無法地帯の特捜部は解体せよ!

【法の下の不平等】
~無法地帯の特捜部は解体せよ~

学校法人「森友学園」を巡る問題で、大阪地検特捜部は9日、国有地売却に関する背任容疑や決裁文書改ざんに対する有印公文書変造容疑などで告発された佐川宣寿(のぶひさ)・元国税庁長官(61)や財務省幹部ら計10人を再び不起訴(嫌疑不十分)とし、一連の捜査を終えた。検察審査会の「不起訴不当」議決を受け、再捜査していた。

10人は▽財務省5人▽同省近畿財務局4人▽国土交通省大阪航空局1人(いずれも告発容疑当時)。

無法地帯の特捜部は解体したほうがいい!
無実の人の取り調べは厳しいとか?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00050234-yom-soci&fbclid=IwAR3mjFOcK3yJ_x0KVX0qkvtER31Kt3GNWBa2K56JM_FzeneW-kNFfOl2Qps

そして日本の警察も腐っている。
法的根拠を示せない北海道警察!
日本の検察(特捜部)も警察も腐り切っている!

先月15日、札幌駅前などで行われた安倍総理大臣による参議院選挙の立候補者への応援演説の際の警察による警備の状況が報告されました。
当時、警察官によって現場から移動させられたという男性は「『安倍帰れ』とヤジを飛ばしたら5秒ほどで取り押さえられた。警察官からは『他の人がびっくりする』『迷惑だから』と言われたが、法的根拠は示されなかった。北海道警はやりすぎだ」と訴えました。
また、政府に批判的なプラカードを掲げて排除されたという女性は「大量の警察官が来て私たちを持っていった」と当時の状況を説明しました。
このあと参加者たちは道警本部までデモ行進し、当時の警察の対応に抗議するとともに、法的な根拠などを説明するよう求めていました。
この問題について道警は「トラブルなどを未然に防ぐ目的があった」と説明し、「対応に問題がなかったかどうか事実関係を確認しているところだ」としています。



















https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20190810/7000012668.html?fbclid=IwAR0qk4mtiRpaW_7RsS33zG0uySDHLfqdpc3UK4iGcnxh3VuCD2oSl5ayYbs

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント