テーマ:川内原発

川内原発を止めよ!

日本列島を縦断する中央構造線の活断層は 鹿児島県川内原発近くまで届く。 一連の熊本・大分地震の活断層が 川内原発への影響について 早急に第三者委員会で検討し 結論が出るまでは川内原発を止めるべきだ。 九州電力へ川内原発止めろとTELを! 092-761-3031(代表)にTELし 川内原発の件というと 担当部門(広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発のスイッチは押させない!

九州は人も火山も燃えている! 原発は火山には勝てない! 川内原発を止める事が原発事故を起こした日本人の責務! 以下は『原発とめよう!九電本店前ひろば』の MLの一部を転載 ●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●      ~川内原発のスイッチは押させない!~ ホームページ http://bye-…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

規制庁は電力会社の虜

12月11日に参議院会館で開催された規制庁と市民団体との 交渉報告を2点転載。 規制庁が今でも電力会社の虜となっている事! 元保安院とまったく体質が変わっていない事! 更に問題なのは技術力・評価力が携わっていない事。 【最も基本となる認可手続きのデタラメさに驚く】 12月11日、議員会館で行われた原子力規制庁(安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

活性化する日本の火山!                     

活性化する日本の火山! 近くにある吾妻山も火山性性微動によって 監視レベルを2に引き上げた! 活性化する火山列島の日本に原発はあってはならない! 原発をベースロード電源として原発を推進し、 命よりも金目を優先する自民党政権を暴走させてはならない! 阿蘇山、桜島、口永良部島のある霧島火山帯が今最も危険!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こっちも遠慮することない!

ある男性の言葉「相手は未来永劫にわたって災禍の残る大きな悪事を しようとしているのだから、こっちも遠慮することはない、大きなことを しなくては。」… 正義はどちらか? 命が経済に優先する事は明らか! 以下はある再稼働阻止全国ネットワーク・詩人の記事を転載 11月川内原発再稼働反対・鹿児島抗議行動に参加して (上)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火山学者の警告

火山物理学者須藤靖明(九州在住)が投稿している記事を転載。 川内原発では、3万年前の姶良カルデラ形成時と同じような火砕流が 流れ込んでくることは、十分想定できる。 これでも、川内原発を再稼働させようとする事は、大きな津波はすぐには来ないとして 対策を取らずに、今回の原発事故が発生した事と同じ過ちを繰り返そうとしている。 この日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発周辺は火山だらけ

川内原発周辺には巨大なカルデラが数多くある。                                            この巨大なカルデラが噴火すれば、川内原発は                                               制御不能になり、爆発するであろう!                  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問題だらけの川内原発

以下転載です。 11月3日、利益相反の宮沢経産相による鹿児島県アリバイ訪問が強行さた。                         まったくふざけた茶番劇です。県庁前では、市民による抗議行動が行われました。 5日から始まる鹿児島県臨時議会で、7日に川内原発再稼働への「同意」 が強行されようとしています。折しも3日には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県知事殿

鹿児島県知事と鹿児島県議会・原子力安全対策等特別委員会の                                  15名の委員に以下のメッセージを送付(FAXで)した。 送付先は以下ご覧ください。                                                     http://nim…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内原発再稼働阻止する為に!

『川内原発再稼働阻止』する為に! 理性ある国民一人ひとりができる行動を!  でたらめな政府は信頼に値しない!                                                   事故が起きたても政府は責任は取らない!                                        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more