤栄佐久さんがもう一期福島県知事をやっていたなら、 東電は津波対策をしたかもしれないとすれば、 検察はその責任を取らなければならない。 東京検察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発かながわ訴訟

【福島原発かながわ訴訟】 ~以下は支援者のメールを一部転載~ 1月25日に横浜地裁で福島原発かながわ訴訟が行われた。 神奈川県内には現在、自主避難者は300世帯(約770人)が生活し、 3月31日の住宅支援打ち切りに向けて、退去指示を受けている。 裁判には、66席の傍聴席を求めて130人以上が地裁に集合した。 3月3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発刑事訴訟支援団結成1周年集会

【福島原発刑事訴訟支援団結成1周年集会】 福島原発刑事訴訟支援団結成1周年集会が 29日に東京・等々力で開催された。 東電の役員、勝俣、武藤、武黒を検察官役の指定弁護士が 業務上過失致死傷罪で強制起訴したが、 未だに裁判が始まっていない。 東電の抵抗にあい遅れているという。 弁護団としては3月末までに 第1回期日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大間原発建設差止裁判

【大間原発建設差止裁判報告会】 参議院議員会館で開催された報告会に参加した。 大間原発に面している津軽海峡は『特定海域』と定め、 領海幅は沿岸から3海里の5.6km(通常は12海里の22km)しかない。 中央部は公海で中国船も北朝鮮の船も通過できる。 従い、テロを起こす目的の船は簡単に原発に近づき、 ロケット弾の打ち…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

井戸川裁判(ふくしま被ばく訴訟

【井戸川裁判(ふくしま被ばく訴訟)】 参議院議員会館で開催された報告会に参加した。 当時双葉町長として、原子力安全・保安院や 経産省役人の嘘と裏切りを目の当たりにした。 今もウソの上塗りをし、責任を認めない役人に怒っている。 ウソはいずればれる。 行政はやるべき事を怠っている。 特に福島県知事はじめ福島県職員は …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

御用学者は誰か?

【16名の御用学者達はいったい誰か!?】 10月30日に横浜市で開催された 『福島原発かながわ訴訟を支援する会』の弁護士説明で 低線量被曝に対する原告側の意見書(崎山比沙子氏)に対し、 被告側(国・東電)からの反論(意見書)の存在を知った。 被告側の意見書に名を連ねているのは 山下俊一氏や長瀧重信氏ら合計16名の御用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井戸川裁判

~民をだまし大地と海を汚した、東電と国の責任を問う~ 9月7日東京地裁で第4回口頭弁論が開かれ、 衆議院議員会館で報告会が開催された。 子ども被曝から救出する為、 核の平和利用に警鐘を鳴らす為、 きれいな環境を取り戻す為、 正論を言う為に一人立ちあがった井戸川さんは 全ての福島県民の思いを法廷でぶつけてくれている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司法の責任

原発事故が防げなかったのは 市民の差止め訴訟を却下した司法責任が大きい。 裁判官の大罪! ふくしまを忘れたのか! 再びその間違いを犯そうとする司法! 司法の責任は重大・・・ 以下は東京新聞の社説を転載・・・ ◆川内原発抗告審 福島の教えはどこへ 司法がまた揺れている。福岡高裁は、巨大噴火のリスク評価や事故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電は原災法違反

ある原発の専門家が以下の情報を送ってくれた。 本人の了解を得たのでここに転載します。 本人は以下の著書も出している。 多くの原発事故の裁判で闘っている弁護団や原告団の方が この本を読んで、東電の刑事的・民事的責任追及を行って 欲しいと望むものです。 関係弁護団への情報転送を歓迎します。 著書の一部を転記。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more