テーマ:放射線

二本松市長への手紙

二本松市長に個人線量測定に関し以下の手紙(メール)を出した。 大きな予算を投入して実施している二本松市の個人線量測定を正し、そして今までのデタラメな数値を修正する事を期待したい。 二本松市 三保市長殿                     2020年1月10日 明けましておめでとうございます。日頃からのご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力学会の放射線安全神話づくりの罪

NPO放射線教育フォーラム主催の勉強会に参加した。 その中で原子力学会シニアネットワークのメンバーからの話を聞いて驚いた。 若い学生達にバイアスのかかった間違った情報(不都合な真実は隠し通し)を提供し、原子力安全神話から こんどは放射線安全神話(再び原子力安全神話へ)づくりを行っている。 不都合な真実はまったく出さず、恣意的にバイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICRP新勧告へのパブコメ提出(その2)

【ICRPへのパブコメ提出(その2)】 技術的なコメントに加え、一般論としての追加コメントのパブコメを以下提出した。 『日本語のパブコメ締切日の10月25日にシンポジウムを東京で開催し(しかも英語で)、被災地の福島で公聴会を実施しないまま、しかもこの日本語パブコメのシステム(文字化け等が多い)が不備のまま、パブコメを閉め切る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICRP新勧告案に対するパブコメ

国際放射線防護委員会(ICRP)が「大規模原子力事故における人と環境の放射線防護」という「勧告」の改定作業を行っており、9月20日までパブリック・コメントを受け付けています(日本語では10月25日まで提出可能) そこで日本語のパブコメを以下の資料(新勧告案をまとめたもの)に基づいて提出した。 https://drive.go…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊達市民を対象にした早野・宮崎論文をめぐって

【伊達市民を対象にした早野・宮崎論文をめぐって】 東大で開催されたオープンフォーラム 『福島原発事故後の科学――個人線量測定論文をめぐって』に参加した。 早野・宮崎論文が7つの倫理違反(詳細は以下の写真)をしているが、 東大及び福島医大の調査報告書も杜撰なものだったことが 黒川氏から報告された。 いずれこの論文が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力規制庁との交渉

参議院議員会館で環境省、厚労省、規制庁、 原子力災害対策本部(欠席)との政府間交渉に参加してみた。 主催は原子力情資料情報室他9団体) その中で規制庁・放射線防護グル―プの担当者にICRPのPub. 109,Pub. 111の改定に関しての5つの事前質問に対する 回答・意見を聞いたが、全てに関し『答えられない』 『パブコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県民の疑問に答えよ!

【甲状腺評価部会は県民の疑問に説明せよ】 今回の甲状腺評価部会の報告に納得している福島県民は少ない。 科学者の責任を果していない。 第13回の甲状腺検査評価部会の資料1-1の表1、図7、図8等では明らかに 地域差がでてるにも関わらず、結論では『線量が高くなるほど甲状腺がん発見率が 高くなる関係(量反応関係)は認められな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺がんが放射線の影響ではないとする見解への疑問

【甲状腺がんが放射線の影響ではないとする見解への疑問】 甲状腺検査評価部会は甲状腺がんが 放射線の影響ではないとする見解をまとめた。 この結論に多くの県民は納得していない。 2巡目以降の発見率は中通りは会津の約2倍との論文もある。 甲状腺がんの最大の要因はヨウ素131による初期被曝。 ヨウ素がセシウムの30倍もあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、福島は分断するのか?

脳神経科学者の視点から月刊誌『政経東北』に論考が掲載された 『なぜ、福島は分断するのか(第2回)』を読んだ。 この論考は3月号から6月号の4回にわけて掲載された。 この論考では『一般人(市民・被害者)』と『政府系科学者』という対極の見方をしている。 政府(加害者)⇒正義で、反政府(善良な市民・被害者と書くべき!)⇒悪と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二本松市の個人線量測定のデタラメ

放射線審議会が場の線量から個の線量へ放射線管理を変えた。 今後、各省庁の放射線管理方法が個の線量に変わる可能性がある。 しかしながら、個人線量測定のデタラメは酷い。 早野・宮崎論文のデタラメはその典型、 今一度個人線量測定方法を正しく測定すべく、今までの間違いを正していく必要ある。 ICRPが年間1mSv/y以下を規定して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文科省に『放射線副読本』の回収要請

文科省が昨年11月に1450万部、総額1億7900万円を使用し 小学生から高校生まで配布した放射線副読本 内容は風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略を 前面に押し出したもので原発事故の反省姿の部分は削除。 『原発の安全神話』が崩壊した今 今度は子ども達へ『放射線の安全神話」を刷り込み始めた。 文科省に以下のメールを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結論ありきの高度のサル芝居

【科学者の責任放棄!】 ~結論ありきの高度のサル芝居か!!??~   甲状腺検査評価部会が福島市で開催された。 部会長の鈴木元さんとちょっとだけ話す機会があり、 東大・森口さんたちのヨウ素の初期被ばくの研究結果を 何故反映させないのか?と質問をぶつけてみた。 又記者達の質問(たぶんNHK?)も同じような質問をしてた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学者の責任放棄

【科学者の責任放棄】 甲状腺検査評価部会は甲状腺がんは放射能の影響は無かった? との結論を6月3日に福島市で開催される評価部会で公表するとの事。 以下の疑問があり、多くの国民や県民は受け入れられないだろう これこそ、科学者の責任放棄であり、科学者の政治への忖度であろう 小生と同じ感想をもつ鳩山さん 科学者の責任放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線副読本の回収要請

福島県の教育委員会および関係部門に以下の要請をメールで送付した。 文科省が昨年11月に改定(改悪)された放射線副読本の内容について市民や学者から 多くの批判がでています。又滋賀県野洲市では放射線副読本の回収を決定しました。 是非、被災県の福島県としても専門家検討委員会(福島大学の後藤准教授らも入れた)を 立ち上げて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『原発安全神話』から『放射線安全神話』へ

【原発安全神話』から『放射線安全神話』へ】 原発の安全神話が崩壊した今、 文科省は小・中・高校生向けに『放射線安全神話』を 叩き込む為に『放射線副読本』を改悪! 2014年版と今回改悪した2018年版を比較したものが以下 (福島大学の某准教授が作成したパワーポイントの一部) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お国の為に国民は被ばくせよ!

【お国の為に国民は被ばくせよ!】 環境省役人達の底なしの腐敗! ここでも議事録改ざん。 福島原発事故で出た除染土の「再利用」を狙う秘密会。 環境省官僚たちは、防潮堤工事などで除染土の 再利用に道を開くのは「我が国全体の便益のため」だと言い放つ。 「お国のために全日本国民が被ばくを受け入れろ」というのだ。 しかも、ヘラヘ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力規制庁への再質問

原子力規制庁から届いた回答はあまりにもお粗末・無責任である 回答になっていまい。 2月26日に衆議院議員会館で市民と原子力規制庁及び 内閣府・被災者支援チームとの交渉(質疑・応答)を実施したが 時間の十分にとれず、質問できなかった項目を再質問をした。【再質問1~30】 原子力規制庁への質問とその回答は以下ご覧ください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

差別的政策を継続する政府と放射線審議会

26日には原子力規制庁の課長補佐及び 内閣府(原子力災害支援チーム)の参事官と交渉(質疑・応答)をしてきたが、 すべてが他人任せの無責任体質。 法制的な課題があってもいつまでも原子力災害特別措置として、 年間1ミリシーベルトを超えるおそれのある地域に居住させている 不公平・不公正については以下論考をご欄ください。 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無責任省庁のオンパレード

個人線量測定についての問題点は原子力規制庁や環境省、内閣府にも質問している しかしながら、どの省庁もほとんど無回答か各市町村に聞いてくれと逃げる。 質問は以下ご覧ください。 https://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2019-02-13 環境省が個人線量測定のガイドラインを策定していたことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力規制庁からの回答

141回、142回、143回の放射線審議会資料について 1月15日(追加質問は2月12日)に原子力規制庁への 質問に対する回答がようやく届いた。 しかしながら、予想以上にお粗末な回答には呆れる他ない。 国民の放射線防護を議論し決める放射線審議会の事務局としては あまりにも無責任と言わざるを得ない。 質問内容は以下ご覧くだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山や川や海を返せ!

以下はある方のFBを転載 10月21日付けの『福島民報』「日曜論壇」で尊敬する民俗学者の赤坂憲雄さん(福島県立博物館長)が、 <山や川や海を返してほしい>という痛切で根源的な要求を論じています。 「森林の除染は行われない、という。くりかえすが、生活圏とは家屋から20メートルの範囲内を指すわけではない。人々は山野河海のす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NPO放射線安全フォーラムへの提言

小生は原発事故をきっかけにNPO放射線安全フォーラム(RSF)の会員になった。 目的は主に以下の3つ ①原発事故でもたらされた福島の真実を学び伝える事 ②政府が行ってしる放射線に対する矮小化の問題点を科学的に検証する事 ③そして何よりも原発の欺瞞を訴える事 である。 RSFは年6回のペースで最先端の研究会(うち公開講座は年1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モニタリングポスト撤去に関する住民説明会

【モニタリングポスト撤去に関する住民説明会開催】 福島市、郡山市、会津若松市等が開催日が確定した。 是非多くの住民の意見を腐り切った規制庁の役人にぶつけましょう。 各市のHPから参加申し込み必要。 郡山市は既に受付終了のようですが・・・ 他の市町村は随時日時が決定されるはずですから、 規制庁のHPを随時チェック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興庁のまやかし

復興庁が発行した「放射線のホント」という小冊子の評判が悪い。 ウソだらけとの評判もあるが、必ずしも正しい表現ではない。 以下は東京新聞の記事の一部jを転載 「風評被害の解消を表向きの理由として『福島はもう大丈夫』と 開き直るような国なら、原発を扱う資格はない」 ◆復興庁パンフ「放射線のホント」 内容は「責任放棄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発テロは無防備

【核・放射線テロリズム】 原発再稼働をするな! 原発の内部テロは必ず起きる!! 本日警察庁科学警察研究所(科警研:科捜研の上位の組織)等の方から 『核・放射線テロ』についての話を聴く機会を得た。 恐ろしいのは内部からのテロ。 現在まったくの無防備! 最近法制化した家族や犯罪歴調査程度では 3次、4次の請負会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人線量測定の問題提起

昨年11月の二本松内3か所でバックグラウンド値を測定した。 その測定結果をもとに、子ども達の追加被ばくを測定する 個人線量計計測に各市町村のバックグランド値を適用しているが そのバックグラウンド値が過剰に引かれている事が明らかとなった。 尚、二本松市は小生の指摘を受けて、今年3月頃?にHP上で 個人線量の測定値(平均値)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽りだらけの『放射線のホント』

以下はあるメルマガからの転載 放射線をどちらから見るかで判断は分かれる・・・ ただ言える事は国や原子力ムラが作った放射線読本は すべて正しいものではないという事・・ そのまま鵜呑みにしてはならないという事だけは事実・・ 政府にとっては、2020年までに原発事故が無かった事にしたい。 障害になるものは全て取り除(形だけは)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モニタリングポスト撤去世論調査の嘘

【この数値は正しくない!】 ~世論調査の仕方が間違っている~ 規制庁が打ち出したモニタリングポストの撤去について 福島民報社が世論調査した結果を1面トップで掲載した。 しかし、この世論調査には大きな不備がある。 撤去反対はもっと多いはず。 福島民報社の記者に確認した。 この世論調査は固定電話を使った調査。 したが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

規制庁お前もか!

福島県内なモニタリングポストを配置を見直す(撤去)すると 原子力規制庁が発表したが、 それに反対する住民に対しては、以下のように騙す事を 事前から決めていた事が暴露された。 その内容について、福島県の担当課長に抗議するように メールを入れTELでも要請した。 放射線監視室 ××室長殿     お疲れさまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の終わりが近い・・・

広瀬隆さんらしいインパクトの強い講演の概要。 福島第1原発事故について、誰一人として責任をとらず、 原発・核燃料サイクルは無謀だ・うまくいかない・危なすぎる・カネがかかりすぎる、 とわかっていても誰もやめようとは言わず・止めようとしない。 かつて大日本帝国が日中戦争・アジア太平洋戦争で経験をしたことを繰り返す。 私たちの国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more