テーマ:環境

不都合な真実を隠し通す経産省

汚染水処理問題は先に結論ありき。市民が提案した①第1原発内の敷地の確保や②固形化③タンカー保存④第2原発の敷地の確保(輸送はパイプラインで!)等の対案を東電も経産省もここ2年間まったく検討していない。東電とエネ庁が最初から検討する気がなく、住民との意見交換や調整もしていない。その事は小生が直接役人に質問し確認した。 海洋放出するぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

除染土搬送車の危険

二本松市のWBC(内部被ばく検査)検査で ある市民の手の平からβ線が検出された事例があった。 この人は検査前に車のフロントガラスの雪を素手で下したという・・ 空気中に今もストロンチウムやセシウムが砂埃と一緒に 舞い上がっているのだろうか?? 文科省のストロンチウムの測定値では、 浜通り地域には26800Bq/平方メータに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山火事にる放射能飛散の影響

帰還困難地域である福島県浪江町の山火事で 放射能の飛散を危惧する情報がネット上で騒がれている。 小生は環境専門の東大教授や福島県とも情報交換し、 福島県の放射線モニタリング担当課長からは 周辺のモニタリング結果を担当課長から入手した。 その結果は福島県のHPにも掲載されている https://www.pref…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境創造センターの研究成果報告会

【福島県環境創造センターの研究成果報告会】 JAEA(日本原子力研究開発機構)、NIES(国立環境研究所)と 福島県の3者が緊密に連携・協力していくとして、 放射線計測、除染・廃棄物、環境動態、環境創造の 4部門について調査・研究をしている。 しかしながら、これらの研究・調査は研究の為の研究となっており、 県民への還…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県環境創造センターの欺瞞

新しく三春町に完成した『福島県環境創造センター』に行ってきた。 名前からしておかしい。 環境再生(または回復)・創造センターならわかる。 再生や回復を置き去りにして、何を創造するというのか? ”放射能”環境創造センターならわかるが、 放射能の言葉もないし、創造だけで過去の反省もない・・・ 広島の原爆平和祈念館のように風化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電の海水データ改ざん

以下はたんぽぽ舎のメルマガを転載 4年以上にわたり東電が公表してきた 数万件の「海の全ベータ」数値は半分以下に改ざんされていた!       中田 潤 (フリージャーナリスト) ◯ 今年に入り、東電公表の「海の放射性物質濃度」が軒並み過去最高値を更新し続けている。 港湾内外のサンプリングポイント21ヶ所中、過去最高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境省への要請

環境省と二本松市長に以下のメールを送付した。 放射性可燃性廃棄物の減容化の為の焼却炉建設の 説明会に参加して要請するもの・・・ 尚、環境省の役人は実名とします。 環境省 指定廃棄物対策チーム 石田大喜課長補佐殿 cc川又孝太郎参事官室長殿(転送ください) 新野二本松市長殿 (秘書課殿転送くだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二本松市民の完全勝利!              

二本松市東和地区に建設予定だった (現在は場所は白紙撤回になったが・・) 放射性可燃性廃棄物の減容化の 焼却炉建設の説明会に参加。 環境省は技術論に特化した安全性を説明。 多くの住民は国、特に経産省や環境省への不信感をぶつけ、 議論はまったくかみ合わなかった。 二重防護に対する説明も無く、安全だというなら、 経産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

除染廃棄物の焼却炉建設 (2)~回答書~

除染で出た放射性廃棄物の減量化を目的として 環境省が焼却炉の建設計画を 地元住民に実施した。 ほとんどの住民は建設に反対の意見・・・ 環境省は科学的・社会的な問題について丁寧な説明をしていない。 従い、以下の質問事項・要請事項昨年12月18日に 二本松市経由で環境省に提出した。 説明資料内容があまりにも杜撰すぎて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

除染廃棄物の焼却炉建設

除染で出た放射性廃棄物の減量化を目的として 環境省が焼却炉の建設計画を 地元住民に実施した。 ほとんどの住民は建設に反対の意見・・・ 環境省は科学的・社会的な問題について丁寧な説明をしていない。 従い、以下の質問事項・要請事項を 二本松市経由で環境省に提出した。 説明資料内容があまりにも杜撰すぎて、定量的な解説・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空気中の放射能は安全か?

福島県は定期的の放射能の降下物を測定している。 しかしながら、過去のデータをHPに掲載しているだけで 空気中の放射能が体内に取り込まれた場合の被ばく線量については 何らの解説も注意喚起を実施していない。 しかも、単位がMbq/k㎡と分かりずらい・・・ 子どもを持つ郡山市の男性からは以下のように心配している。、 『特に汚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海水温度が下がった!

日本の原発がすべて止まったので、 日本周辺の4,000億トンの 海水の温度が2℃低下しているという・・・ 海水の温度が海岸からどれくらい遠くまで 下がっているかは正確にはわからないが 原子力発電所から排出される海水は、 高温であるために海の表面に広がります。 4,000億トンの2℃高い海水が(作業仮説的に) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

除染方法を改善せよ!

二本松市の除染は雨どいの枯葉やゴミを取る事とし 業者の安全の為として大掛かりな足場を組む 第一日目には丸1日かけて足場を組み 二日目には放射性物質の付着した 雨どいの枯葉やごみ、土を撤去する・・ その時間はわずか30分~1時間程度。 除染前後に雨どいの線量を計測し終わり。 最後の三日目には半日かけて足場を撤去する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

除染方法を改めよ!

夢未来いなか塾の活動拠点『ダーチャ村』で セシウムカメラの実証試験を実施。 放射能の高い箇所が従来のガンマカメラと比較して 数十分の一の短時間(1分程度)で判別できる優れもの。 実証試験後は環境省・福島再生事務所や 福島県除染課の担当者も参加し、 除染に関する忌憚のない意見交換を実施した。 ふくしまの声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発で日本の海が復活!

原発は温排水で生態系を壊す。 多くの原発の周辺海域に、在来種の魚が戻ってきている。 原発は、大量の温排水を海に放出し、生態系を壊していた。 放射能だけでなく、配管のつまりを防ぐ為の 亜塩素酸ソーダという化学物質も、一緒に排出していた。 それが無くなった為に、浜に打ち上げられる魚の死骸も減った。 脱原発で日本の海が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人の良識を問う!!

岩手、宮城の瓦礫広域処理が進まない! 復興の妨げになっているにもかかわらず 受け入れ自治体住民が放射能汚染を 心配しての反対が原因だ!! 新たに汚染される地域を増やすな!! との地域住民が声を上げる!! しかし本当なのか?? 神奈川県も受け入れを検討も最終処分場のある 横須賀市住民の反対で暗礁に乗り上げたままだ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more