テーマ:原発

日本の原発はこのまま「消滅」へ

【日本の原発はこのまま「消滅」へ】 以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載 田中俊一が今回は真っ当な事を言っている。 日本の原子力政策は嘘だらけでここまでやってきたから 田中俊一(原子力規制委員会前委員長)が月刊『選択』11月号で語る   ◎日本の原発はこのまま「消滅」へというビックリする見出し・内容の発言を原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染水処理問題は破たんしつつある

以下はタンポポ舎のメルマガの一部を転載 トリチウム汚染水の処理(海洋放出)も破綻しつつある。 【破綻しつつある!アルプス(多核種除去設備)処理水問題】 12月8日、東電は「汚染水をためるタンクが3年後には満杯になる」 の見通しを明らかにした。翌日、各紙は一斉に報道した。 この問題の背景にあるものを探った。 第一原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃炉はいばらの道

以下は某学者のFBからの転載 『炉心貫通(メルトスルー)して格納容器の底に散らばったデブリを取り出す技術は世界のどこにもありません。 米スリーマイル島原子力発電所の過酷事故では、溶け落ちた燃料棒がまだ圧力容器の中に残っていて炉心貫通(メルトスルー)しませんでした。 したがって、圧力容器を水で満たし、遠隔ドリルで圧力容器(厚さ2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうなってんの日本(2)

どうなってんの日本! アベ晋三が総理大臣になってから 日本政府、日本社会はどこまでも歪んでいく・・・ 以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載 行政不服審査法を好き勝手に使う安倍政権・原子力規制委員会 原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会(経産省寄生庁ともいう) 原子力規制委員会が、東海第二原発について、適合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウランは枯渇する

ある専門家のFBの記事を掲載 どうみたって日本のエネルギー政策は間違っている。 アベ、セコウ、経団連会長の3バ×トリオが日本を壊す 世界の原子炉は現在の450基でこと足りている           標準的な原子炉は、出力が 1基で「100万キロワット」です。 これは、1年間に「10京ジュール」に相当するウラン235を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海原発再稼働へのメディアの批判

1.2018年11月8日付けの日本経済新聞 「老朽原発、さらに20年東海第2延長認可地元同意ハードル原電、経営 なお不透明」価値観を伴う言葉「老朽化」の見出しで 「原子力規制委員会が7日、今月末に運転開始から40年を迎える日本原子 力発電東海第2原子力発電所(茨城県東海村)について、最長20年間の運転 延長を認めた。大がか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省寄生庁

【原子力規制庁はやはり経産省寄生庁だった!】   ~原子力規制庁の独立性は崩れた!~ 原子力規制庁が東海第二原発の20年間延長を認めたのは 経産省が『日本原電を潰さない』といった事への忖度(繋がっていた!) だった事がEテレの報道で明らかになった。 最も古く、周辺には核燃料工場等12か所の 原子力関連施設があり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

規制庁は死んだ

最も危険と言われている東海第二原発の20年延長を認めた規制庁 事故が発生すれば関東、南東北の5500万人に影響を与える。 こんな規制庁はいらない・・・ 以下たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載 【原子力規制委員会が死んだ日】   老朽で傷だらけの東海第二原発の審査のひどさ、    5人の委員の質問レベルの低さ   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発輸出反対院内集会

【原発輸出反対院内交渉】 衆議院議員会館で開催されたインドと英国への 原発輸出に関する市民と政府との院内交渉に参加した。 経産省、外務省、内閣府等の約15名の役人の前で 『原発事故の緊急事態宣言も解除されず、事故原因も究明されず、 とけ落ちたデプリの取り出し方も決まっていない、 そして福島県民への補償を打ち切り、切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民民主党はどこへ向かうのか?

【国民民主党はどこへ向かうのか?】 今回の臨時国会の経済産業委員会で、何故国民民主党(理事)は 立憲民主党の『原発ゼロ法案』の審議拒否を行っているのか? (自公は当然審議拒否) 国民民主党にとって(連合にとって)不都合だという事なのか? この事をとっても国民民主党は国民から理解を得られなくなるのではないか?! 国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3500万人の命が危ない

東海第二原発運転延長を止めよう 事故が起きれば首都圏全体に汚染が広がり 3500万人に命が危険にさらされる。 以下たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載する。 決議文の紹介  |「東海第二原発運転延長STOP!首都圏大集会」とめよう!                      東海第二原発首都圏連絡会    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高騰する原発コスト

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載。 この試算は福島原発事故費用を21.5兆円としているが 70兆円との試算もある・・・ 1兆円上がる事に0.1円アップするという 当初の政府(原子力委員会の小委員会)の試算に従えば 更に約5円アップする事になる 原発コスト、事故前の1.4倍 玄海・川内(九州電力)   「安全対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の終焉!

【原発は風力や太陽光発電に太刀打ちできない】 以下二つの新聞記事の一部を掲載 「太陽光と風力が最安」原子力の専門家が報告書 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35826940X20C18A9000000/ 日経クロステック 「世界原子力産業現状報告」の2018年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泊原発を廃炉にせよ!

北海道のブラックアウトを招いた要因は泊原発に頼る 北海道電力の集中電源体質からだった。 泊原発は未だに野良自動車状態で 絶対に稼働させてはならない・・・廃炉にせよ! 以下はたんぽぽ舎のメルマガに一部を転載 1.<北海道地震>ブラックアウトの原因は北海道電力の怠慢か   北電が泊原発に固執し続け“集中電源体質”から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火山噴火も地震も予知できない

【火山噴火も地震も予知できない日本で、原発は極めて危険!】 ~カルデラ噴火で日本は壊滅する!即刻すべての原発を廃炉にせよ~ 以下はFBのTLからの転載 (日刊ゲンダイの記事からの転載) 原発のような危険なものを造ること自体、無謀だと思います。 そうしたことを私は以前からさまざまな場面で 発信していますが、政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発は即刻止めるべきだ

以下たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載 元京都大学小出裕章さんのインタビューから 【プルトニウム製造装置としての「原子力発電所」 (上)】    ~ 福島第一原発の重大事故により    原発が巨大な危険を抱えた施設であることが事実として示された    即刻、原子力発電はやめるべきだ~       小出裕章さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NPO放射線安全フォーラムへの提言

小生は原発事故をきっかけにNPO放射線安全フォーラム(RSF)の会員になった。 目的は主に以下の3つ ①原発事故でもたらされた福島の真実を学び伝える事 ②政府が行ってしる放射線に対する矮小化の問題点を科学的に検証する事 ③そして何よりも原発の欺瞞を訴える事 である。 RSFは年6回のペースで最先端の研究会(うち公開講座は年1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発は危険、判決の信念

『原発は危険、判決の信念』  元福井地裁裁判長・樋口英明さんへのインタビュー 樋口さんのような芯のある愛国心のある裁判官が増える事を期待したい・・・ 福島の原発事故後では初めて、運転差し止めを命じた関西電力大飯原発3、4号機をめぐる2014年の福井地裁判決。しかし、控訴審で名古屋高裁金沢支部は7月、一審判決を取り消し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核燃料サイクルの嘘

【核燃料サイクルの嘘!】 ~あなたは年間1万円を核燃料サイクルに負担できますか?~ 昨日衆議院議員会館で開催された 核燃料サイクルに関するシンポジウムに参加した。 日本には国内外にプルトニウムが47トン、 長崎型原発で4000発以上つくるのに十分な十分な量がある。 プルサーマルでMOX燃料として使用して減らすと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本原電の闇と罪!

【日本原電の闇と罪!】 ~危険極まりない東海第二原発を廃炉にせよ!~ 日本原電の延命こそ日本の巨悪の闇と罪! 東電や東北電力の日本原電への支援(基本料金)が 消費者の電気料金に上乗せされている。 日本原電を潰す事が日本の原発ゼロへの道への必須条件! Retweeted 満田夏花 (@kannamitsuta):…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発テロは無防備

【核・放射線テロリズム】 原発再稼働をするな! 原発の内部テロは必ず起きる!! 本日警察庁科学警察研究所(科警研:科捜研の上位の組織)等の方から 『核・放射線テロ』についての話を聴く機会を得た。 恐ろしいのは内部からのテロ。 現在まったくの無防備! 最近法制化した家族や犯罪歴調査程度では 3次、4次の請負会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民の声が政治を動かす!

「新潟県出雲崎町でも政治に関心がなかったような町民が 原発問題で強く意見を言うようになった」 ⇒これが町長を動かす原動力に!  小さな声でも出し続ける事が政治を動かす・・・  知っていて声を出さないのは罪!  以下、小林則幸・出雲崎町長のインタビュー。 -日本原電東海第二原発の再稼働を巡り、立地自治体以外の半径30キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発からの撤退あいつぐ

たんぽぽ舎からのメルマガの一部を転載 原発は高価で危険な技術として 原発からの撤退が相次いでいる・・・ 1.トルコの原発新設計画から伊藤忠は離脱、   三菱重工業は参画も実現は疑問 三菱重工、伊藤忠などと日本政府が、トルコ北部の黒海沿岸シノップで、 2023年稼働を目指して進めていた原発4基の建設計画から伊藤忠が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省・エネ庁殿

以下エネ庁へ第2弾の質問を提出した。 第1弾は以下をご覧ください。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2018-05-28 経産省・エネルギー庁長官官房総務課殿 第5次エネルギー基本計画(案)は3年前の計画(2030年には原発は20~22%、  再生可能エネルギーは22~24%)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省・エネ庁への質問

以下の質問を5月25日に経産省に送付した。 今月末までの回答を希望しているが、 果たして回答は来るだろうか? (無回答であろうと思うが・・・) エネルギー庁・総務課にTELして確認したところ 以下の原発の20~22%の前提条件は間違いなさそうだ こんなエネ庁は化石化し無知・無能で狂っている。 彼らは日本経済を貧困化さて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海第二原発を廃炉に!

東海第二原発は東京から最も近く 水戸市や日立市等の人口の大きな都市が近隣に多い 日本で最も危険な原発と言える。 単なる日本原電の存続させる為に 再稼働を許容しているとしか見えない。 人の命よりも企業の命を選んだの日本政府   --以下たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載ーー 東海第二原発適合性審査の異常さ、規制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地層処分に関する回答

高レベル放射性廃棄物の地層処分に関し 否定的な質問・要請をしていたところ、 NUMOより以下の回答が届いた。 但し、今までに自分達の検討結果を主張するだけで 個々の質問に答えてはいない。   ---以下回答を転載ーーー ×× 様 この度は、当機構技術部の××および資源エネルギー庁宛に お問い合わせいただき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦略ない原子力政策

日本のエネルギー政策には呆れる。 世界の趨勢からも取り残されている。 中国は2040年には全体の60%以上を再生可能エネルギーに実施するという 以下はネットのニュース記事の一部を転載。 橘川武郎・東京理科大イノベーション研究科教授は13日、都内で講演し、 日本では現在、長期的視野に立つべき原子力政策の議論が行われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発推進の地獄穴

【『原発推進の地獄穴』と『原発ゼロの落とし穴』】 国際環境経済研究所理事・竹内純子(元東電社員)が 『原発ゼロ法案の落とし穴は何か』という記事を産経新聞に掲載した。 https://t.co/2wZNeqgsh9 彼女の視点は一方的な見方。 以下反論したい。 原発を使うリスクと使わないリスクと どちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発マネーへの依存を止めよ

経産省エネルギー庁の役人と意見交換する機会が2度あった。 経産省役人には以下を伝えた。 エネルギー基本計画は民意には程遠く、 世界の趨勢からも置き去りにされている。 又、高レベル放射性廃棄物の地層処分候補地を見つけたいなら 先ずは原発を止め、これ以上の放射性廃棄物を増やさない事を 宣言し、経産省への不信感を払しょくさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more