テーマ:裁判

東電は原災法違反

ある原発の専門家が以下の情報を送ってくれた。 本人の了解を得たのでここに転載します。 本人は以下の著書も出している。 多くの原発事故の裁判で闘っている弁護団や原告団の方が この本を読んで、東電の刑事的・民事的責任追及を行って 欲しいと望むものです。 関係弁護団への情報転送を歓迎します。 著書の一部を転記。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島 切り捨てを許さない!~生業裁判~

【福島 切り捨てを許さない!】 ~生業裁判~ 生業裁判の第16回期日が福島地裁で開催された。 今回は原告本人の第2回目の尋問。 6名の原告が法定で被害を訴えた。 裁判所自ら現地を訪れ直接被害実態に 触れる事が重要としているが、 東電は実施の必要性や相当性はない、 原告側が求めている津波試算に関する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島 切り捨てを許さない

1月13日に参議院議員会館で開催された 「南相馬・避難20ミリシーベルト撤回訴訟」の 第2回口頭弁論報告集会に参加した。 以下はある方のメールの一部を転載。 国は一方的に、「年20ミリシーベルト」という 一般の公衆被ばく限度として国際的に勧告されている水準の 20倍ものレベルの避難基準および帰還基準を設定し、 住民の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島への冒涜!

福島県民への冒涜! 『林潤』の名前を忘れてはいけない! 林潤裁判長、山口敦士裁判官、中村修輔裁判官、 この人たちの名前を忘れてはいけない、 福島の人たちへの冒涜だから。 福島原発事故が起こるまで司法は国策を支援してきた。 それが樋口裁判長の差し止め判決で流れが変わった。 しかしそれを覆したのが今回の3人だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司法の劣化は韓国以下!

北朝鮮化する日本。アベ主席!情報操作、ついに司法まで・・・ 自分の政権に刃向かうニュースキャスターは、 個人攻撃してでも引きずり降ろし、 自分の発言はどんなに間違っていても、 不正を働いてでも正当化する。 憲法違反もへっちゃら。 日本国憲法などは安倍政権の「下」に位置するものだから。 裁判所も安倍政権にはひれ伏し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生業を返せ、地域を返せ!

『生業を返せ、地域を返せ!』の裁判 第15回期日が福島地裁で開催され、 6名の原告本人尋問が行われた。 そのうち一人は父親が自殺した須賀川の農家の方が 涙ながらに『賠償もらったすむ話ではない』と訴えた。 相変わらず国・東電側の弁護団は人権無視甚だしい。 原告側から要求したIAEAの最終報告書を 翻訳のうえ提出するよう求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電は原災法違反

福島原発事故は原災法、原賠法違反であると、 当時原災法制定を担当していた技術者から FBのTLで原発に関する議論をしていた中で 以下のような情報を得た。 刑事責任、民事責任を東電は負わなければならない。 詳細は原子力防災従事者が学ぶべきもので、 テキスト「原子力防災におけるリスク管理と危機管理」が 出版されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不当判決!~脱原発テント~

事故を起こした国が避難者の第二のふるさととしている 経産省前の『脱原発テント』の撤去をせよとの 不当判決を出した。 先ずは『脱原発』が先だろう! 国会に劣らず司法の劣化が酷い! 以下はたんぽぽ舎のメルマガを転載 不当判決!残念な判決 糾弾!   テントを撤去せよと1日2万円なにがしを払え・判決   今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電株主代表訴訟

以下はお知らせです。(たんぽぽ舎からのメール転載) 是非参加ください。 2015年9月25日(金)   第20回口頭弁論期日傍聴のお願い   報告&学習会のご案内 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012年3月5日に東電取締役等に対して提起した「東電株主代表訴訟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民の怒りを伝える・・・・

国民の怒りを政府や国会へ届けましょう! 又裁判で闘っている福島へのご支援を! 是非、以下のイベントへの参加や署名、 そして図書購入等をお願い致します。 【イベント情報】 (1)9.12 止めよう!辺野古埋立て 国会包囲のお知らせ 国際交流NGOピースボート  http://peaceboat.org/9046.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電役員を裁く!

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載(一部追記・修正)   その時の模様は以下ご覧ください。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2015-06-19 以下は東電株主代表訴訟と 福島原発告訴団の検察審査会激励行動の記録。 〔1〕 東電株主代表訴訟   参議院議員会館で開催さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ひだんれん」 人ごととは思えない

以下は『ひだんれん』に関する東京新聞の社説 いつも福島に寄り添ってくれる新聞・・・・ 略称は平仮名で「ひだんれん」。原発事故被害者団体連絡会が設立された。 被災者の悲しみ、怒りは、激しく、深く。共に訴え、助け合うため団結した。 それは私たちとも無関係ではあり得ない。 福島が求めているのは、当然そうあるべきことだけだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良識は勝つ!

二つのお知らせ 良識が勝つ(った)2つの事例!(期待も込めて・・・) たんぽぽ舎メルマガの一部を転載 ◆小出譲治氏、千葉県市原市長選で初当選   市原市民の良識は本当に素晴らしい事   6月7日実施の市原市長選で勝手に推薦した、小出じょうじ氏が初当選。 放射性廃棄物ゴミ問題については、東電五井火力発電所長を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二つの司法判断 何が違うのか(その1) 

たんぽぽ舎からのメルマガを転載する。 二つの司法判断 高浜と川内、何が違うのか (上)    「基準地震動」に信頼性なし    「新規制基準」は安全を保証しない   4月14日、福井地裁は高浜原発について差し止めの仮処分決定を出した。 これで高浜原発は異議審で決定が覆るか、判決により運転を認められるまで再稼働は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杜撰な鹿児島地裁判断!

鹿児島地裁の判断は、マチガイだったのではないか。 地裁決定に対し「妥当だ」なんて余裕シャクシャクだった九州電力は23日、 「川内原発1号機」を再稼働させる計画書を原子力規制委員会に提出。 ところが、規制委から「計画が現実的ではない」 「見通しが甘い」と“ダメ出し”を食らったのである。 あまりにも杜撰な鹿児島地裁の判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井地裁判断に説得力

朝日新聞の社説も毎日新聞の社説も 今回の鹿児島地裁の判決には否定的だ・・・ 福井地裁判断に説得力があると捉えるべきだろう・・ 大方の日本人もそう思っている。 【朝日新聞社説】 九州電力川内原発1、2号機の再稼働をめぐって、運転差し止めの仮処分を求めた住民の申し立てを 鹿児島地裁は退けた。 14日には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基準適合審査は直ちに止めよ!

【司法にはまだ理性があった!】  ~理性ある市民の勝利!!~       福井地裁が高浜原発運転差止め仮処分決定! 原発は過去の産物・・・ 最も危険で、最も高コストで、最も環境破壊する原発は 粛々と廃炉にすべき! 【合理性に欠く基準適合審査は直ちに止めよ!】 福井地裁の仮処分を受け、 大飯・高浜原発運転差止仮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『生業を返せ!』裁判                    

第11回期日裁判が福島地裁で開催された。 裁判を傍聴した。 午前中から1日がかりの裁判となった。 前回の原子力技術・規制関係で 元原子力研究所の舘野さん専門家証人に対し、 被告(国、東電)の代理人弁護士から反対尋問がなされたが、 ほとんどが重箱の隅をつつく質問のみで、 反対尋問とはほど遠い内容。 被告側(国・東電)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撤去すべきはテントではなく原発!

撤去すべきはテントではなく原発! 経産省前の脱テントはヤクザな経産省を監視している。 脱原発のシンボル『脱原発テント』は 善良で理性ある市民の手で守っていかなければならない。 今回の東京高裁の強制執行中止命令は、 脱原発運動に大きな希望を与えてくれた。 脱原発テントが記者会見をした。 その時の模様を以下転載する …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の女たちの訴え

原発いらない福島の女たちの 脱原発テント裁判の傍聴記(以下) 福島の女たちに感謝しながら以下転載 違憲判決に対する市民の せめてもの非暴力的な対抗手段を実施したに過ぎない・・・ 『福一から流れ出ている放射能は空と海を汚染し続け、今も子どもたちの命が傷つけられている。    このやむにやまれぬ私たちの怒りと悲しみを、フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テント裁判の不当判決

『撤収すべきはテントでなく、危険な原発!』  ~経産省前脱原発テント不当判決~        不当な東京地裁の脱原発テント撤去の判決を受け、 参議院議員会館に集結した、 500名もの理性ある市民! 絶対諦めない!との熱気が・・・ 最終目標は全ての原発を止める事であり、 テントの撤収でこの運動が敗北した事にはならない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撤去すべきは原発!

本日の経産省前・・・ テント裁判の判決が2月26日14時30分から予定されている。 東京地検は 裁判官忌避(特別抗告)を無視し、 2月26日(木)テント裁判の判決を告知 福島の声を聞く事なく、 証拠調べもせず、 国側の意向のみに従う判決強行の予定。 全原発停止かr既に521日が過ぎ 反原発の運動と世論が広がって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京地検への怒り

福島原発告訴団が東京地検に対し刑事告発していた 4名を不起訴処分とした。 これだけの甚大な人災を起こしながら 誰も刑事責任を負わないという・・・ 検察を含めた日本の統治機構の無責任さ! 以下はメルマガの一部を転載 東京地検不起訴処分に対する団長声明  |  大きな怒りを感じています    |  被害者に向き合わず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生業を返せ!地域を返せ!

『生業を返せ!』『地域を返せ!』裁判。 要求は2つ。 ①原状回復せよ! ②原状回復まで賠償せよ! 多くの原告が東電と国への怒りを込めて福島地裁前に集まった! 同時に福島文化ホールで『あいときぼうのまち』の映画上映とトーク そして弁護士や大学教授らの意見陳述者等の報告があった。 山本太郎参議院議員や東京の劇団約30名等が駆け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

官僚との闘い~脱原発テントの嘆き~

以下は経産省前の脱原発テントからのメッセージ(官僚との闘いとその嘆き等)を転載 年末年始は時間の許す限り、経産省前の『脱原発テント』を訪問し、励ましていただくことを希望します。        ~以下転載~ 選挙も終わって政治的には奇妙な静けさの中にあるように思えるのだが、このところ目立ってきているのは官僚というか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判所の暴挙!

12月3日に開催された「テント裁判」の第9回口頭弁論では 福島の被曝した3人の女性たちの口頭陳述後に 被告側から「人証及び証拠調べ」の要請に対し、 裁判長は『被告の請求を却下』と小さな声で発言した後 「弁論は終結すると」発言し逃げるように退廷してしまった。 国側の弁護団は一切反論しない異例の裁判でありながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これでいいのか日本の司法!

経産省前の脱原発テント裁判でのだまし討ち結審の実態! これでいいのか日本の司法! 民主国家としての三権分立はどこへ行ってしまったのか!? 【呆れたテント立ち退き裁判】 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2013-07-26 以下は転記・・・ 〇だまし討ちというほかない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電幹部を起訴せよ!

刑事告訴している東電幹部を起訴せよ!  国民の手でこれらの犯罪者たちの刑事責任を明らかにする為に  福島県民の心の復興は、これらの刑事責任を明らかにする事から始まる・・・  みなさまのご支援をお願いいたします。        -----以下転載----- ■12.12「起訴を!」院内集会&東京地検前・東電前行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省は亡国の役所~テント裁判~

経産省前テントひろば1135日 商業用原発停止396日 以下は10/14経済産業省前テント撤去訴訟                                                        第八回口頭弁論傍聴記を転載 亡国を着々と推進している経産省を                              …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原状回復せよ!

原告5000名を目指す『生業を返せ!の訴訟では 東電と国に対し原状回復を要求している。 その訴状は今後原子力損害賠償紛争センター(ADR)へ 損害賠償請求の申し立てを行う時に使用できる。 この文面を参考にADRの申請に使って欲しい。 しかしながら、ADRの仲介員は損害賠償の”指針”に 記載ない事に関しては解決を図ろうとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more