保健物理学会からの回答

保健物理学会に3つの課題について検証をお願いしていたところ、甲斐会長から以下の回答があった。残念ながら3つの課題に対し、個人線量測定に関する回答のみで、他の課題についてはまったく触れていない。 他の2つの課題は保健物理学会としては触れたくないという事なのか?寝た子を起こしたくない課題なのか?継続的に保健物理学会に問い続けて行く・・・ …
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺被ばくの真相を明らかにする会のシンポジウム

2月23日に開催した『甲状腺被ばくの真相を明らかにする会のシンポジウム』では甲状腺がんに関する福島医大の大平論文や福島県健康調査検討委員会、評価部会の結論に対する多くの反論がでた。シンポジウム後の自由討議を含めると7時間に渡っての非常に内容の濃い議論ができた。 論者の資料は以下をご欄ください。 【原発事故による甲状腺被ばくの真相…
コメント:0

続きを読むread more

原発事故10年目で明らかになった事

原発事故から10年目を迎える。原発事故10年で明らかになった事。10年後の福島からあなたへ。そして原発事故の責任は誰がとるのか。しっかと検証してみたい。以下は東電株主代表訴訟のメルマガの一部を転載。 添田孝史さん 新刊のご案内 『東電原発事故 10年で明らかになったこと』 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
コメント:0

続きを読むread more

環境省から回答が届いた!

環境省に対し福島県内で実施する個人線量測定の問題提起(入札内容に規定なし)していたところ、環境省から留意するとの以下の回答があった。具体的にはどのように留意し実施するのか?昨年までの測定方法(結果)との整合性をどうするのか?は分からないが、引き続き監視し意見を述べていく事にしたい。有った被ばくを無かった事にしてはならない。真実を伝える事…
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺がんの真相を明らかにせよ

メデイアのみなさま、市民のみなさま、国会議員や県会議員のみなさまへ ~ふくしまを忘れない!~ 原発事故後にふくしまの子ども達に見つかった多くの甲状腺がんは「放射能の影響ではなく肥満が原因だった」とする福島医大の大平論文(Epidemiology、30巻、6号、2019年)に対し、多くの専門家は甲状腺がんの発症 には地域差…
コメント:0

続きを読むread more

保健物理学会への問題提起

原発事故10年目を迎えるにあたり、 保健物理学会に3つの問題提起についての検証をお願いした。 (個人名は公開されているの、そのまま記載します) 保健物理学会 甲斐倫明会長殿   cc事務局殿、飯本武志副会長殿 日頃からの御学会のご尽力に敬意を表します。 福島原発事故から3月で10年が経過いた…
コメント:0

続きを読むread more

福島医大は原子力ムラか?

2月13日と14日の福島県立医科大学「県民健康調査」国際シンポジウムが開催された。コロナ禍の中You Tubeで参加した。国際シンポジウムとは言っても医大関連の仲間内で開催するような極めて閉鎖的なシンポ ジウム。 フロアーからの質問も彼らによって都合の良い質問のみをピックアップし答える形式。医大論文を批判する論考などは受け入れよう…
コメント:0

続きを読むread more

相続しない土地の処分

空家となっている田舎の実家の家や土地そして森林・畑の相続をどうしたら良いかと悩んでいる人は多いはず。今後国は法制化を進めるようだ。放置されてる相続登記がされていない森林や畑が荒廃していく。戦後の経済成長に伴い、長男でさえも都会に就職し都会に住みついてしまった人は多い。親の世代から子の世代にすんなり相続されればいいが、孫の世代は親が育った…
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺がんは放射能の影響(その2)

【甲状腺がんは放射能の影響であった!】                ~デタラメな福島医大・大平論文は撤回せよ~              原発事故後にふくしまの子ども達に見つかった多くの甲状腺がんは放射能の影響ではなく肥満が原因だったとする福島医大の大平論文に対し、多くの専門家は甲状腺がんの発症には地域差があった(放射能の影…
コメント:0

続きを読むread more

パワーシフトが脱炭素を進める

地球温暖化を止める為には脱炭素が必須。個人が生活の質も変えず、金もかけずに簡単に今すぐできる『システム変更』『脱炭素』は パワーシフト。(約35~40%の脱炭素を実現)旧電力(東電、関電、中部電力、東北電力等)から新電力に切り替える事。この事によって『社会システムの変更』を個人の力で簡単にできまる。 新電力に切り替える事で新電力の…
コメント:0

続きを読むread more

脱炭素を急げ

【脱炭素を急げ!~個人で出来る事~】 日本では、経産省や旧電力会社(旧一電)を筆頭に原子力ムラが日本のエネルギー政策(温暖化対策)の足を引っ張っている。個人ですぐにもできる温暖化対策は何かを以下羅列してみた。 温度上昇による大雨によって、東京の荒川が氾濫し数百万人が水害を被る。すべての経済活動や生活に大きな影響をもたらす。浅…
コメント:0

続きを読むread more

東京・横浜は世界で最も危険な都市

今後30年間の中に80%の確率で震度5強?以上の地震が来ると言われる東京と横浜が世界中で最も危険な都市と英国の保健組織がランク付けしている。地球温暖化によって、今後更に自然災害が増大する事はNHKの報道特集でのシミュレーションでも明らかとなった。温度上昇による大雨によって、東京の荒川が氾濫し数百万人が水害を被る。すべての経済活動や生活に…
コメント:0

続きを読むread more

原子力村が隠したい「風力発電」の可能性

以下はフェースブックからの転載。記憶と記録の為にも・・・東電は未だに原発事故の反省も無く、都合の悪い情報を隠ぺいし続けている。東電が日本のエネルギー政策にブレーキをかけ、経産相は東電や他の電力会社に追随して規制をかける・・・ 【 原子力村が隠したい「風力発電」の可能性 】  東京電力が東京大学に委託して行った研究で、「犬…
コメント:0

続きを読むread more

「ふくしまを忘れない」10年目の検証

原発事故から10年目を迎える。こんな中、「ふくしまを忘れない」為にも、改めて以下の3つの課題・疑問・問題点を検証し真実を明らかにするように保健物理学会に要請した。10年目の節目に新たな検証委員会(常設委員会でも可能)を立ち上げて戴き、以下の3つの問題提起について、検証をお願いした。 この事が被災した福島県民に対するアカデミズム(…
コメント:0

続きを読むread more

政府の失策を個人に転嫁する法改正

【誰の為の法律改正なのか】~政府の失策を個人に転嫁するものだ~ 以下は医療ガバナンス学会のメルマガを転載。 苦しんでいる患者、事業者らを罰するという発想。一体、誰のための何のための法律「改正」なのか。「改正」すべきは、政権、政府の考え方の根本ではないか。今回の改正法案は「不適切なコロナ政策の結果として生じた状況に刑事罰や行政罰、…
コメント:0

続きを読むread more

原発事故から10年~失われた8年~

原発事故から3月で10年。自民党政権に代わって8年以上。その間、日本は失われた8年と言っていいほど衰退し、社会的・政治的モラルや正義感もアベ・スガによって破壊させられた。特に霞が関と永田町(自民党)の堕落は酷い。昨年1月から感染拡大した新型コロナは無知・無能・無策・無責任でスッカラカンのアベ・スガによって日本人の命と生活は失われていく・…
コメント:0

続きを読むread more

#自民の二大老害は政界を去れ

最近のツイッターでのつぶやきから。 無知・無能・無策・無責任のスガや自民党政治で国民の命や生活は守れない! ◆コロナを感染拡大させたのが自民党!コロナ終息もしないなかで、なぜコロナ対策費よりも多いポストコロナ予算を補正予算に入れ込むのか理解に苦しむ。まずはGo To××の総括が先。無知・無能・無責任、スッカラカンと利権だらけのス…
コメント:0

続きを読むread more

日本医師会の正体

以下たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載。医師会を批判している訳ではないが、医師会の正体を知る為にも記録として・・・今後の医師会の発言も実態を知った事で、その発言の是非について正しい判断をする事ができる・・・ 【国民の命より開業医の利権。コロナで物言う日本医師会の正体とは】 以下、「まぐまぐニュース」より抜粋 新型コロナに…
コメント:0

続きを読むread more

自民党はどこを向いているのか!

以下はある新聞記者のフェースブックより転載 『福島民報が「東京電力福島第一原発事故に伴う食品の安全規制を巡り、自民党東日本大震災復興加速化本部は21日、事故後の基準のまま運用されてきた出荷制限の妥当性を検証するプロジェクトチーム(根本匠座長)を設置した。安全側の厳格な基準によって野生のキノコや山菜などの出荷が今なお制限され、風評被…
コメント:0

続きを読むread more

ICRP委員との討論会開催

昨年のパブコメ後に12月にICRP新刊行物が発刊された。NPO 市民科学研究会主催でICRP委員とのオンライン討論会が2月20日(土)に開催されます。(3部構成)パブコメがどのように反映されたのか、どのような根拠で策定されたのか、要望事項等 についてICRP委員との討論会を開催します。 『2020年12月11日にICRP(国際放射…
コメント:0

続きを読むread more