テーマ:横浜市

科学的・疫学的根拠を示せ!

横浜市は文科省の通達を従順に守って『教育活動の再開等について』という通達を市内の小・中学校に出した。 しかし、この通達には科学的・疫学的根拠に欠け、現場の学校に責任を押し付けるものである。そこで以下の質問を出したが、4月1日現在回答は来ない。直接教育委員会・ 小中学校企画課にTELしたが、メールが多数が来て、一つひとつ答える事が出来な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相官邸殿

新型コロナウイルス感染拡大防止に為に、首相官邸、内閣府、神奈川県、横浜市に以下の要請を出した。 1.危機管理の専門家を行政の中枢に配置してください。 矛盾だらけのアベ政権のコロナ対策。これでは感染爆発は防げない。国民の命や科学的根拠よりも政治判断を優先。専門家会議といいながら危機感専門家がゼロ。アメリカCDCや中国CDC、韓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川県と横浜市からの回答

4月以降の学校休校継続の要請を神奈川県及び横浜市に実施していたところ、以下の回答が届いた。 ーー以下は神奈川県からーー ×× × 様 令和2年3月12日に「政策局 政策部 情報公開課へのお問い合わせフォーム」にいただいた御意見、3月15日、16日に「わたしの提案(神奈川県への提言)フォームメール」にいただいた2つの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感染拡大防止の為に4月以降も休校に

東京や大阪そして横浜等の大都市でのクラスター、爆発的感染拡大の可能性が大きくなっている。東京都知事はこもまま感染拡大した場合は東京封鎖(ロックダウン)もありうると発言。そんな中、文科省は全国一斉休校の解除の方向に向かっている。矛盾だらけのアベ政権には呆れる他ない。全国一斉休校を要請した当時よりも、感染拡大は更に悪化しているにも関わらず。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人は生き残れるか?(2)

新型コロナウイルス感染拡大中に首都圏直下型地震又は東南海地震が来た場合に日本人が生き残る為に、横浜市しとしてどのようなシミュレーションをし対策を練っているかを横浜市に問い合わせた。無知・無能・無策もアベ政権(内閣府)に問い合わせてもまっとうは返事は期待できない為に横浜市に問い合わせてみた。まっとうな回答を期待したい。 【緊急】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市の休校対応のお粗末

横浜市に新型コロナウイルス感染拡大を防止する為に学校の休校を要請していたところ、3月3日から13日までの休校を決定しとの返事が届いた。(以下)この決定の根拠は新型コロナウイルスの潜伏期間の2週間を考慮したとの事であった。しかしながら、この決定には医学的・疫学的根拠から正しい判断であるとは思えない。そこで以下の質問を提出、回答期限を3月5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【緊急】学校を休校にせよ!

神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市に以下のメールを送信した。 至急市長、教育長、教育部長、担当課長、そして保健所と打ち合わせし 休校を実行し欲しいと要請した。 今後は周辺の県、関西の県、福島県にも要請する。 以下は本日相模原市に出したメールを転載 新型コロナウイルス対策へのご尽力に感謝申し上げます。 新型コロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市教育委員会殿

以下のメールを横浜市教育委員会および健康福祉局に送付した。教育委員会の指導主事のもTELし、危機意識を組織内で共有し一刻も早い対応策をとるべきだと伝えた。検討し対応してくれる事を期待したい。 横浜市 教育委員会・健康教育課長殿 健康福祉局健康安全課長殿 新型コロナウイルス対策へのご尽力に感謝申し上げます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市のIR推進に関する疑問

横浜市は観光客や税収アップの為にIR(総合リゾート)を推進する為に市内の各区で市長が説明会を開催している。明日は緑区でも開催の予定だ。そこで、横浜市のIR推進課長あてに以下の質問をメールで送信した。回答が届くかどうかは不透明ではあるが・・・ 横浜市都市整備局IR推進課長殿 cc××××係長殿 日頃のご尽力に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市からの防災・危機管理に関する回答

今後30年間に横浜市で震度6以上の地震の確率は82%と全国一高い。そして台風19号に見られるように、地球温暖化?の影響による多摩川や鶴見川の氾濫が予測される。また昨年年末のNHKが特集した首都圏直下型地震のシミレーション等を参考に昨年12月に横浜市の防災・危機管理に関する質問をしていた。 最初の質問に対しての再質問(1~18項目)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市の防災・危機管理対策を急げ(その3)

今後30年間に70%の確率で首都圏直下の地震の可能性に言及したNHK。 先週1週間に渡って首都直下型地震に関するNHKの報道特集番組を観ていて、まだまだ防災に対する意識や対応が不足している事を実感。そこで横浜市に以下の追加質問(質問20~41)を提出した。 又、先般の質問に対する横浜市からの回答には具体性の欠けたもので、再質問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市からの防災・危機管理に関する回答

横浜市に迫りくる直下型地震や水害時の避難等の危機管理に関する質問や要望を出していたところ、以下の回答が届いた。市の了解を得て以下公開する。担当部門名や課長名も公の立場であり、緊急性のある避難等の情報を得る為には必須である事から氏名も公開する。 ×× ×様 このたびは、横浜市の防災・危機管理について、御意見をお寄せいただき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市の防災・危機管理対策を急げ(2)

横浜市危機管理室の危機管理課、防災企画課、地域防災課及び横浜市緑区総務課に先日の要望・質問に加え以下の追加要請と情報提供をした。 先日の要請は以下ご覧ください。 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2019-11-06 先日はありがとうございました。 2013年の若干古い情報(今も状況は変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市の防災・危機管理対策を急げ!

【横浜市の防災・危機管理対策を急げ!】 横浜市は今後30年以内に震度6以上の地震の発生確率が80%と日本一危険な街でもあり、今回の台風19号でも鶴見川の氾濫の危機的状況にあった。しかしハザードマップはできても、実際に避難するとなると、多くの問題がある事が判明した。そこで横浜市の危機管理部との意見交換(短時間)を実施し、以下メールで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市教育委員会からの回答

福島県から横浜市に避難してきた小学生(現在は中学生)への いじめ問題について、横浜市の教育委員会に対し 公開質問(2回目)をしていたところ回答が届いた。 横浜市からの回答に関し、小生からは以下のコメントを送付した。     ーーー小生から横浜市への返信コメントーーーー ご回答ありがとうございました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市からの回答

3月末で避難者の住宅支援が打ち切りに伴い 横浜市に支援継続のお願いをしたところ 建築局住宅部市営住宅課長から以下の回答が届いた。 要請内容は以下をご覧ください。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2017-03-17        ---     --- ×× ×様 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市へ住宅支援要請

横浜市への避難者への無償の住宅支援を 3月末に打ち切る横浜市の市営住宅課に行って 以下を要請してきた。 確認の為に以下のメールとTELを行った。 他の自治体が出来、原発の電気の恩恵を受けてきた 横浜市が何故できないのか 担当課レベルで解決できるものではない。 局長や市長に問題提起をして欲しいと伝えた。 その回答を待ちたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市いじめ問題公開質問

再度横浜市教育委員会に行き その後のいじめの対応についての 意見交換を実施した。 前回の公開質問に対する回答は 一部を除き回答になっていなかった為 再度公開質問を提出した。 前回の回答は以下ご覧ください。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2017-02-02 横浜市・人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3.11東日本大震災かながわ追悼の夕べ

【3.11東日本大震災かながわ追悼の夕べ】 今年も横浜市関内駅近くの大通公園で開催された。 東日本大震災から6年。 ~以下は主催者からのメッセージの一部を掲載~ 福島県では、およそ86,000人が放射能汚染によって、 ふるさとを追われたままです。 ここ神奈川県にも4千人を超える人々が避難してきています。 今年3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市教育委員会からの回答

いじめ問題の質問に対し回答が届いた。 しかしながら、回答内容にはまったく満足いくものではない。 大多数の国民、市民はこの回答に触れ、 横浜市の対応が何も変わっていない事に 失望と怒りを更に深めてしまうだろう・・・・ 第三者委員会の結論に至る過程(理由)を 分かり易く説明すべきだろうし もし、教育委員会として妥当性に欠け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市教育委員会殿

横浜市に原発避難してきた子どもが 加害者の子供から150万円相当 おごされてきた事案について 横浜市教育長はいじめは無かったした。 この事に対し教育委員会に以下の質問を出した。 回答入手しだい公開する予定。   ---    --- 横浜市教育委員会  人権教育・児童生徒課    ×× ×主任指導主事殿 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more