新型コロナ集団免疫論への疑問

9月5日の日刊SPA!に「日本で新型コロナ対策はもう不要?『日本は集団免疫を獲得』説の中身」というタイトルの、とんでもない記事が掲載された。
https://urldefense.proofpoint.com/v2/url?u=https-3A__nikkan-2Dspa.jp_1696236

この記事の著者(ジャーナリスト)に以下の質問をメールで提出した。回答はまだ無いが、まっとうな回答を期待したい。記事を書くには自由だが、間違っていた場合の社会的責任をどう取るのだろうか?原発事故時に専門家が言った『ニコニコしていると放射能の影響は無い』と通じるところがある。

  --以下質問メールの内容を転載ーー

××さん

取材の情報提供ありがとうございます。
以下の疑問にはどのような回答をお持ちでしょうか?是非お聞かせください。

1.以下の抗体検査結果との矛盾
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t344/202006/566064.html

2.死亡者数が減った要因は必ずし集団免疫によると断定する事はできず、以下の要因をどのように評価しているのでしょうか?
①病院での治療方法の向上や治療薬の早期投与
②PCR検査の早期化(3日以上待たなくてもよくなった事)
③高齢者施設や病院でのクラスター対策の向上によるクラスターの減少
④病院の医療用具の充実
⑤個々人のマスク、手洗いや消毒の徹底、3密回避、夜の街対策の徹底等

3.集団免疫に達したというならワクチンは不要という事になりますか?現在、世界中の100以上の企業・研究所・大学で開発していまが、集団免疫に 達成したとして、開発を中止したという話は聞いていませんし、日本政府も全国民 へのワクチンを無料で摂取するできるように予算(5000億円弱)を取っています。この矛盾についてはどのように説明できますか?

4.集団免疫には達していないとする意見の専門家は取材されていないのでしょうか? その意見も併記すべきではないでしょうか?WHOでさえも集団免疫に達したなどと発表はしていません。日本以外の学者ですでに日本が集団免疫に達したとする論者をご紹介ください。

5.以下のワシントン州立大学保健指標評価研究所(IHME)の予測値をどう捉えますか?謀大学名誉教授のフェースブックを転載します。
東京都は 9月10日に警戒レベルを「1ランク」下げ、政府は「Go to/from 東京」を始めようとしています。一方、ワシントン州立大学保健指標評価研究所(IHME)は、日本で現状維持でも新型コロナ肺炎で来年 1月1日までに 120,514人が亡くなると予測していますので、この記事を再掲します。

同研究所はアメリカ政府が新型コロナ肺炎の今後の予測を委託している研究機関です。(AIを用いているのでしょう。予測の具体的な条件までは分かりません。)同研究所は、アメリカでは来年 1月1日までの死亡者は 410,451人、韓国については来年 1月1日までの死亡者は 324人と予測しています。なお、この予測は IHMEから 8月29日(当日死亡者数 1251人)に公開されましたが、9月10日現在の日本の死亡者数の予測値 1407人は現実の 1412人(ジョンスホプキンス大学)とよく一致しています。
https://covid19.healthdata.org/japan?view=total-deaths&tab=trend&fbclid=IwA
(リンクは Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge では開けます。Internet Explorerでは開けないようです。)

人は恐怖の中では生きられないので、新型コロナをただのインフルエンザだから心配するなと言うほうがはるかに説得力があります。そのように説得力のある話をして、人にすがらせて喜んでいる人もいます。

しかし、昨年(2018-2019)のインフルエンザは感染者数 1,201万人死亡者 3,302人でしたので、致命率は 0.028パーセントでした。新型コロナは、医療崩壊を起こしていなくても致命率が 2パーセントで、それはインフルエンザの 70倍の致命率です。医療崩壊を起こすと致命律は 100~1,000倍に跳ね上がるので、新型コロナはただの風邪ではありません。

私もこのワシントン州立大学保健指標評価研究所(IHME)の不気味な予測をにわかには信じたくありません。しかし、この研究所は日本のビッグデータも AIの中に組み込んでいるでしょうから、決して侮れない研究機関です。そこで、私も、このIHMEの予測をやはり見逃さないようにして見ております。

6.『そうしたくない人たちが、PCR検査の陽性者を増やして「第2波」などと騒いでいるだけです。』という事は世界中がPCR検査を国民に無料で実施している事は間違っているという事なのでしょうか?世界中の科学者や為政者は間違いを犯しているという事でしょうか?WHOも間違っているのでしょか?ほんの一握りの集団免疫論者が正しいとする事は科学的な正当性があるのでしょうか?
   https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2020-08-09

7.以下のの質問に対する答えはお持ちでしょうか?
①集団免疫状態に達しているかどうか調査するには、どのような調査手法を用いるとよいと考えられますか?
②集団免疫状態に達しているかどうか調査して判断するには、どのような判断基準を用いるとよいと考えられますか?


多くの疑問や矛盾が解決しないままの記事ではないかと危惧していますし、原子力ムラが原発は安全であり、爆発はしないと言っていて、爆発してしまったが責任をまったく取って いない事に重なってしまいます。福島の住民は未だに放射能汚染や健康被害の不安と闘い、そしてふるさとを失ってしまった 失望感を癒せないでいます。


【取材依頼】
なぜ日本ではPCR検査が増えないのか、PCR検査を抑えている厚労省や感染症ムラの実態について、是非取材し記事にして頂ければと思います。
医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんにも取材してみては如何でしょうか?詳細は以下の記事をご覧ください。
http://medg.jp/mt/?p=9839
http://medg.jp/mt/?p=9833

https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2020-09-04











"新型コロナ集団免疫論への疑問" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント