テーマ:副読本

文科省に『放射線副読本』の回収要請

文科省が昨年11月に1450万部、総額1億7900万円を使用し 小学生から高校生まで配布した放射線副読本 内容は風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略を 前面に押し出したもので原発事故の反省姿の部分は削除。 『原発の安全神話』が崩壊した今 今度は子ども達へ『放射線の安全神話」を刷り込み始めた。 文科省に以下のメールを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線副読本の回収要請

福島県の教育委員会および関係部門に以下の要請をメールで送付した。 文科省が昨年11月に改定(改悪)された放射線副読本の内容について市民や学者から 多くの批判がでています。又滋賀県野洲市では放射線副読本の回収を決定しました。 是非、被災県の福島県としても専門家検討委員会(福島大学の後藤准教授らも入れた)を 立ち上げて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『原発安全神話』から『放射線安全神話』へ

【原発安全神話』から『放射線安全神話』へ】 原発の安全神話が崩壊した今、 文科省は小・中・高校生向けに『放射線安全神話』を 叩き込む為に『放射線副読本』を改悪! 2014年版と今回改悪した2018年版を比較したものが以下 (福島大学の某准教授が作成したパワーポイントの一部) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more