テーマ:原発事故

原発事故による汚染水と避難者の今

立憲民主党の阿部知子議員のツイッターによると 経産省がALPS汚染水の処理に関するパブリックコメントを2回に渡り2ヶ月延期した理由は『処理汚染水の処分方法について、パブリックコメントを更に一ヶ月延長した理由を、経産省は丁寧に意見を聞くためというが、実は今迄公表してきたタンクの水に含まれる放射性物質について、未測定の核種があったことを正直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ALPS汚染水処理に関するパブリックコメント提出

【諸悪の根源は経産省】 バブル崩壊後、済経成長の戦略を描くべき経産官僚は何一つとして成功していない。原発政策、エネルギー政策は大失敗!自らの罪は国民に負わせる無責任極まりない省庁だ!そして今アベ腐敗政権にハエのようにまとわりつく。ハエ追放こそが日本再生につながる! 『エネルギー政策は国家の欺瞞なり』、『経産省は諸悪の根源』。経産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ル・モンド紙の論評が凄い

フランスで最も権威ある新聞Le monde(ル・モンド・発行部数は約29万部)が日本の原発事故から新型コロナウイルス感染対策に関して分析してくれた。 辛辣この上なくボロくそな批判。良く見ている。日本のメディアが触れないがまったくその通り。このコロナ渦のなかで、少しでも気づいて目覚める日本人が増えてほしい。 この国は何をやっているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故の教訓生かせ

1分1秒争う3.11の原発事故の時の民主党政権における危機管理に比較しても、数段も劣るアベ政権のお粗末な危機管理には呆れる他ない。この無能・無策・無責任のアベ政権の危機管理を見ていると、民主党政権時の危機管理が、まずは人の命を最優先したかがわかる。その後、アベ政権が引き継いだ政策はふくしま切り捨て、人権無視、命軽視の政策が今でも続いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここまでやるか福島医大!

【ここまでやるか福島医大!】 非常に怪しい任意団体ができた。発起人は福島医大関係者(教授や准教授)であり、甲状腺検査の過剰診断論者。この任意団体は住民と一緒に立ち上げたと記載されているが住民は発起人には加わっていない。 しかも非営利の任意団体とうたい、公平・中立の立場と思わせる事で、県民や市民を騙している詐欺団体ではないのか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学者の責任(2)

突然湧いてきた新型コロナウイルスで世界中が危機に瀕している。外出自粛や緊急事態宣言等で多くの活動や研究にも影響がでる可能性もある。 千葉、京都、大阪、神奈川等でクラスターが発生し、その大きな原因が学生達の卒業旅行とイベントである事に大学の責任も重大。是非、各大学で学生の行動自粛や遠隔授業を実施して欲しい。まさに教育改革であり、働き方改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三には命を張った覚悟は無い

【アベ晋三には管さんの命を張った覚悟は無い!】 現在上映されている『Fukushima50』に対する菅元首相にインタビュー記事がある。 それを読むと、当時の菅さんの緊迫した言葉が掲載されている。菅さんの東電幹部への以下の言葉で東京を救った。菅さんに感謝。 「皆さんは当事者です。命を懸けてください。逃げても逃げ切れない。情報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興偽装オリンピックは中止せよ

【復興偽装オリンピックは中止せよ!】 新型コロナウイルス感染拡大で復興偽装オリンピックの中止はいよいよ現実化してきた!まさに「福島はオリンピックどごでねぇ」 以下はひだんれんのFBから転載 ひだんれん武藤類子共同代表あいさつ。 原発事故から9年、今、県内の報道や雰囲気は聖火リレーをはじめとして、オリンピック一色となっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資源エネ庁・原子力発電所事故収束対策室殿

【資源エネ庁・原子力発電所事故収束対策室殿】 福島第1原発のトリチウム汚染水の対策をしているエネ庁の対策官に以下のメールを出した。(公人なので実名でだします) 資源エネ庁・原子力発電所事故収束対策室  奥田修司策官殿 cc伊藤係長殿(室長や関係者にも転送ください)   経産省・エネ庁の小員会の議論(結論ありき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ALPS処理汚染水問題に関する政府交渉

【ALPS処理汚染水問題に関する政府交渉】 市民団体が主催した衆議院議員会館で開催されたALPS処理汚染水に関する政府との意見交換会に参加した。 事前の市民団体からの質問に対する(経産省)エネ庁・廃炉汚染水対策官の回答には結論ありきの言い訳、まったく検討もしていなく、 海洋放出という最終目的達成の為に屁理屈を言っているにす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県民に国民栄誉賞を!

【福島県民に国民栄誉賞を!】 ~福島県民が日本を救った!~ 原発事故でベントに成功した事が東日本の壊滅を救ったという見方。事故当時、福島第一原発内で働いていた人はほとんどが福島県民だ。もしベントに失敗していたら東日本は壊滅状態だったろう。是非以下の映画を観て欲しい。 https://www.minyu-net.com/ser…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム汚染水問題は謝罪し全原発を止めてから議論せよ!

【トリチウム汚染水問題は謝罪し全原発を止めてから議論せよ!】 以下のメールをエネ庁に送付した。 資源エネ庁・原子力発電所事故収束対策室   ××係長殿(室長や関係者にも転送ください) トリチウム汚染水問題が国民や福島県民にいつまでも受け入れられないのは日本政府のエネルギー政策(原発の安全神話崩壊、原発の推進、核燃料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島ダイアローグセミナー

【福島ダイアローグセミナー】 福島市で開催された事もあって、今回初めて福島ダイアローグセミナーに参加した。偏った人達ばかりが参加し、これが福島県民の総意だ、線量を気にしないで復興だ、こころの復興だと言っているのではと思っていたが、放射能汚染に批判的な市民も参加していた。(市民も半信半疑でしたが・・・)しかしながら、伊達市のCエリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県が避難者いじめ!

【福島県が避難者いじめ!】 自民党・公明党そして旧民主党系の県民連合まで告訴に賛同! 人道的に許されないとした県民連合の古市議員に敬意を表したい! 内掘はここ8年間放射能汚染から子どもを救いたいとして 自主避難者の意見を無視し続けてきた。 非常に冷酷な知事であり、その政策にチェック機能を果たさない 福島県議会の存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム汚染水の処理について

【トリチウム汚染水の処理について】 羽鳥慎一モーニングショー 2019年9月25日で 原発事故で溜まるトリチウム汚染水について 賛成派反対派の専門家が意見を述べた。 玉川氏は真っ当な発言。 安全だたら安心とは言えないと言うのは 人間が本質的に保有している防衛本能。 (個人の価値観を理解した発言) 残念なが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判所が犯した7つの大罪

東電と国の責任を問う刑事裁判で裁判所が無罪とした事に対する 裁判所が犯した7つの大罪について論じた『論座』の一部を転載。 まさに福島県民を愚ろうする裁判所を認めるわけにはいかない。 原告の一人としても、この裁判を支援し続ける。 全文は以下をご覧ください。 https://web.smartnews.com/articl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県はまっとうな仕事をせよ

避難者の数値が間違っていた事が発覚後 福島県に問題点の改善を要求していたところ回答が届いた。 しかし、その回答は最初の質問に答えるものでは無い為 以下再質問を提出した。 避難者数の減少は究極の統計不正だろう! 福島県  災害対策課御中  避難者支援課御中 早速の回答ありがとうございます。 し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺がんが放射線の影響ではないとする見解への疑問

【甲状腺がんが放射線の影響ではないとする見解への疑問】 甲状腺検査評価部会は甲状腺がんが 放射線の影響ではないとする見解をまとめた。 この結論に多くの県民は納得していない。 2巡目以降の発見率は中通りは会津の約2倍との論文もある。 甲状腺がんの最大の要因はヨウ素131による初期被曝。 ヨウ素がセシウムの30倍もあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、福島は分断するのか?

脳神経科学者の視点から月刊誌『政経東北』に論考が掲載された 『なぜ、福島は分断するのか(第2回)』を読んだ。 この論考は3月号から6月号の4回にわけて掲載された。 この論考では『一般人(市民・被害者)』と『政府系科学者』という対極の見方をしている。 政府(加害者)⇒正義で、反政府(善良な市民・被害者と書くべき!)⇒悪と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県はまっとうな仕事をせよ!

【福島県はまっとうな仕事をせよ!】 復興庁は31日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の避難者数が、 5月14日時点で5万1184人だったと明らかにした。 前回4月9日時点で5万人を下回る約4万8千人になったと発表していたが、 福島県が避難者数を精査した結果、実際は約4千人多かったことが判明した。 福島県によると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県民よ起ち上がれ!

【福島県民よ起ち上がれ!】 二本松市在住のあらおしゅんすけさんの詩集 『安達太良山のあおい空』から 【起ち上がれ】 福島県人よ 悔しくないのか 先祖から譲り受けた 子孫から預かっている 大事な大地を汚されて ささやかな幸せな 日常の生活を 未来の希望を めちゃくちゃにされて ただ黙って 首をう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法こそが復興の道筋

【憲法こそが復興への道筋】 ~憲法改正を語るなら、被災者の基本的人権が先だ!~ 朝のコーヒを飲みながら、 数年前に購入し放置していた本をななめ読みした 『腹の底から憲法でいこう!』から一部転記・・・ 『憲法を語るなら、被災地の住民ほど 憲法の精神を今必要としている人びとはいない。 幸福追求権を尊重した13条。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生業訴訟アッピール

「生業訴訟」は、昨年末に仙台高裁ので第1陣控訴審と、 福島地裁での第2陣は第1審と二つの法廷で闘ってきた。 この間、各地での10判決はすべて東電の責任を認めてきた。 仙台高裁では年内結審、来年3月判決の流れが固まりつつある。 生業裁判の訴えは以下の3つ。 いずれの訴えにも国は応えていない!   ①東京電力と国と東京電力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境創造センターからの回答

2か月前に福島県環境創造センターに質問と要請をしていたところ 以下の回答が届いた。 回答するまで2か月間の時間を与えていたのは 検討に時間を要するだろうとの考慮からだったが 内部で抜本的な検討した様子もなく失望する回答であった。 質問・要請は以下ご覧ください。 https://nimosaku.blog.so-net…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発とチェルノブイリの現在と今後

以下はある元大学教授のFBからの転載 【福島第一原発とチェルノブイリの現在と今後】    福島第一原子力発電所から飛散したセシウム137の「広島原爆168発分」とは 2011年8月26日に日本政府がIAEAに報告した量。 イギリスの科学雑誌『ネイチャー』によると 広島原爆の「384個分」(Nature 第478巻 435…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故を再検証し法整備せよ

【原発事故後の対応の失敗を再検証をせよ!】   ~国会事故調を再度立ち上げ、新たな法整備をせよ~ 今回の原発事故における避難指示、避難後の対応の失敗、 除染しても戻れない、 7年も避難していれば子ども達にとっては避難先がふるさと、 もう子ども達が放射線が未だに高いところにもどる事はない。 非常に残念だがいずれ浪江町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境創造センターの展示方法を見直せ

福島県環境創造センターは原発事故後に 主に県内の子ども達に見学してもらう事を目的に 2年前に造られたが、その展示方法には問題が多い 当初より問題点を指摘し改善を要求していたが 未だに改善はされていなかった。 そこで改めて以下をメールで要請した。 福島県環境創造センター   所長殿   総務企画部長殿 先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境創造シンポジウム

三春町にある『福島県環境創造センター』で開催された 『環境創造シンポジウム』に参加してきた。 福島医大、福島大、放医研、京都大等の大学・研究所 環境再生プラザ、あいんしゅたいん、JAふくしま、安達高校等もパネル展示 ただ展示内容には疑問も多い・・ 京都大の発表はダーチャ村や小生宅での 放射線測定結果の写真付の報告だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海第二原発で事故があれば想像を絶する被害

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載 【東海第二原発、営業運転40年 元技術者 20年運転延長に警鐘   東海第二原発で事故があれば想像を絶する被害】 東海村の日本原子力発電(原電)東海第二原発は28日、 営業運転を始めてから40年になる。 原子力規制委員会は7日、設備に問題はないとして最長20年の 運転延長を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境創造シンポジウムの開催

【第2回福島県環境創造シンポジウムの開催について】   ~福島県に代わってPR~ 日時:平成30年12月2日(日曜日)10:00~16:30 場所:福島県環境創造センター交流棟「コミュタン福島」(三春町) 福島県内で環境回復・環境創造に関する活動をする 様々な団体の活動内容の紹介や、 積極的に活躍する県民等によるパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more