東電と官邸のシナリオ通り!

福島第一原発の事故を巡り、
東京電力が依頼した委員会が当時の社長が
“炉心溶融”ということばを使わないよう指示していたと明らかにしたことを受けて、
17日、東京電力の担当者が福島県庁に報告に訪れ、
県側は「不安に満ちた県民の気持ちを無視したもので
極めて遺憾だ」と抗議した。
詳細は以下
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160617/k10010560061000.html


東電と官邸が作ったシナリオに乗っかっていたのでは
福島県民の怒りは収まらない。
福島県は東電が作った第三者委員会の信頼性をまずは否定すだべき。
公平・中立な第三者といえるはずもない。
福島県は独自に第三者委員会を作って事故原因究明をすべき。
福島県の原子力安全対策課には原因究明の為の
検証委員会設立を要請しているのだが・・・
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-05-29

第三者委員会のお粗末
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48960


河北新報社説(28.6.8)でさえも福島県の対応のまずさを指摘。
抜粋は以下・・・・
「この問題に最も関心を持たなければならないのは、
被災地の福島県だろう。
本来なら新潟でなく、福島が追及すべき事柄。
検証の結果が出たなら、
東電に対して厳しく問いただしていくべきだ。」
http://www.kahoku.co.jp/editorial/20160608_01.html












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック