テーマ:科学者

なぜ、福島は分断するのか?

脳神経科学者の視点から月刊誌『政経東北』に論考が掲載された 『なぜ、福島は分断するのか(第2回)』を読んだ。 この論考は3月号から6月号の4回にわけて掲載された。 この論考では『一般人(市民・被害者)』と『政府系科学者』という対極の見方をしている。 政府(加害者)⇒正義で、反政府(善良な市民・被害者と書くべき!)⇒悪と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結論ありきの高度のサル芝居

【科学者の責任放棄!】 ~結論ありきの高度のサル芝居か!!??~   甲状腺検査評価部会が福島市で開催された。 部会長の鈴木元さんとちょっとだけ話す機会があり、 東大・森口さんたちのヨウ素の初期被ばくの研究結果を 何故反映させないのか?と質問をぶつけてみた。 又記者達の質問(たぶんNHK?)も同じような質問をしてた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学者の責任放棄

【科学者の責任放棄】 甲状腺検査評価部会は甲状腺がんは放射能の影響は無かった? との結論を6月3日に福島市で開催される評価部会で公表するとの事。 以下の疑問があり、多くの国民や県民は受け入れられないだろう これこそ、科学者の責任放棄であり、科学者の政治への忖度であろう 小生と同じ感想をもつ鳩山さん 科学者の責任放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学者の責務

【科学者の責務】 甲状腺がんの発症原因や汚染水問題等加害者にとって不都合な真実は少なくとも 東京五輪が終了するまで、あるいはアベ晋三が退陣するまでは、政府と東京電力は 『アグノトロジー』の手法でなんとか逃げ切ろうとするだろう。 しかし、その事を許してはならない。それに答えるのが科学者の責務。 藤岡 毅氏の以下の論考を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学者・医師の倫理違反が甚だしい

【科学者・医師の倫理違反が甚だしい】 日本学術会議が定めた科学者の行動規範がある。 原子力むらの御用学者はこの行動規範とは 乖離した存在で科学者と言えるものではない・・ 既に、官僚や政治、そして経済界の”金”によって操られた人形達である。 彼らは科学者としての自尊心を捨て去り、 尊敬に値しない最も罪な人種と化してしまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学者の行動規範

科学者と自認する学者はどれほど 以下の日本学術会議が定める科学者の行動規範を 遵守しているだろうか? 昨日は二本松市のアドバイザーと『個人線量測定のデタラメ』について激論になったが このアドバイザーいかにも市民に寄り添っている振りはしているが 自分の考えと違う意見に対しては上から目線・・・ 学者(彼は学者だと思っているら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本物理学会が掲載を拒否した原発批判論文

日本物理学会の会員でもある、山田耕作京都大学名誉教授が 学会誌への掲載を風評被害との理由で拒否されたという。 科学者自ら、真実を掩蔽・矮小化しようとする態度は許させるものではない。 日本物理学会の事故責任も追及されなければならない。 その論文が以下・・・ 『放射線内部被曝の危険性と科学者の責任』(京都大学名誉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故がもたらした4つの罪

インドのガンジーが残してくれた「20世紀資本主義の7つの大罪」 1)原則なき政治 2)道徳なき商業 3)労働なき富 4)人格なき学識(教育) 5)人間性なき科学 6)良心なき快楽 7)献身なき信仰 今回の原発事故の対応(放射能被ばくの健康管理も含め)や エネルギー政策には3)、6)、7)を除けばぴったりこれに当ては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more