テーマ:IAEA

IAEAから回答が届いた!

個人線量測定に関する問題提起をしたパワーポイント『個人線量測定の過少評価~Underestimation Issues on Personal Dosimetry~ 』をIAEAの放射線モニタリング管理部門の責任者に送付していたと以下の回答・コメントが届いた。 その中で『IAEA is currently preparing a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人線量測定の過少評価~Underestimation Issues on Personal Dosimetry~

【Underestimation Issues on Personal Dosimetry】 福島県内で実施されている個人線量測定における過小評価に関する問題提起をまとめた英文のパワーポイントを作成しIAEAとICRPの送付した。IAEAには以下の線量評価部門の責任者Dr. Miroslav Pinak Head of the R…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恣意的な福島医大論文

甲状腺がん多発に関し、『外部被曝と関連性なし』という 福島医大の大平教授らの論文は 先日開催された福島国際専門家会議でも、 福島医大からの報告者(大津留教授又は緑川 准教授) が、 この論文に触れていた。 しかし、フロアー(神戸大学の教授?)からも、 いわき地区と会津を一緒に区分けした医大論文に対し、 区分けに恣意的な疑問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発専門家の無能さ!

原子力委員会委員長代理のFB上で 生物学者【TK氏】と小生【T氏】との意見交換。 原子力工学技術者・専門家の無能さをかたり 彼らを奴隷にせよ!と手厳しい意見・・・ 今回の事故の発生原因やその後の対応の仕方を見れば 原子力工学の専門家(特に東大教授達の)無能ぶりは明らかであり 的を得ている発言だろう・・・ 生物学に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IAEAが福島で行う恐ろしい事実

IAEAは福島に事務所を構え スタッフ1名を常駐させている。 ミッションは除染技術に関する IAEAと福島県との調整・橋渡しとの事。 その事務所を突然訪問した。 IAEA事務所の入口のドアは鉄製に改良し ドアは常に鍵がかかっている。 ドアとたたくと、ドアが開いたが内部の事務所には入れない。 IAEAは福島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more