テーマ:経産省

経産省寄生庁

【原子力規制庁はやはり経産省寄生庁だった!】   ~原子力規制庁の独立性は崩れた!~ 原子力規制庁が東海第二原発の20年間延長を認めたのは 経産省が『日本原電を潰さない』といった事への忖度(繋がっていた!) だった事がEテレの報道で明らかになった。 最も古く、周辺には核燃料工場等12か所の 原子力関連施設があり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発輸出反対院内集会

【原発輸出反対院内交渉】 衆議院議員会館で開催されたインドと英国への 原発輸出に関する市民と政府との院内交渉に参加した。 経産省、外務省、内閣府等の約15名の役人の前で 『原発事故の緊急事態宣言も解除されず、事故原因も究明されず、 とけ落ちたデプリの取り出し方も決まっていない、 そして福島県民への補償を打ち切り、切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9.11脱原発テントひろば記念集会

『脱原発テントひろば記念集会』が 9.11に経産省前で開催された。 その様子がネットで公開されている。 特に浪江町の希望の牧場の吉沢さんの力強い発言(1:17:00頃から)に 心を打たれる・・・ 東京オリンピックを返上しよう! 以下はたんぽぽ舎からメルマガの一部を転載 【9.11脱原発テントひろば記念集会】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウムの恐怖(2)

【トリチウムの恐怖】 トリチウムの怖さが以下に丁寧に解説されている。 http://www.inaco.co.jp/hiroshima_2_demo/pdf/20140307.pdf 「核施設から液体の形で海や湖、川に放出されるトリチウム⽔が危険な理由は、 HTOが海や川の⽣物の中に取り込まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省への不信感

トリチウムを含んだ汚染水を海洋放出を前提として 風評被害対策を主に議論している小委員会・・・ この小委員会のメンバーがあまりにも トリチウムの健康被害に関しては無知・無能 以下の意見書を小委員会事務局に提出した。 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会事務局殿 福島第一原発の汚染水トリチウムの健康への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学的に安定といえる地層はない

高レベル放射性廃棄物の地層処分を検討している 経産省とNUMOは以下の日本学術会議答申を受け 根本から処分方法を見直すべきだ。 そして何よりもこれ以上高レベル放射性廃棄物を増やさぬよう 全ての原子炉を廃炉にすべき! 小生から経産省及びNUMOに質問状を提出した内容は 以下ご覧ください。 https://nimosaku…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本沈没丸軍団

核燃料サイクルも、エネルギ―基本法も 結論ありきの捏造された核燃料サイクルのコストや 原発コスト等のデータで議論しているから、 間違った結論になる事は明らか。 捏造されたデータを策定した経産省と それを陰で要請した原子力ムラの連中。 そしてそのデータが間違っている事を ある程度感じていながら、議論に参加し 止める事を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核燃料サイクルの嘘

【核燃料サイクルの嘘!】 ~あなたは年間1万円を核燃料サイクルに負担できますか?~ 昨日衆議院議員会館で開催された 核燃料サイクルに関するシンポジウムに参加した。 日本には国内外にプルトニウムが47トン、 長崎型原発で4000発以上つくるのに十分な十分な量がある。 プルサーマルでMOX燃料として使用して減らすと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギー基本計画の欺瞞(1)

経産省・エネルギー庁のエネルギー基本計画へのパブリックコメントを提出した。 パブリックコメントは以下から提出ください。 締切は6月19日  是非、多くの善良な国民の声を腐敗した経産省・エネルギー庁に届けましょう http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省・エネ庁殿

以下エネ庁へ第2弾の質問を提出した。 第1弾は以下をご覧ください。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2018-05-28 経産省・エネルギー庁長官官房総務課殿 第5次エネルギー基本計画(案)は3年前の計画(2030年には原発は20~22%、  再生可能エネルギーは22~24%)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省・エネ庁への質問

以下の質問を5月25日に経産省に送付した。 今月末までの回答を希望しているが、 果たして回答は来るだろうか? (無回答であろうと思うが・・・) エネルギー庁・総務課にTELして確認したところ 以下の原発の20~22%の前提条件は間違いなさそうだ こんなエネ庁は化石化し無知・無能で狂っている。 彼らは日本経済を貧困化さて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

化石化した経産省・エネ庁!

【化石化した経産省・エネ庁!】 ~民意無視で暴走する経産省・エネ庁はアベ政権そのもの~ 第5次エネルギー基本計画(案)は3年前の計画 (2030年には原発は20~22%、再生可能エネルギーは22~24%)を そのまま維持したもの。 世界の趨勢とはまったく逆行したもので、 危険極まりない古い原発を再稼働させるという。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地層処分に関する回答

高レベル放射性廃棄物の地層処分に関し 否定的な質問・要請をしていたところ、 NUMOより以下の回答が届いた。 但し、今までに自分達の検討結果を主張するだけで 個々の質問に答えてはいない。   ---以下回答を転載ーーー ×× 様 この度は、当機構技術部の××および資源エネルギー庁宛に お問い合わせいただき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核のゴミの地層処分は不可能

高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の処分を 地層処分が最も適しているとして 全国の自治体の受け入れ先を探してしる。 しかし、核のゴミが安全になるまでには、6万年程度かかるとしている。 一体6万年後の日本列島は存在しているのか? 日本国家、日本人は絶滅??・ そんな中、通産省・エネ庁とNUMOに以下の質問をした。 関連ブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射性廃棄物の地層処分への疑問

高レベル放射性廃棄物の地層処分について NUMO(原子力発電環境整備機構)が対話型の全国説明会を開催している。 西国分寺と横浜での開催に参加した。 意見や質問をまとめ、経産省とNUMOにメールで再提出した。 関連ブログは以下ご覧ください。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2018-02-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射性廃棄物の地層処分

放射性廃棄物の地層処分の対話型全国集会に参加した。 このプロジェクトは数万年間という途方もない期間 原発から出た、高レベル放射線廃棄物を 生活圏から隔離し安全なレベルまで放射線量が下がるまで 地層500m地下に保管しようとするもの。 原発事故以降、放射能に対する不安や国への不信感から 手を挙げる自治体は皆無・・・ この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射性廃棄物の地層処分説明会

【高レベル放射性廃棄物の地層処分説明会】 原子力発電環境整備機構(NUMO)は、経産省資源エネルギー庁と共催で、 国が公表した「科学的特性マップ」の説明や質疑応答を通じて、 高レベル放射性廃棄物の地層処分に関する理解を深める為の説明会を開催。 参加を申し込み、以下の意見も提出した。 1.放射性廃棄物の処分方法の議論す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪の巣窟

衆議院議員会館で東海第二原発の再稼働について 経産省と市民との院内交渉に参加。 日本原電が保有する敦賀第1原発と東海第1原発は廃炉が決定 敦賀第2原発は直下に活断層があり、再稼働は絶望的。 残るは東海第2原発にも 日本原電は生き延びを図る為に 40年も経過した古い原発を 東海第2原発の20年延期を規制委員会に申請し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省は悪の枢軸

またもや経産省が原発増設に向けて動き出した。 日本国民の80%は原発はいらなと言っている。 にも関わらず、前回の総選挙で自民党が負けなかった事を理由に 国民の原発反対の意思は無かったとものと 都合の良い解釈をしている。 原発輸出を推進しているのも経産省 輸出先で原発事故が起きれば 日立もそして日本国家までもを破綻する事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力むらの悪あがき

原子力ムラは汚染水の処理と日本原電の生き延びに 躍起となって、もがき苦しんでいる。 彼らの逆襲となるか、国民・市民をそれを拒否するか 原発ゼロ法案の国会での議論の中で議論をすべきだろう・・・ 原子力ムラの悪あがき、悪巧みと言っていい。 汚染水の海への放出について 経産省の小委員会で議論しているというが 事故責任のある経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事故処理費用は70兆円!

【福島原発の事故処理費用は70兆円!】 ~原発コストは6円~42円/kwhもアップする~ 当初政府が見積もっていた廃炉費用の 11兆円から約7倍に跳ね上がった。 アメリカのある機関が算出していた 廃炉費70~80兆円とも近い。 政府は原発コストは廃炉費用1兆円上がる毎に 0.1円/kwhアップするとしていたので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省は国政をゆがめている

たんぽぽ舎のメルマガを転載    ---以下転載ーー これからどうなる?どうする?「日本の原発」    12/2新潟集会:徹底討論と熟議―泉田・河合・嘉田の3人   原発を即時とめよう、経産省は国政をゆがめている、     衆院選で自民党から立候補し、当選した泉田前知事と古賀茂明さんの対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省の大うそ!

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を掲載 「核燃料はリサイクルできる」という神話>を    信じるふりの経産省大嘘つき!   去る11月24日の院内ヒアリング集会「核燃料サイクル、日米原子力協定、 エネルギー基本計画」で経産省(資源エネルギー庁)の「核燃料サイクル推進」 方針を確認した。 が、それらの実現性については…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核のゴミ保管できる場所はない

政府の『核のごみ処分場候補地図』を発表した。 経産省の無責任な対応に怒りを覚える 彼らの常套手段で、まづは国民やメディアの反応を見るとおい事。 経産省の反省と謝罪なしに、国民が受け入れるはずはない・・ 先ずは、全原発の廃炉と脱原発を宣言する事だ! 以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載 地震大国日本に10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲劇の東芝

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を掲載 (東京新聞コラムより) 東電、東芝の破綻・・・そして三菱、日立の損害額の拡大 既に原子力産業は破綻している。 原子力産業の旗振り役をしてきた経産省の罪は重大・・・ 経産省の失態が原発事故を起こし そして、今度は原子力企業の破綻を招いている・・・ そして、日本破綻へと加速している・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発コストは最も高かった!

【原発コストは最も高かった!】 ~ウソだらけの原発コスト~ 今後原発事故コストが増大し(80兆円との予測も・・・)、 稼働している原発が少なくなれば、 1基あたりの事故コスト負担が増大する。 1970~2010年間の稼働平均を40基と仮定し、 もし稼働する原発が4基に下がれば事故コストは10倍になる。 又事故コスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発コストは最も高い!

大島堅一立命館大教授によると1キロワット時当たりの原発の発電費は 安全対策強化で上昇した原発建設費も算入すると17.4円と、 水力(政府試算11.0円)を6割、液化天然ガス火力(同13.7円)を3割上回る。 原発を進める理由に費用の安さを挙げてきた政府の説明根拠も問われている。 原発処理費の40兆円も前提が明らかではない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人災が無罪で終わっていいはずがない

【人災が無罪で終わっていいはずがない】 ~福島原発、裁かれないでいいのですか~ 井戸川裁判を支える会の総会が 衆議院第2議員会館で開催された。 この裁判は井戸川さん個人の問題だけではなく、 日本の官僚機構のあり方、 原発事故の責任問題、 原発の法規定のあり方、 被曝による健康被害の是非を問う、 極めて重要な裁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核燃料サイクルの終焉

参議院議員会館で開催された、 経産省、原子力規制委員会と 「なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク」との交渉に参加した。 経産省役人は『核燃料サイクル政策は推進』との方針は 変わらないと主張。 現在、我が国にはプルトニウムは48トン (内核分裂性プルトニウムは31.8トン)あり、 核燃料サイクルを行わないと(プルトニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏魔殿の経産省前の今…

【伏魔殿の経産省前の今…】 ~経産省よ 恥を知れ~ 脱原発テントがあったところの座り込みは 禁止になったという。 今も経産省の正面に座り込みの 原発反対の抗議を続ける善良な市民たち・・・ 経産省の役人は必ず目にする光景だ。 伏魔殿の経産省は今もウソの上塗りを続けているが、 このウソは既にばれ始めている。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more