スイスからの便り

本日開催の『経産省前を人間の鎖で囲む』
抗議行動への励ましのメッセージ・・・
スイスから見た、日本政府と日本人の行動に
対する異常さの指摘を、
日本人として再認識し、行動を起こさなければ・・・

多くの若い日本人が海外へ出て、
外から日本を見る視点を持ち帰り
日本を変えさせる原動力に成る事を期待したい。


あるメルマガに掲載されたメッセージを以下転載。

『私はスイス留学中のK.Tというものです 。父からこのメ-ルを受け
取れるようにと手続きを勧められ5月から毎日御舎のメ-ルを読んで
います。
父は地震後5月から霞が関、芝公園、明治神宮などほとんどすべての
大きなデモに参加しています。が、私自身は外国にいて参加できない
ので、せめて賛同の意をここから送らせていただきます。

東京電力をはじめ日本の原子力推進派による無責任で非人間的な
作為はすでにここスイスではかなりの割合で周知されてきているように
感じられます。
私も知り合いのヨ-ロッパ人達に映像を含めて転送しています。

しかし、日本政府自体がすでに国民の民意を反映していないことが
明らかになるにつれ、事態の深刻さを感じ取りつつあります。
多くの友人が「一体現状はどうなんだ?」と心配そうに尋ねくるように
なりました。海洋や空気の汚染、日本人の内部被ばく、輸出品の汚
などが、確実に拡大していることが明らかだからです。

このまま汚染が拡大するのなら、ほどなく日本人の旅行者に対する
入国前の厳しい検査が各地で始まるでしょう。それはすでに差別の
始まりです。ヨ-ロッパ人は一般的にチェルノブイリの悪夢を経験して
いるので日本人よりもずっと放射能汚染に対して敏感です。それだから
こそドイツやスイスで「脱原発」が決議されるのです。

国際的に脱原発に向かっているのはいわゆる先進諸国です。日本が
「脱原発」を表明してゆくなら日本も「意識」の上での先進諸国として
扱われるでしょうが、福島の原発事故処理すらきちんとした見通しをたて
られない技術と意識のレベルでは到底同じ意識を持つ国としては扱われ
ないでしょう。

福島の原発の処理を引き受けている労働者のこともインタ-ネットを
通じてヨ-ロッパ人も知っています。しかし、人間の健康や命という最も
尊厳をもって扱われるべきものが、いかに金で動かされてしまっているか
どうして広島や長崎を経験した日本人が原発で働くことの危険を認識して
いないのか、理解に苦しみその挙句、日本はやはり「人権意識の低い国」
であるのだという認識に至ってしまうのです。

そして責められるべきは単に「雇う側」のみでなく「雇われる側」もしかり、
というのがここで私の受け取るかなりの割合の一般人的な反応です。
私の友人は「東電や原発で働くくらいなら乞食をしたほうがましだわ」と
言いました。

今こそ本当にひとりひとりが地球環境に対する責任を負わなくてはなら
ないと思います。
そして日本が世界の中で生きてゆくためにはこの黙示録的な事態を、
理性と智慧をもって克服して環境立国として再興するしかないと思います。
たとえそれで国民総生産が落ちても、経済成長率がマイナスになったとし
てもです。

政府も官僚もいまだ過去の夢の中にいて目覚めていません。国民はすで
に目覚めているのです。どうぞ11.11のキャンドルでの取り囲みが成功し
ますように遠くからですが精一杯祈っています。
そしてここスイスでの「心ある人たち」に情報を転送します。

文面に失礼がありましたらどうぞご容赦ください。』


こんな若者が、そして日本人が増える事を期待したい!!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック