テーマ:戦争

平和の詩

毎年朗読される沖縄の6.23「慰霊の日」での『平和の詩』。 「沖縄慰霊の日 “この幸せをいつまでも”『平和の詩』朗読、 糸満市の小学校6年生の叫び」(動画4分15秒) https://mainichi.jp/articles/20190622/k00/00m/040/279000c 『生きているから笑い合える  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争は絶対にあってはならぬ!

【戦争は絶対にあってはならぬ!】 Jアラートで危機を煽り、国難だと言って選挙に勝った?途端に、 ゴルフ三昧のアベ晋三に宮沢喜一さんの言葉がでれほど理解できるだろうか? 元米国防長官ウィリアム・ペリーさんがもどかしそうに語っていた。 「私が驚くのは、実に多くの人が戦争がもたらす甚大な結果に目を向けていないことです」。 も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一本の鉛筆・・・♪

美空ひばりが歌う『一本の鉛筆』 一本の鉛筆があれば 戦争はいやだと私は書く・・・♪ 一本の鉛筆があれば 8月6日の朝と書く・・・♪ 一本の鉛筆があれば 人間の命と私は書く・・・♪ アベ晋三の広島での発言(挨拶)にはウソが多い・・・ 呆れる他ない・・ アベ晋三は世界中からの笑いものだ! 彼にこの歌を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は「集団的自衛権」を行使できない

某大学教授のFBのTLからの転載・・ 記録として残す為に、ブログに転載する。 日本政府の説明はこの事に全く触れていないし 実際に行使ができない集団的自衛権を法制化する事に 日本の国会議員(特に自民党議員)は 何の疑問を抱くことなく賛成した。 この議員達に以下を問いたい!! 日本は「集団的自衛権」を行使できない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この国の深刻さ!

以下はFBのTLからの転載・・・ この事実は知らなかった・・・ 日本国家が刻々と戦争に近づいている・・・ 特定秘密保護法、集団的自衛権、共謀罪、 憲法改悪、緊急事態条項等々・・・ これはアメリカが仕掛ける日中戦争への布石・・・???    ---以下転載ーーー 日本では国会から庶民にいたるまで、「フクシマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争とは早大な規模の人殺

元米兵と日本兵の言葉は重い 『戦争とは・・早大な規模の人殺し・・それが戦争だ!』 『戦争とは人が人を殺す事・・』 『戦争というのは憎しみしか生まれない・・』  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和への祈り!

原爆投下70年・・・ 戦争とは何か??・ NHKニュースや特集を観て この悲惨さを子どもや孫達の時代に 繰り返してはいけない・・・・ 何も知らない小さな子どもの祈りに 日本人の平和への覚悟を信じたい・・・ 【全ての日本国民は沖縄と広島の訪問を!】  沖縄、広島という二つの激戦地(原爆投下)を訪問すれば、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さとうきび畑の風~沖縄の悲劇~

【沖縄の悲劇】 さとうきび畑の風の音『ざわわ ざわわ』は 戦没者の怒号とおいつ http://matome.naver.jp/odai/2141320749270408201 沖縄戦終焉の地、 糸満市平和祈念公園に刻まれた 22万人の戦没者が自らの命を犠牲にし、 米軍の日本本土への上陸を阻止してくれた。 この悲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の海

エメラルドにきらめく沖縄の海 パウダーサンドのビーチ 振り返れば深い緑が広がる亜熱帯の森・・・ 自然とともにある沖縄の暮らし 青空に映える赤煉瓦の民家・・・ そんな暮らしの中にも 70年前の沖縄戦で命を落とした多くの沖縄県民 その後も虐げられてきた沖縄の歴史がある・・・ そして今も続いている事に 我々は向き合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の悲劇

沖縄県民は70年前に本土防衛の為に命を捨てて闘い、 今も沖縄県民の犠牲(本土防衛の為の基地提供)の上に 日本人は平和を享受している。 福島が東京の犠牲になっている構図と同じ・・・ 『沖縄の悲劇』をほんの少し共有できた沖縄の旅だった。 【沖縄の悲劇(1)】 ~まちのど真ん中にある普天間飛行場~     19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不戦の誓い!~沖縄と福島~  

70年前に米軍が沖縄の読谷村に上陸し 沖縄戦が開始された。 一般人を含め20万人もの尊い命が奪われた。 『不戦の誓い』の碑が読谷村の村役場近くに建立された。 この感情は親兄弟や親友を目の前で亡くし、 地上戦を体験した沖縄の人々にしか理解できない。 70年前には本土防衛の為に命を捨て闘い、 今も沖縄県民の犠牲(本土防衛の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more