テーマ:エネルギー政策

「原発ゼロ」に向かわねば

【亡国を突き進むアベ政権!】 福島の惨事を見たら、とても原発の再稼働なでと言えない! 30年間に東北の太平洋、東南海、東京直下型地震が来るというのに、 その対策すら政府も国会でも議論していない怠慢ぶり。 福島第1原発のとけ落ちたデプリなど100年過ぎても処分できようはずがない。 子どもや孫達の為にも原発ゼロになるまでは死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウランは枯渇する

ある専門家のFBの記事を掲載 どうみたって日本のエネルギー政策は間違っている。 アベ、セコウ、経団連会長の3バ×トリオが日本を壊す 世界の原子炉は現在の450基でこと足りている           標準的な原子炉は、出力が 1基で「100万キロワット」です。 これは、1年間に「10京ジュール」に相当するウラン235を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の終焉!

【原発は風力や太陽光発電に太刀打ちできない】 以下二つの新聞記事の一部を掲載 「太陽光と風力が最安」原子力の専門家が報告書 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35826940X20C18A9000000/ 日経クロステック 「世界原子力産業現状報告」の2018年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベが日本の産業衰退させる

以下雑誌の記事を転載 アベ晋三を総理の座から引きずり落とす事が日本を救う! 【アベノミクスがあと3年続けば日本の産業衰退が一気に露呈する】 金子 勝 https://diamond.jp/articles/-/179874?display=b 米ウェスティングハウスを買収し、大けがを負った東芝がその典型だが、日立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力は衰退する

原子力ゼロに向かって世界、特に先進国は向かっている。 その事をIAEAが認めた。 欧州と北米では2030年までに1/3落ち込む。 日本は欧米とはかけ離れたエネルギー政策を続けようと経産省が目論む・・・ 地震の活動期に入り、更なら原発事故を起こしかねない・・・ そして何よりもコスト高の原発で日本経済は競争力を失い 100年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本沈没丸軍団

核燃料サイクルも、エネルギ―基本法も 結論ありきの捏造された核燃料サイクルのコストや 原発コスト等のデータで議論しているから、 間違った結論になる事は明らか。 捏造されたデータを策定した経産省と それを陰で要請した原子力ムラの連中。 そしてそのデータが間違っている事を ある程度感じていながら、議論に参加し 止める事を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギー基本計画の欺瞞(1)

経産省・エネルギー庁のエネルギー基本計画へのパブリックコメントを提出した。 パブリックコメントは以下から提出ください。 締切は6月19日  是非、多くの善良な国民の声を腐敗した経産省・エネルギー庁に届けましょう http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まっとうな福島県民の意見

【まっとうな福島県民の意見】 6月2日付け福島民報の『みんなのひろば』に 経産省のエネルギー基本計画への非難する 福島県民の意見が掲載された。 まっとうな県民の意見だろう・・・ 多くの良識ある国民がおかしい、まちがっていると思っているはず。 小生が提出した経産省・エネ庁への質問は以下ご覧ください。 http://n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この国に未来はない!

【この国に未来はない!】 2040年の世界平均は再生エネが66%の予測。 日本では2030年目標値がたったの22~24%。 そして最もコストが高い原発が20~22%だという。 中国でさえも原発依存度を下げている。 再エネコストは劇的に安くなる。 これでは電気料金が高くつき、 日本の製造業は世界と競争にならない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これでは国が立ちゆかぬ

産経新聞の社説が原発ゼロ法案に対し 「これでは国が立ちゆかぬ」と論評された。 原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)が 産経新聞社に対し、以下の反論をしたが 産経新聞は回答を拒否・・・ 原発推進こそ国が立ち行かぬ! 原発即時ゼロでなければ国が立ちゆかぬ! ーーー以下は原自連メルマガを転載ーーー ―…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロへの道

立憲民主党が今国会で『原発ゼロ基本法案』を提出する。 1か月程度をかけ、日本全国でダウインミーテングを実施中だ。 https://cdp-japan.jp/news/929 しかし、原発ゼロ実現には大きな課題がある事も事実。 小生の以下のコメントを立憲民主党にも伝えたい。   ----コメントーーー 原発ゼロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギー政策を転換せよ 

以下は東京新聞の記事を転載 ◆エネルギーの政策転換せよ 中西裕二 (東京都品川区) 小泉純一郎元首相が、政権のエネルギー政策に怒りをぶつけた。 よくぞ言ってくれたとの思いです。 中国でさえ、再生可能エネルギーへと舵を切り、 トップランナーになる世界戦略を打ち出している。 再生可能エネルギーへの政策変更は、膨大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党の原発政策

今回の総選挙では原発政策を 投票選択の参考としたい。 原発ゼロ基本法の策定まで踏み込まなければ 原発は無くならない・・・ そういった意味では立憲民進党の政策がいい。 言葉だけに騙されてはならない どう実現するかのプロセスが大事・・・ 自民党及び日本のこころは論外! 以下はたんぽぽ舎からのメルマガの一部を掲載 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこに向かう日本の原子力政策

久しぶりにNHKが吠えた 政治的な影響を撥ね退け、解説員が 添えぞれの立場で本年で語った。 一人の解説委員ではなく、多くの解説委員が 同じ方向性で話した事で 原子力マフィアや政府からの個人攻撃を 防ぐ事も可能だろう・・・ HNKとしては久しぶりの良い企画であった。 政府に騙されない為に必見! NHKのふれあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

J-POWER株主総会

原発事故が、原発が安全でないことも、原発が安くないことも、 原発が無くても電気が足りていることも、原発がゼロエミッション(クリーン)で 無いことも、「トイレ無きマンション」未解決も、被曝労働必須も明らかだし、 多くの「国民」がもう原発を動かすべきでないと考えるようになった中。 J-Power 電源開発の株主総会では 大間原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省の大ウソ!

ようやく経産省が大ウソを認めた。 小生も経産省に3.1兆円の大部分は為替によるものであり、 原発が止まっているからではないと主張してきたが、 彼らはこれを否定してきた。 現在の原発コスト試算も経産省の思惑によるもので、 算定条件を誤魔化せばいかようにも算定できる。 これも全くの大ウソ!! 衆議院議員 河野太郎の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギー政策に物申す!

経産省が出した、長期エネルギー政策に対する パブリックコメントが7月1日締切で公募されている。 【7/1まで】長期エネルギー需給見通し策定に向けた御意見の募集について (2030年のエネルギーミックス案) 資源エネルギー庁長官官房総合政策課 ▽詳細・資料・提出はこちら⇒ http://www.enecho.met…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツでは脱原発に反対する企業や国民はいない

「ドイツの再生可能エネルギー拡大は、 コスト高騰のため、失敗に終わった」という主張は、 完全な誤り」・・・ 詳細は以下ご覧ください。 http://t.co/WuhPmZlnNh ~ドイツでは脱原発政策に反対する企業や国民はいない!~ 興味深いのは、2012年から2014年にかけて行われた、 再生可能エネルギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国のエネルギー政策に物申す

現在募集中の、原発・エネルギー・被ばく問題に関する パブリックコメントです。 是非、国のエネルギー政策の欺瞞を正す、チャンスです。 ◆【7/1まで】長期エネルギー需給見通し策定に向けた御意見の募集について http://www.enecho.meti.go.jp/notice/topics/031/ 資源エネルギー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉元首相が政権批判!

以下は東京新聞記事の一部を転載 ◆原発政策で政権を批判 小泉元首相「公約違反」◆ 小泉純一郎元首相は4日、鹿児島市内で記者会見し、 2030年の電源構成比率で原子力を20~22%とした方針について、 安倍政権は公約違反だと批判した。 「できるだけ原発を低減させる方針と逆の方向に行っている。 選挙で言ったことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギー政策の欺瞞

日本政府が発表したエネルギー政策は 何の知恵をも持たない欺瞞だらけのもの・・・ 中国の再生エネルギーは2050年、までに86%にするという。 日本は長期的な見通しもたてずに、2030年の 再生可能エネルギーを20%代に抑え 原発を20%前半にするという・・・ 国民の意見や期待を無視しつづけつる日本政府の対応を 絶望的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツのエネルギー政策

原発事故を起こした日本が事故の経験から学ぶことなく原発を推進し、 日本の原発事故から学んだドイツが原発から離脱している。 長期エネルギー需給見通し小委員会では風力発電の議論は(第4回会合)以外では ほとんど検討されていない。 以下の資料 http://www.enecho.meti.go.jp/committee/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故の確率の欺瞞

経済産業省の小委員会の座長を務めているY氏とFB上で 原発コストの欺瞞、特に原発事故の確率について議論となった。 その一部を紹介する。 議論の中の『PRA解析』については以下をご覧ください。 http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2014/siryo16/siryo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信頼性低い発電コスト試算

経産省のエネルギーミックスや原発コストにウソに対する 専門家からの批判が絶えない・・・ 以下は九州大学・吉岡教授のコメントの一部 ――経産省が発電コスト検証ワーキンググループで出した発電コストの試算については    どう思いますか。 こういう試算は無意味であって、歴史的にも政府は1980年代から常に原発がいちば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウソだらけの原発コスト

~経産省の思惑でいか様にも変えられる原発コスト~  原発の稼働率を高くすればコストは下がる。 今回の試算は稼働率70%?を想定したはず。 これが50%になれば20~30%の価格アップになる。 現状の稼働率は0%で更にコストは無限大と高くなる。 事故の確率を低くし、損害額も過小化すれば 原発コストはいか様にも経産省の思惑通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のエネルギー政策の劣化!

まったくその通り! 以下デジタル朝日の記事の一部を転載  高浜原発の決定も具体的な危険性を認め、いずれも、相当の覚悟を持って書かれた画期的な判断だと思います。反原発か推進かといったレッテルを貼って矮小(わいしょう)化するのではなく、議論をするきっかけにすべきです。  <三つの問題提起> 提起された問題の第一は、私たちが求め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギー・ワーストミックス

日本政府が原発をエネルギーの20%程度に しようと目論んでいる。 正に3.11以前への回帰だ。 何の知恵も無い! これは『エネルギー・ワーストミックス』だろう! https://www.youtube.com/watch?v=Civ1P_hg4ZQ&feature=youtu.be&hc_location=ufi 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発コストはフェアでない!

原発コストを7.9円/kwと算出した 原子力委員会の小委員会の座長に質問したところ 以下の回答が届いた。 質問は以下 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2015-04-04        --回答ーー 原発の経済性については、2012年のコスト検証委員会の報告書、 8.9円/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発はベースロード電源にはなりえない

政府はベースロード電源比率を6割にし そのうち原発の比率を2割にするとの報道があった。 ベースロード電源の経産省の定義は 『発電コストが安く、1日を通して安定的に発電できる電力をさし、 原発、石炭火力、水力地熱がこれらに入る』としている。 だとすれば原発はLNG火力発電よりも高価なものであり、 事故が発生すれば稼働率も下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力は終わった!

原子力は終わった! これからは自然エネルギーの時代! 『原子力は正当化するのは難しい』 原発最大メーカーGEのイメルトCEOが発言。 「原子力は他の電源に比較して高くつきすぎる」 「ガスと風力、太陽光等のコンビネーションに 世界の大部分の国が向かっている」   しかしながら、日本は世界の趨勢と 逆行し続ける不可解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more