ふくしまの悲痛な叫びに答えよ!

ふくしまに生きる人々の声を、国会質問で直接、国にに訴えてくれた。
荒井広幸参議院議員(新党改革・福島県出身)の国会答弁
https://www.youtube.com/watch?v=f0z-IHio32c

9分あたりからIAEA,WHO、UNSCEAR、ICRP、
厚労省の立場について質問
IAEAやWHOは妥協的健康管理をしているのではないかとの疑念
厚労省は医者の顔が見えないと・・・
「20ミリシーベルトならば帰れるというのを考え直してもらえないか?」と

科学的な論理ではなく、人間として、母親が、子どもを抱くような気持ちで、
人間性や子どもの視点に立った、予防的な健康政策をすべき
20mSv政策を変えるべきと主張!まったくその通り!!

ただ、この答弁が何故経産省大臣なのか?
原発を推進してきた省庁が答えるべきものではない


原子力規制委員会委員長は低線量被ばくの影響のLNTを認めた。
20mSvが安全というなら、まずは大臣、役人の家族が
ふくしまに住んで実証後に安全宣言すべきもの
霞が関や永田町で安全だというのは、
福島県民に憲法で保障された人格権や
法の下での平等に違反するもので、違憲状態・・・

荒井議員の質問に国は真摯に答えて欲しい!
これがふくしまの声!



   ---以下は郡山市の男性からのメールに一部を転載ーーー


(参議院経済産業委員会4月22日)

22日の参議院経済産業委員会で荒井議員は、国連人権理事会の報告書が
「低線量被ばくの長期的な健康的な影響が、依然として正確に分かっていない」
と指摘している事について、見解を求めた所、田中俊一原子力規制委員長は、
「低線量は100ミリ以下だが、放射線影響のはっきりとしたことが疫学調査でわからないので、
100ミリからゼロまでを、被ばく線量と健康影響の間に、「しきい値がないという仮説」
で管理しようとなっている。」と、国連人権委員会の表記が正しいことを認めた。

この答弁をうけて、荒井議員は、以下のような質問を、経済産業大臣にぶつけた

荒井議員(質問要約)
「ウクライナでもチェルノブイリ事故の後、子どもの甲状腺ガンが多発しました。
国際機関は、原発事故との因果関係を認めなかったが、結局5年後に、
因果関係を認めることとなりました。
チェルノブイリの例ですらそういうことがあったのですから、
(フクシマで)放射線から身体を守る、居住コンセプトを考える時に、
科学的とか、リスクコミュニケーションとか、そういう言葉ばかりを言うのではなく、


人間として、母親が、子どもを抱くような気持ちで、健康政策としての「線量」を出すのが、
私は重要だと思う。
(福島県民には)原体験があって、心の深い亀裂にもなっているわけです、病気にも…。


原発を売るぐらいのことをやるなら、どうしてそういう健康政策という政策判断を
とれないのですか?
汚染水について定めたものにも、「予防的かつ重層的に取り組む」と書いてありますが、


(福島第一原発サイトの外側に暮らす)住民の被ばく対策は、
本当に、「予防的」になっているのですか?
(国は)放射線量の基準というのを、20ミリで帰れるといっているが、
私たちの提言では、追加被曝線量は1ミリにおいている。
(国も)20ミリで大丈夫という発想を、変えていただけないでしょうか?」

これに対し、茂木経済産業大臣は、「基準を示すことは重要だと思う。
安心・安全を確保するという観点で基準を示させてもらう。
しかし、基準さえクリアすればいいということではなく、
常により安全な環境に向けて、取り組みを進めるのが重要だと思っている。」(答弁要約)
と答えた。

私は、この国会答弁をユーチューブで見て、国会で、私たち福島県民の声を代弁してくれる、
国会議員がいるということを、本当にありがたく思いました。
低線量は、安全か?危険か?は、分かっていなのですから、

「予防的」に対応することこそが、重要なのではないかと思います。
荒井議員の声を、722人分の1人※で終わらせることのないよう、
私も自分にできる限りのことをしてゆきたいと思います。
※722人は国会議員の定数


※現在「厚労省ダイジェスト」は、3つの団体・個人により、取り組まれています。

1.「厚労省ダイジェスト全国版」(by世田谷こども守る会)
http://setagaya-kodomomamoru.jimdo.com/

2.「放射性物質検査結果報告(厚労省ダイジェスト・ラジオ版)」(byココラジ)
FM79.1Mz「午前8時頃」「午後15時5分」「午後17時頃」(月曜~木曜)
http://www.kocofm.jp/
※スマホやパソコンから全国での視聴も可能です。

3.「厚労省ダイジェスト福島県版」(※過去のダイジェストが見たい方は、こちらへ…)
http://ameblo.jp/masa219koro/
(アメブロにアドレスから入れない方は、タイトル「フクシマンの福島リポート」検索してみて下さい)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック