汚染水タンクは地震で倒壊する!

福島原発の汚染水タンクは600ガルの地震にしか耐えられない。
上信越地震の時の柏崎・刈羽原発では830ガルの地震を記録。
タンクの中の汚染水は地震に共振すれば
より小さな地震でもタンクは破損してしまい、
汚染水は流れ、敷地内の作業も出来なくなる
汚染水は海にながれ更に海が汚染させる。

ボルトの鉛直方向の応力は
600ガルの地震では506MPaかかり
設計許容値の525Mpaとほとんどマージン無し!
設計地は必ずマージンを持たせるのが常識
東電には技術者としての常識が無い!
しかもボルトの劣化は考慮していない杜撰さ・・・
汚染水は単なる塊として扱い
汚染水が地震動に共鳴し左右に揺れた場合の
考慮はしていない!

タンクが倒壊し汚染水が海に流れれば
いずれハワイや北米の西海岸に到達し
莫大な損害賠償を請求される事になる・・・
これで日本は破綻へ更に加速する・・・・

東電はいったい何をやっているのか!
また想定外というのだろうか!
原子力規制委員会は原発の稼働よりも収束にシフトせよ!
東電に更に問い合わせ中・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック