福島の3名山

日本百名山の中に福島県内には5つの名山がある。そのうちの安達太良山と吾妻山(連峰)は自宅から見える。磐梯山は車で20分も走れば見る事ができる。 【安達太良山】 朝日と紅葉で深紅に・・・(自宅から撮影) 【磐梯山】宝の山・・・ 【吾妻連邦・一切経山】 噴煙が出ている。この裏側に…
コメント:0

続きを読むread more

吾妻・釜沼トレッキング

ワクチンもようやく接種したので、巣籠もりから抜け吾妻スカイラインの浄土平に行ってみた。お昼前には駐車場は満車状態。県外車が7割程度と多い。NHK福島からも浄土平で販売再開したという溶岩さつまいもの取材に来ていた。人の動きはコロナ感染前に近い状態・・・いつまで続くのだろう・・・ 駐車場に車を止め、釜沼への2時間半あまりのトレッキング…
コメント:0

続きを読むread more

秘湯につかる

コロナ禍で外出を控えていたが、福島県のコロナ感染者数もこのとこる0から数名程度と減ってきた。ワクチンもようやく接種したので、巣籠もりから抜け吾妻スカイラインの浄土平に行ってみた。 お昼前には駐車場は満車状態。県外車が7割程度と多い。駐車場に車を止め、一応登山の格好をして釜沼への2時間半あまりのトレッキング(登山)。 そしてその後…
コメント:0

続きを読むread more

最優先事項はUNSCEARレポートを潰す事

【最優先事項はUNSCEARレポートを潰す事】  ~西尾氏の主張は正しいのか?~    福島で発症している甲状腺がんに関して、いわゆる過剰診断説を主張する北海道がんセンターの元院長である西尾さんと、甲状腺がんは放射能の影響であり、甲状腺がん検査継続を主張する地元郡山市の開業医の種市さんとの『福島小児甲状腺がん多発問題』の公開討…
コメント:0

続きを読むread more

保健所機能は強化されない!

以下は医療ガバナンス学会のメルマガを天才。新型コロナのパンデミックでもっともネックとなったのが保健所だった。歯がゆい思いをした国民は多い。国民の命を守る組織が機能していない。以下は某保健所長の嘆きである。 【保健所機能は強化されない!~ムラ社会の弊害】 某保健所長 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http…
コメント:0

続きを読むread more

国連科学委員会の内部被ばくの矮小化?

国連科学委員会(UNSCEAR)2020レポートの吸入摂取の内部被ばく線量はI-131やI-132はCs-137からの比率をもとに推計(計算)している。しかも原発事故後放出されたCs-137とI-131の放出量とその比率は、日時で大きく異なる。 UNSCEARがそのままリファーしているJAEAのTerada論文(レポートの26~29参…
コメント:0

続きを読むread more

情けなくも人が手に入れた奇(くす)しき武器

以下は某大学名誉教授のフェースブックの記事を転載。この名誉教授がフェースブックで提供してくれるワクチンに関する情報を信頼し、一昨日2回目のファイザーワクチンを接種。巣ごもりかワクチン接種かの選択を数か月間かけて情報収集等実施し、某教授の情報を信頼し、接種の決断に至ったもの。2回目の摂取後は若干の微熱と倦怠感があった。今日は正常に戻った。…
コメント:0

続きを読むread more

エネルギー基本計画意見書提出

第6次エネルギー基本計画に対し以下パブリックコメントを提出した。十分に吟味する時間も無いので一般論とし、後半部分は原自連が提出した内容の一部を参考に(ほぼ丸写し)提出した。 その内容が以下。締め切るは10月4日の23:59. ◆原発事故で被災した福島県民として原発の再稼働や増設は絶対に認めるわけにはいきません。大多数の国民の…
コメント:0

続きを読むread more

感染症ムラ解体こそが最大のコロナ対策

医療ガバナンス学会委のメルマガを転載。まさにズバリ指摘してくれた。感染症ムラ解体、そして無能・無策・無責任で危機管理能力の無い自民党政権を変える事こそが最大のコロナ対策。尾身氏は責任を取れ! 【罪深い感染症ムラを、六波の前に解体することが最もコロナ収束に有効だ】 2021年10月1日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行…
コメント:0

続きを読むread more

エネルギー基本計画には良識も正義もない。

資源エネルギー庁は、9月3日から10月4日まで、「第6次エネルギー基本計画案」についてのパブリックコメントを呼びかけている。この基本計画には日本人としての良識も正義も理念も、そして倫理観もない。 原発事故の被害(者)を少なく見積り、「被災された方々の心の痛みにしっかりと向き合い、寄り沿い」と言つつ、原発再稼働をどんどん進める方針だ…
コメント:0

続きを読むread more

国連科学委員会へ公開質問する為の留意事項

国連科学委員会(UNSCEAR)2020報告書は、まさに放射能の健康影響を隠す為の根拠をかき集めた集大成。国連科学委員会2020報告書は文科省の傘下にある放医研のスタッフ(明石氏ら)で構成された日本作業チームが、都合の悪いデータは扱わず、都合の良いデータのみを集めて、2020報告者を作成した。 多くの疑惑と疑問があり、それを正す必…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンのフェイクに騙されるな

ファイザーのワクチンに対する多くのフェイクが流されている。どれをとっても一般市民には判断がつかない。最も信頼がおける某大学名誉教授のフェースブックで以下質問してみた。その回答が以下。結論は『ワクチン接種をせよ』『フェイクに騙されるな』 【小生】 こんな書き込みがあります。第二回接種が10月初めの予定です。不安になります。如何…
コメント:0

続きを読むread more

国連科学委員会への公開質問(2)

昨日の国連科学委員会への公開質問(1)の後半部分です。 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2021-09-19 3.線量推計値の矮小化(係数を1/2) 【質問9】 放射性ヨウ素の体内摂取量から甲状腺に集まる係数をICRP係数の1/2を採用し、以下の①~③の理由で…
コメント:0

続きを読むread more

国連科学委員会への公開質問(1)

『将来にわたり被ばくを直接原因とするがんなので健康影響が増加する可能性は低い』として日本語のプレスリリースを発表し、日本のメデイアや国民にミスリードを誘導した国連科学委員会に以下の公開質問を出す。その前半を掲載。今後若干の追記・修正を加えて9月下旬に国連科学委員会に送付予定。尚、別紙はここでは掲載しません。 【国連科学委員会(UN…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンに関する新たな情報

某大学の名誉教授であるIさんのフェースブックからの記事を記憶と記録の為に転載。内容についてはあくまでも参考として捉え、最終判断はご自分でお願いします。   ---以下転載ーーー ある「条件」で「ワクチンを打って 2年以上生き延びた動物はいない」という「事実」はあるだろうと私は思います。 また、ある「条件」で「同一の抗原で繰り返…
コメント:0

続きを読むread more

国連科学委員会に公開質問を!

国連科学委員会(UNSCEAR)2020報告書には多くの歪みがある。放医研のメンバーで構成されている日本人作業部会によって、恣意的に都合の良いデータわ論文のみを採用し、被ばく線量を少なくした報告がされている。UNSCEARに対し、その疑問を正す為に以下を確認した。 4項については再度確認中も本日のところ未回答。みなさまからもQ&…
コメント:0

続きを読むread more

神奈川県と横浜市からの回答

8月14日及び15日の神奈川県と横浜市、川崎市の教育委員会に要請していた、コロナ禍での学校の9月末までに夏休み延長(自由登校の選択とリモート授業の推進)を要請していたところ7日に神奈川県かた、8日には横浜市から回答が届いた。緊急事態が2週間延長になる事によよって、結果的にはほぼ9月末までのリモート授業になり、短縮授業も実現し、ほぼ要請に…
コメント:0

続きを読むread more

世界で論じられているCOVID-19対策に関する考察(1)

毎日のようにアップデイトされている最新情報を、PCR検査を抑制してきた厚労省の技系官たち。彼らは如何に学んでいないかが分かる?彼らが学ばない事によって、日本国民の命は危機にさらされている。如何に日本のコロナ対策が非科学的であるか?日本は世界から学ぶべきだ。以下は医療ガバナンス学会発行のメルマガを転載。 世界で論じられているCO…
コメント:0

続きを読むread more

国連科学委員会の疑惑と歪み

国連科学委員会(UNSUEAR)2020レポート批判が東京新聞榊原記者に続いて再び岩波の『科学』(2021年9月号)にアワプラの白石草さんの記事が掲載された。(政経東北でも批判記事が掲載済) 以下は白石さんのFacebookでのコメント。 『8月25日に発売した岩波書店の「科学9月号」に「UNSCEAR2020年報告書で大幅…
コメント:1

続きを読むread more

コロナ禍、いよいよ人災の体をなしてきた

以下は医療ガバナンス学会が発行したメルマガを転載。パラリンピックもそろそろ終了する。政府や東京都にはまっとうな政策を実施してもらいたい。 小生のツイッターを転載。 『感染経路の2/3は家庭内感染。家庭内感染を断つ為には自宅放置を止め、軽症者はホテル療養を基本とし、酸素ステーションをホテルにも。家庭内感染を断つ事が最大の経済対策!…
コメント:0

続きを読むread more