原発の優位性は全く無い!

原子力ムラの工作員は
以下の疑問に論理的に反論できず降参し
あるFBグループから逃げ出した!

原発の優位性を論理的に説明する事は
もはや不可能になった事を
原子力ムラが示した格好となった! 

『原発はあってはならない存在!』
『脱原発』がふくしまの願い。
その理由は以下・・・・・

1.原発は地球環境を汚染し、最も危険で、最も高価なエネルギー
  原発は火力発電の12~120倍のコスト。
  政府試算の原発コストは分母を大きく
  (事故の可能性を低く、稼働率を大きく)
  分子を小さくし(事故コストの矮小化)、
  核燃料廃棄物の管理コストやもんじゅ等の
  研究・稼働コスト除外など政治的意味合い強く、信用できない

2.原発は地域コミュニテイや生活を破壊・分断

3.原発は人間の能力を超え、神の領域   
 (臨界に達したら制御不能、自然の猛威やテロ攻撃を防げない)

4.放射性廃棄物の処分方法が未解決   
 (10万年もどうやって保管するのか・・・処分は地震国日本では不可能)

5.ウランはいずれ枯渇し価格高騰                 
 (ウランはその60%がフランスの財閥が牛耳っており不安定な資源)

6.高熱効率(63%)のコンパインドサイクル火力発電で当面対応 
  (40%以上の熱効率アップで燃料代、二酸化炭素排出量も劇的に低下)

7.今後はシェールガスで燃料コストは劇的に低下

8.巨大地震が30年内に!テロの可能性も!
  (原発はあまりにも危険すぎる。)

9.原発技術者不足で廃炉も困難に!                 
 (原子力工学を学ぶ優秀な学生はもはやいなくなった!)

10.将来は超省エネ技術で電力需要は激減


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック