テーマ:原発事故

新年あけましておめでとうございます

【新年あけましておめでとうございます】 昨年はコロナに終始した1年でした。今年はみなさまにとって自粛生活しながらも、希望に満ちた1年になりますようお祈りいたします。 今年は原発事故から丸11年。不都合で隠されている原発事故の真相の検証・記録こそが、次世代への責務だろうと思っています。今年は真相検証の最後の年になるだろうとの思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本に正義はあるのか!

最近発信したツイッターを転記。コロナと理不尽・無能・隠ぺい・改ざんに終始した日本政治の1年。そして御用学者に良識の欠片もない。日本に正義があるのかと暗澹たる思いの1年。今年も吠えた!来年は希望の年になる事を祈るのみ・・・ ★日本の民主主義も三権分立も、そして道徳心までも徹底的に破壊し続けるアベ。この政治犯を支え続ける自民党と自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県からのお粗末な回答

1か月以上も前に福島県に意見・提案していた回答がようやく届いた。7項目の質問・提案中、回答もらったのは3点。それ以外は答えられないので、ご意見として今後の参考にしたいとの回答。 その一つ(意見・提案5)があまりにもお粗末すぎるので、以下再質問をした。わからないなら、あらゆる手段で調査しようとする意志すらない。福島県民に無用な被ばくをさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国連科学委員会2020レポートへの公開質問と回答(まとめ)

国連科学委員会2020レポートの疑惑(問題提起)について、国連科学委員会に提出した公開質問とその回答をベースにまとめてみた。 【国連科学委員会(UNSCEAR)2020レポートへの公開質問と回答】                                              国連科学委員会は2021年3月に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国連科学委員会からの回答

9月に国連科学委員会(UNSCEAR)に公開質問(20以上の質問)に対する、国連科学委員会からの回答としては、12月に発行予定のelectronic attachments を参照してほしいとの回答だったが、そのelectronic attachments の発行がいつになるのか?また2020レポートの日本語訳の発行時期、福島で開催予定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝承館の在り方に関する福島県からの回答

原子力災害伝承館の在り方について福島県に意見・提案を提出していたところ、ようやく回答が届いた。しかしながら内容には乏しく、今までの主張を繰り返すのみ。尚、福島県に提出した意見・提案は以下をご覧ください。 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2021-11-23 【原子力災害伝承館の展示等に関する意見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故の反省と教訓は活かされいるか??

以下を福島県に提出した。3週間後(今年中に届くか??)に届く回答が、どこまで検証され、現在、その反省と教訓がどこまで活かされているのか、はなはだ疑わしいが、とにかく回答を待ってみよう。 福島県・広聴室殿 日頃のご尽力に感謝申し上げます。 原発事故から10年以上経過し、いまだに高線量で帰還できない住民も存在する一方で、福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県への要請

原発事故後10年経過した。福島県の放射線モニタリング活動に対する自己評価、失敗や成功等の反省や改善すべき点のまとめ、国の責任、県の責任、市町村の責任、国全体の組織や責任体制の問題、震災時の通信インフラの冗長等の問題、情報の伝達や共有化の問題、指示・命令に関する問題点等々・・・ 原発事故時の記録を後世に残す事は現代を生きる人たちの責務。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力災害伝承館はこれで良いのか(3)

以下福島県・県民広聴室に意見・提言(質問)を提出した。2週間以内に回答が届く予定。 福島県 県民広聴室 11月3日に原子力災害伝承館宛に展示に関する提案・意見(下記)を提出していますが、以下の意見・提案に対する福島県からの正式なご見解・ご回答を頂きたくお願いいたします。 尚、以下の2つのブログの内容(問題提起)につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力災害伝承館への改善要請

先日2日間の『原発震災遺構を巡る旅』の中で訪問した原子力災害伝承館の展示内容に関する問題点や改善すべき点について、館長及び部長にメールで依頼した。その内容を掲載する。    原子力災害伝承館企画部長  ×× ××さま  cc高村館長  (注:高村氏は公人であるため実名を記載します。) 先日はお付き合いいただきありがとう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力災害伝承館への要請

先日2日間の原発震災遺構を巡る旅の中で訪問した原子力災害伝承館の展示内容に関する問題点や改善すべき点について館長及び部長にメールで依頼した。その内容を掲載する。 原子力災害伝承館企画部長  ×× ××さま  cc高村館長 先日はお付き合いいただきありがとうございます。 10月25日に伝承館を訪問し、意見交換させていただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浪江町・請戸地区の悲劇

浪江町・請戸地区は3.11で16.5mもの津波にあった。その悲惨な状況を今回の旅で再確認できた。 請戸漁港には新しい建屋が完成していたが、漁師は一人もいない。近くに復興記念公園を建設中であり工事の車がひっ切りなしに通る。あたりは工事関関係者だけの姿。原子力災害伝承館も近い。 救いは請戸小学校の96名全員が1Km以上も離れた大平山に避…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰還困難地域に入る

2日間に渡って、浪江町の請戸小学校の震災遺構、請戸漁港、復興記念公園(工事中)、原子力災害伝承館、東電廃炉資料館、Jビレッジ、リプルンふくしま、中間貯蔵工事情報センター、ふたばいんふぉ、夜ノ森、富岡アーカイブ・ミュージアムと多くの施設・遺構を巡ってきた。 二本松から浪江に行く途中はいまだに線量が高い浪江町津島地区を通る。事故当時は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故の震災遺構を巡る旅

今回は2日間に渡って、浪江町の請戸小学校の震災遺構、請戸漁港、復興記念公園(工事中)、原子力災害伝承館、東電廃炉資料館、Jビレッジ、リプルンふくしま、ふたばいんふぉ、夜ノ森、富岡アーカイブ・ミュージアムと多くの施設・遺構を見てきた。原発事故以降行ってみたいと思いながら、コロナ禍もありなかなか行けなかった地。 大熊町や双葉町、富岡町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国連科学委員会の公平性に疑問

国連科学委員会(UNSCEAR)が昨年末に福島原発事故に関する報告書(UNSCEAR2020レポート)を発刊した。しかしこのレポートには多くの欺瞞(疑問)があり。その内容に関する概要は以下のブログに纏めた。 公平性には多くの疑問がある。その背景には以下がある。 1.UNSCEARの内情をよく知る元WHO放射線・公衆衛生顧問キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリンピックの影の福島の悲劇

以下はある方がMLで『スイス国営放送のフクシマドキュメンタリー』を紹介してくれた。 オリンピックやコロナ感染拡大のニュースの中で忘れ去られようとする福島の悲劇を、スイス国営放送が、福島の取材と被災者を支援し続ける『おしどりマコ・ケン』さんらの活動を中心に丁寧な取材のもとにまとめたドキュメンター。今も福島の多くの被害者が裁判で闘っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UNSCEARからの回答

昨年12月に国連科学委員会(UNSCEAR)から発刊された、福島事故(線量評価や甲状腺がん等)に関するUNSCEAR 2020レポートに関し以下の2点について問い合わせてたら、15分後に回答が届いた。(素早い回答に驚く!) 事務局長もスタッフも夏休みであるが、交代で休暇を取っているようで、休暇中の対応者の氏名とメールアドレスを自動送信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無観客でも五輪開催は無理

東京オリンピックによって3.11被災地、特に福島の復興は遅れた。原発事故が無かった事にする為の目くらまし・復興偽装五輪。今度はコロナ禍において更なる感染拡大させ、救える命さえ奪おうとする暴挙を日本政府が進めようとしている。どこまでも間違いを犯そうとしている。 まともなコロナ対策(ワクチンの遅れ、PCR検査の制限等)もできず、放射線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピックは中止せよ

【東京オリンピックを中止せよ!】 ~コロナ感染拡大の中、日本にオリンピック開催能力はない~ ワクチンの遅れ、スガ政権の無能・無策・無責任政治によって、日本のコロナ敗戦国は明らか!海外からのメデイアや専門家から中止せよとの声が上がっている。日本では中止に言及するはメデイアは少ないが、中止すべきという日本の専門家も出初めている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム汚染水は分離できる

以下はある元東大教授のフェースブックから転載。 菅独裁政権による民意を無視した汚染水の海洋放出正式決定を受けて,昨年のパブコメに書いた意見の中から一部を再掲します.大型タンクや,モルタル固化による陸上保管といった実現可能な代替案に加え,トリチウム除去も実現可能な技術が登場しています(近畿大学の除去装置は補助金が打ち切られて頓挫した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来に禍根を残す汚染水処理

トリチウム汚染水の海洋放出に反対する真っ当な論説(共同通信・佐賀新聞)・・・ 福島民報や福島民友では取り上げているのだろうか??? 以下は共同通信・佐賀新聞の論説を転載 「技術的検討は十分だったか、東電は十分な責任を果たしたか、なぜ今の決定なのか、影響を被る人々への対応は十分だったか。多くの疑問に政府や東電が真摯(しんし)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム汚染水」海洋放出反対の緊急抗議を!

【トリチウム汚染水」海洋放出反対の緊急抗議を!】 まともに代替案の検討もせず、最初から海洋放出ありきの結論にした経産省! 約 10日でタンク 1基が満杯になるので、120年で4,400基のタンクが必要。最初の 100万トンは120年間で半減を繰り返して1千分の1に。現在の小型タンクでも4倍の数のタンクと 4倍の敷地ですむ。石油貯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「3・11」で「真実を伝えなかった罪」

原発事故から10年が過ぎた。当時のメデイアの報道は真実を伝えていたのか?たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載する。日本のメデイアの報道の検証と総括が必要だろう。特にNHKの報道や東大教授達らの原子力専門家(自称)の間違った発言によって、被ばくを余儀なくされた住民や国民がいる事に、NHKはその責任を謝罪する事も必要ではないか?また東大教授達達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過剰診断論批判

ふくしまの子ども達の甲状腺がんの発見は『過剰診断』によるもんだと言いだしている。しかしながらこれに異論を唱える学者も多い。その学者のパワーポイントが以下。 ★『過剰診断論批判』高野徹先生、それは誤読です。 • 子どもの甲状腺がんは成人のものと異なり、転移浸潤や再発が多い。 • 進行は早いが、適切な治療を行えば死亡率は高くない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発事故から我々は学んでいるか?

自然エネルギー財団 からのメルマガの一部を転載。鈴木 達治郎さんは元原子力委員会の会長代理も務め、福島原発事故後は福島に何度も足を運んだ。著書でも国のエネルギー政策、特に核燃料サイクルへの疑問を投げかけている。 以下の記事は転載可。 福島原発事故から我々は学んでいるか?】 鈴木 達治郎 長崎大学 核兵器廃絶研究センター 副…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故10年目で明らかになった事

原発事故から10年目を迎える。原発事故10年で明らかになった事。10年後の福島からあなたへ。そして原発事故の責任は誰がとるのか。しっかと検証してみたい。以下は東電株主代表訴訟のメルマガの一部を転載。 添田孝史さん 新刊のご案内 『東電原発事故 10年で明らかになったこと』 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境省から回答が届いた!

環境省に対し福島県内で実施する個人線量測定の問題提起(入札内容に規定なし)していたところ、環境省から留意するとの以下の回答があった。具体的にはどのように留意し実施するのか?昨年までの測定方法(結果)との整合性をどうするのか?は分からないが、引き続き監視し意見を述べていく事にしたい。有った被ばくを無かった事にしてはならない。真実を伝える事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故から10年~失われた8年~

原発事故から3月で10年。自民党政権に代わって8年以上。その間、日本は失われた8年と言っていいほど衰退し、社会的・政治的モラルや正義感もアベ・スガによって破壊させられた。特に霞が関と永田町(自民党)の堕落は酷い。昨年1月から感染拡大した新型コロナは無知・無能・無策・無責任でスッカラカンのアベ・スガによって日本人の命と生活は失われていく・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふくしまを忘れない

【ふくしまを忘れない】 ~3.11のイベント参加を!~ 福島原発事故から3月で10年目を迎える。 しかしながら未だに避難者が全国に散らばり、故郷に帰る事ができない。 トリチウム汚染水問題も県民や国民の意向を無視し、3年間に渡って議論されてきたが、最初から海洋放出の結論ありきのアリバイ作りにに終始した経産省。中間貯蔵施設の稼働…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国の原発政策は行き詰まる

以下たんぽぽ舎のメルマガを転載。 高裁判決の行方判決次第では、国の原発政策は行き詰まりも          岡田広行さん(東洋経済解説部コラムニスト) 以下、「東洋経済オンライン」より一部抜粋 東京高等裁判所で予定されている2つの民事訴訟の判決が、日本の原子力行政に根本的な見直しを迫ることになるかもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more