国連科学委員会の内部被ばくの矮小化?

国連科学委員会(UNSCEAR)2020レポートの吸入摂取の内部被ばく線量はI-131やI-132はCs-137からの比率をもとに推計(計算)している。しかも原発事故後放出されたCs-137とI-131の放出量とその比率は、日時で大きく異なる。 UNSCEARがそのままリファーしているJAEAのTerada論文(レポートの26~29参…
コメント:0

続きを読むread more