テーマ:防災

横浜市からの防災・危機管理に関する回答

今後30年間に横浜市で震度6以上の地震の確率は82%と全国一高い。そして台風19号に見られるように、地球温暖化?の影響による多摩川や鶴見川の氾濫が予測される。また昨年年末のNHKが特集した首都圏直下型地震のシミレーション等を参考に昨年12月に横浜市の防災・危機管理に関する質問をしていた。 最初の質問に対しての再質問(1~18項目)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市の防災・危機管理対策を急げ(その3)

今後30年間に70%の確率で首都圏直下の地震の可能性に言及したNHK。 先週1週間に渡って首都直下型地震に関するNHKの報道特集番組を観ていて、まだまだ防災に対する意識や対応が不足している事を実感。そこで横浜市に以下の追加質問(質問20~41)を提出した。 又、先般の質問に対する横浜市からの回答には具体性の欠けたもので、再質問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市からの防災・危機管理に関する回答

横浜市に迫りくる直下型地震や水害時の避難等の危機管理に関する質問や要望を出していたところ、以下の回答が届いた。市の了解を得て以下公開する。担当部門名や課長名も公の立場であり、緊急性のある避難等の情報を得る為には必須である事から氏名も公開する。 ×× ×様 このたびは、横浜市の防災・危機管理について、御意見をお寄せいただき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市の防災・危機管理対策を急げ(2)

横浜市危機管理室の危機管理課、防災企画課、地域防災課及び横浜市緑区総務課に先日の要望・質問に加え以下の追加要請と情報提供をした。 先日の要請は以下ご覧ください。 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2019-11-06 先日はありがとうございました。 2013年の若干古い情報(今も状況は変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市の防災・危機管理対策を急げ!

【横浜市の防災・危機管理対策を急げ!】 横浜市は今後30年以内に震度6以上の地震の発生確率が80%と日本一危険な街でもあり、今回の台風19号でも鶴見川の氾濫の危機的状況にあった。しかしハザードマップはできても、実際に避難するとなると、多くの問題がある事が判明した。そこで横浜市の危機管理部との意見交換(短時間)を実施し、以下メールで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大地震確率は横浜で78%

今後30年間に震度6弱以上の地震が発生する確率は 自宅のある横浜が78%と全国で最も高い! 東京都心は46%!(NHKニュースより)・・・ 以下は毎日新聞記事の一部掲載 『政府の地震調査委員会は、昨年の暫定版に比べ、 東京で20ポイント上昇するなど関東地方で大幅に高い確率が算出された。 大震災の発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more