日本の医療はこれでいいのか?

以下は医療ガバナンス学会のメルマガの一部から転載 この問題の根源はは非科学的で国民の命よりも利権を優先する感染症ムラと厚労省の悪行にある。 詳細は以下の中村祐輔の「これでいいのか日本の医療」のブルグをご覧ください。 https://yusukenakamura.hatenablog.com/entry/2021/06/20…
コメント:0

続きを読むread more

感染症ムラ排除こそが最大のコロナ対策!

感染症拡大が止まらない。何が要因なのかの分析もない。ここ1.5年間この政権には科学という言葉はない。感染症むらが牛耳る感染対策が失敗したのは明らか。コロナ感染拡大を切り抜けるには、感染症ムラ以外の信頼できる感染症の専門医・学者の意見を公開の場で聞くような場を設定すべきだ。この事によって政府の政策が如何にずさんであるかを国民に知ってもらう…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン被害者に補償せよ!

ワクチン接種後に死亡する人が増加している。厚労省は今までの公害被害を見ても因果関係は認めないだろう。この問題を放置せず、補償問題を国会で議論し、早急なる政治判断が必須だ。若くしてワクチンで殺させた本人と遺族はたまったものではない。ワクチンの安全性についても早急なる検証が必要だ。 以下はある医師のFBからの転載 7月21日厚労省の…
コメント:0

続きを読むread more

UNSCEARからの回答

昨年12月に国連科学委員会(UNSCEAR)から発刊された、福島事故(線量評価や甲状腺がん等)に関するUNSCEAR 2020レポートに関し以下の2点について問い合わせてたら、15分後に回答が届いた。(素早い回答に驚く!) 事務局長もスタッフも夏休みであるが、交代で休暇を取っているようで、休暇中の対応者の氏名とメールアドレスを自動送信…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン接種は個人の判断

以下は某大学の名誉教授のフェースブックからの転載。(本人の許可のもと) ワクチン接種で亡くなった場合には遺族に 4,420万円が支払われるとして 2月19日に表明しましたが、以来、厚生労働省御用の専門家がワクチン接種と死亡との因果関係を認めた例は一つもありません。これからもないでしょうから、死んでも補償されることはないでしょう。 …
コメント:0

続きを読むread more

集団ヒステリックの偽学者たち

【集団ヒステリックの偽学者たち】            疫学の権威者から言わせれば、『福島の甲状腺がんは放射能の影響ではない』『過剰診断だ』『甲状腺がん検査を止めろ』という学者や細野豪志たちは科学が理解できない『単なる集団ヒステリック』『もういいから手を引きなさい』といったレベル。 デマ拡散する偽学者や細野豪志たちは福島の甲…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ対策分科会は解散せよ!

以下は医療ガバナンス学会のメルマガを転載。無能で利権だけで動く感染症ムとスガに即刻退陣してもらう事が最大のコロナ対策。この難局を乗り越えるには各分野の専門性に秀でた方々による総掛かりでしかなし得ない。 東アジアの国のお手本を例に上げるまでもなく、身近な国内で感染を上手くコントロールしている事例が有るのに学ぼうもとせず、1波・2波・…
コメント:0

続きを読むread more

尾身氏は責任取れ

【尾身氏は責任取れ!】                    尾身氏の国会で『人々の行動制限だけに頼るという時代はもう終わりつつある」との発言に今更といった感がある。1年前に言うべき発言。PCR検査拡充等国民はズーットそれを望んでいた。それに反対してきたのは尾身氏らではなかったのか?科学的根拠も薄い断片的な施策よりも、科学的知見にも…
コメント:0

続きを読むread more

福島原発は再臨界の可能性も・・・

福島第一原発は再度核分裂連鎖反応を起こす可能性は否定できない。恐ろしい事だ。この事実を福島県や福島県が主催する廃炉連絡委員会?でも東電へ確認する必要がある。原子力規制庁でも議論も必須。 原発とコロナの二つの緊急事態宣言最中に東京オリンピック開催するという異常事態も狂気。この事実も東京オリンピック後には徐々に情報が出てくる事になるだ…
コメント:0

続きを読むread more

どっちが悪夢か?

最近のツイッターでリツイートで発信した語録を記憶と記録の為に記載しておく。 ◆小生 日本壊滅かといった10年前の原発事故時の民主党政権の協力要請に対し、自民党は全く協力しなかった。自民党は国民の命を軽視した最悪な党だとわかった。今も国民の命を軽視続ける。スガ辞任、自民党下野こそが最大のコロナ対策。今の野党はコロナ対策で非常に建設…
コメント:0

続きを読むread more

国立感染研究所からの回答

国立感染研究所から第2回目の回答が届いた。第1回目の回答に対する再質問であったが、個別の質問には答えられないといった第1回目の内容とほぼ同じ。質問内容は専門家に届いたのであろうか?第1回目の質問は以下ご覧ください。 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2021-07-05    ---第2回目の回答…
コメント:0

続きを読むread more

異論を排除する学者~ロイター記事はファクトか?~

英国でワクチン接種した方が接種しなかった方よりも死亡率が6倍だったという記事を否定した、このロイター通信記事も酷すぎないか?どこがFact Checkなのか?この件に関する関連記事は以下ご覧ください。 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2021-07-09 この記事を書いた記者は専門家が言っ…
コメント:0

続きを読むread more

ファイザーへの不信!~フェイクはどっち?~

免疫学の権威者である大阪大学名誉教授のMさんのフェースブックを転載します。 M名誉教授はYou Tubeでワクチンについて発信しています。 MさんへのFBへの小生からのメッセージ(質問)に対し、ご自分のTLに以下の記事を掲載した。免疫学の専門家でありながら、専門外については結構いい加減な事を言うもんだなと???これを一般市民はワク…
コメント:0

続きを読むread more

国立感染研究所への質問

コロナワクチン(mRNAワクチン)について国立感染研究所に以下の質問を提出した。この問題は日本人そして地球上の全て人類に関わる極めて大きな問題なので、是非国立感染研究所からの真摯な回答を期待したい。 国立感染研究所御中 日頃のご尽力に感謝申し上げます。 mRNAワクチン接種をすべきか、そして娘や婿たち(現役)に…
コメント:0

続きを読むread more

本当だとすればワクチン接種は止めろ!

【本当だとすればワクチン接種は止めろ!】 昨日のブログで以下を記載した。この内容について追加情報と追加の疑問(検討事項)を整理した。この事実が科学的にも事実と認証されるなら、直ちにワクチン接種は止めるべきだ。 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2021-07-03 『Shinji Omur…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン接種か巣籠もりか?

巣籠もりして1年間以上、残された人生のうちの貴重な1年間、2年間が失われていく・・・コロナ禍の人生の生き方を変えるしかないが、どこでも徘徊できる自由はやはり素晴らしい。    mRNAワクチン(ファイザーとモデルナ)も前臨床試験(薬物動態試験、薬理活性試験、毒物試験)データもないまま、未だに『特例承認』の倫理規定違反の『劇薬』だし…
コメント:0

続きを読むread more

日本人はみな水俣病になる!

【水俣病は差別用語】 ~破滅に向かう人類(日本人はみな水俣病になる)~ 熊本大学名誉教授の入口紀男氏の論考を以下紹介します。 ポイントは『水俣病』そのものが差別用語であるという事。北太平洋で捕れる魚介類のメチル水銀の体内蓄積が1キログラムあたり平均 0.2ミリグラムに近いと推定され、これはメチル水銀中毒が起き始めた初期(…
コメント:0

続きを読むread more

ヘドロ化した永田町と霞が関

小沢事務所と金子勝氏のツイッターの一部を引用。 腐りきった霞が関と永田町!腐敗した自民党政権の「ヘドロ」を一刻も早くかきだし、民主政治を国民の手に取り戻したい!無知・無能・無策・無責任・すっからかんで危機管理能力の無い自民党政治を国民の手に取り戻そう! 引用ツイート小沢一郎(事務所) ◆不正行為は隠蔽し、証拠文書は…
コメント:0

続きを読むread more

「金曜官邸前抗議」が再スタート

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載。コロナ禍でも月1回の官邸前抗議行動が再開したようだ。もうしばらく行っていない。 【「金曜官邸前抗議」が再スタート】 「原発いらない」「再稼働を許すな」。 6月18日(金)夜、東京・霞ヶ関の首相官邸前で、久しぶりに反原発のコールがこだました。これまで9年間にわたって毎週金曜日に首相官邸…
コメント:0

続きを読むread more

微笑ましいマムシグサ

自宅前の森林に自生するマムシグサ。 不気味な感じのする姿で、ほぼ直立し、花という印象は薄い。 和名は茎に見える葉のさやがマムシの模様に似ていることによる。 背丈は1mはある。 2本が向き合っている姿は微笑ましく珍しい・・・・ ヤマツツジは終わり、 ヤマ紫陽花に似た、ノリウツギの花が咲き始めてきた・・・ ホタルブクロが咲…
コメント:0

続きを読むread more