この人に命を託したい!

『細川+小泉連合』は日本を憂い、
命がけで闘ってくれている。
まさに東京都知事選は”命”との闘い!
この人達に東京都民の命を、
そして日本人の命を託してみたい!

細川+小泉連合は政界、財界、
そして原子力むらに甚大な影響力を持つ・・・
この二人以外に即原発ゼロを実行できる人材は見当たらない!

原発はあってはならない存在!
即原発ゼロがふくしまの願い!


       ---以下転載ーーー


『存亡』いま日本はまさに存亡の時です。舛添氏・田母神氏に都知事を任せて、
この国の将来を亡くすのか、脱原発を果たし世の中を変えて生き残るのか、
いま分水嶺にあります。
宇都宮氏は正義感も強く政策も素晴らしく優等生だと思います。しかし選挙は
勝たなければなりません。
細川氏・小泉氏にこの都知事選を勝ち取っていただきたいのです。

細川氏 小泉さんと生涯、脱原発タッグ
日刊スポーツ 2014年2月6日14時15分
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20140206-1253964.html?mode=all

 東京都知事選(9日投開票)へラストスパートを仕掛ける細川護熙元首相(76)が5日、
都内で日刊スポーツのインタビューに応じた。
連日、ともに街頭演説に立つ小泉純一郎元首相(72)と選挙後も生涯懸けて「脱原発タッグ」を
継続することを宣言した。
また、宇都宮健児氏(67)との脱原発候補一本化の申し入れがあった有識者団体に
「それはない。今日、断りを出した」と明かした。

細川氏は一本化提案をこの日、断ったことをインタビューの最後に明かした。

「あちらは雇用、福祉と並列で原発問題を挙げているが、私は他の問題より上位。
残念ながら難しい」

「脱原発」を必ず成し遂げる意志を前面に出した。細川氏の頭にパートナーは
小泉氏しかいない。「小泉さんとは『ずっとやっていこう』と言ってきた」と一生涯を懸け、
2人で「脱原発」を訴える覚悟だ。まずは都知事選で、安倍政権が推し進める原発再稼働を
止める一石を投じたい。

「国はこのまま再稼働するでしょう。急がないといけない。だから選挙の結果が肝心なんです。
勝てばもちろん、国もひるむ。勝てないにしても、多くの票を取れば国政に影響する。
脱原発は選挙で終わる話ではないんです」

当選した場合、「細川氏が公約に掲げる『東京エネルギー戦略会議』に小泉氏を参画させるか」
との問いには「彼がやってくれるなら、面白い」との考えを示した。

2人を結ぶのは「直感」だ。「政策の話なんてしてこなかった」と盟友だったわけでもない。
今回の選挙戦の移動中、小泉氏に特定秘密保護法について話を振ったが「夫婦でも秘密は
あるんですよ」と流されたという。
一方で細川氏が首相当時「太平洋戦争は侵略戦争だ」と断じたとき「小泉さんは『それでいい』と
言ってきた」という。

「私は直感で今回、立った。すると小泉さんも全く同じ感性だった。
直感が一致した。2人とも細かいことは言わないんです」

「ダブル首相」の影響力は国政にも及ぶのか―。小泉氏とは原発以外の意見交換は
「ない」という細川氏だが、安倍政権について「ほとんど賛成するところがない」とほえた。

「特に人事。NHKを始めとして、極めてお友達というか、偏った人事だな。誰が見てもおかしい」

さらに「年初から株価が大幅に下がっている。アベノミクスの限界」と斬った。
出馬会見などで「脱経済成長至上主義」と言った細川氏だが「(本意は)ちょっと違う」と否定した。

「『脱成長』と言ったら、みんながしょんぼりしてしまう。自然エネルギーで成長すべきだ。
それが日本の切り札だ」

一方で「新党構想」については「考えていない。若い人がやるべき」と否定した。
インターネットでの選挙活動は8日午後11時59分まで可能で「ぎりぎりまでやりますよ」。
苦手なネット選挙でも、殿はがむしゃらだ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック