二本松市はまっとうな仕事をせよ!(その3)

【二本松市はまっとうな仕事をせよ!(その3)】   ~民意を無視し続ける二本松市~ 二本松市は冬季は雪でプレーはできず、二本松市の地理的にも端に ある、利便性で問題が多い、スカイピア(岳温泉近く)にパーク ゴルフ場を造るという・・・ 二本松市は二本松パークゴルフ協会(会員100名以上)の要望を 無視し続ける・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県はまっとうな仕事をせよ

避難者の数値が間違っていた事が発覚後 福島県に問題点の改善を要求していたところ回答が届いた。 しかし、その回答は最初の質問に答えるものでは無い為 以下再質問を提出した。 避難者数の減少は究極の統計不正だろう! 福島県  災害対策課御中  避難者支援課御中 早速の回答ありがとうございます。 し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハワイ・ヒルトンビレッジ

【ハワイ・ヒルトンビレッジ】 マウイ島からオアフ島に移動。 オアフ島はホノルルにあるヒルトンビレッジに宿泊・・ 3年ぶりだが、何回も行っているとトキメキも薄くなる・・ IMG_3787.JPG IMG_3786.JPG IMG_3817.JPG IMG_3816.JP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハワイ・ハレアカラ

【ハワイ・ハレアカラ】 ハワイ諸島・マウイ島にある標高3000mを超える火山。 山頂からはハワイ島にある4000mを超える活火山 マウナケアやマウナロアが一望できる。 マウナケアから噴煙が出てるのも観測できる。 またハレアカラ山頂付近では7~8年に一度だけ花を咲かせる珍しい 『銀剣草』にも出くわした。 3か月間咲き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県はまっとうな仕事をせよ(2)

避難者の数が間違っていたをきっかけに福島県に避難者の数を 再調査するようにお願いしていたところ、以下の回答が届いた。 ×× × 様         災害対策課 避難者支援課 県政への貴重な御意見をいただきまして、ありがとうございます。 県内避難者数について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和の詩

毎年朗読される沖縄の6.23「慰霊の日」での『平和の詩』。 「沖縄慰霊の日 “この幸せをいつまでも”『平和の詩』朗読、 糸満市の小学校6年生の叫び」(動画4分15秒) https://mainichi.jp/articles/20190622/k00/00m/040/279000c 『生きているから笑い合える  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知ろうとしない人を素人という

【知ろうとしない人を素人という】 ネットを見ていたらある医師が講演会で 『知ろうとしない人を素人という。 思慮しない人は知りようがない・・・』 と言う言葉になるほどとうなずく・・・ プロ市民というのは思慮して、 知ろうと努力する市民の事を言うのだろう・・?? 権力やメディアをを監視し、ダメなものはダメと言える市民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県民の疑問に答えよ!

【甲状腺評価部会は県民の疑問に説明せよ】 今回の甲状腺評価部会の報告に納得している福島県民は少ない。 科学者の責任を果していない。 第13回の甲状腺検査評価部会の資料1-1の表1、図7、図8等では明らかに 地域差がでてるにも関わらず、結論では『線量が高くなるほど甲状腺がん発見率が 高くなる関係(量反応関係)は認められな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺がんが放射線の影響ではないとする見解への疑問

【甲状腺がんが放射線の影響ではないとする見解への疑問】 甲状腺検査評価部会は甲状腺がんが 放射線の影響ではないとする見解をまとめた。 この結論に多くの県民は納得していない。 2巡目以降の発見率は中通りは会津の約2倍との論文もある。 甲状腺がんの最大の要因はヨウ素131による初期被曝。 ヨウ素がセシウムの30倍もあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京タワ-とス-パ-タワ-

東京・御成門から三田(田町)まで歩いてみた。 増上寺から見た東京タワーが西日で眩しい・・・ そして長い間お世話になった会社にも寄ってみた。 退職時と変わらずスーパータワーの姿は健在であったが 会社自体は傾きかけている・・??? 東京を歩いていると外国人が多い事に驚く・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安達東高校統合化の新たな提案

政府の、まち・ひと・しごと創生基本方針案の骨子の中に 『地域社会の担い手育成、高校に実践的な教育を実施』がある。 まさに地域への定着率の高い高校生を 地域の担い手として育成する事が必須。 復興庁は福島県の避難地域に対しても 『学校教育の魅力づくりに関する調査事業』を 重要テーマと捉えている。 中通地域もこれを適用すよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、福島は分断するのか?

脳神経科学者の視点から月刊誌『政経東北』に論考が掲載された 『なぜ、福島は分断するのか(第2回)』を読んだ。 この論考は3月号から6月号の4回にわけて掲載された。 この論考では『一般人(市民・被害者)』と『政府系科学者』という対極の見方をしている。 政府(加害者)⇒正義で、反政府(善良な市民・被害者と書くべき!)⇒悪と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二本松市の個人線量測定のデタラメ

放射線審議会が場の線量から個の線量へ放射線管理を変えた。 今後、各省庁の放射線管理方法が個の線量に変わる可能性がある。 しかしながら、個人線量測定のデタラメは酷い。 早野・宮崎論文のデタラメはその典型、 今一度個人線量測定方法を正しく測定すべく、今までの間違いを正していく必要ある。 ICRPが年間1mSv/y以下を規定して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県はまっとうな仕事をせよ!

【福島県はまっとうな仕事をせよ!】 復興庁は31日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の避難者数が、 5月14日時点で5万1184人だったと明らかにした。 前回4月9日時点で5万人を下回る約4万8千人になったと発表していたが、 福島県が避難者数を精査した結果、実際は約4千人多かったことが判明した。 福島県によると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文科省に『放射線副読本』の回収要請

文科省が昨年11月に1450万部、総額1億7900万円を使用し 小学生から高校生まで配布した放射線副読本 内容は風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略を 前面に押し出したもので原発事故の反省姿の部分は削除。 『原発の安全神話』が崩壊した今 今度は子ども達へ『放射線の安全神話」を刷り込み始めた。 文科省に以下のメールを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結論ありきの高度のサル芝居

【科学者の責任放棄!】 ~結論ありきの高度のサル芝居か!!??~   甲状腺検査評価部会が福島市で開催された。 部会長の鈴木元さんとちょっとだけ話す機会があり、 東大・森口さんたちのヨウ素の初期被ばくの研究結果を 何故反映させないのか?と質問をぶつけてみた。 又記者達の質問(たぶんNHK?)も同じような質問をしてた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学者の責任放棄

【科学者の責任放棄】 甲状腺検査評価部会は甲状腺がんは放射能の影響は無かった? との結論を6月3日に福島市で開催される評価部会で公表するとの事。 以下の疑問があり、多くの国民や県民は受け入れられないだろう これこそ、科学者の責任放棄であり、科学者の政治への忖度であろう 小生と同じ感想をもつ鳩山さん 科学者の責任放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線副読本の回収要請

福島県の教育委員会および関係部門に以下の要請をメールで送付した。 文科省が昨年11月に改定(改悪)された放射線副読本の内容について市民や学者から 多くの批判がでています。又滋賀県野洲市では放射線副読本の回収を決定しました。 是非、被災県の福島県としても専門家検討委員会(福島大学の後藤准教授らも入れた)を 立ち上げて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more