テーマ:原発事故

原発は罪作りだ!

原発事故被災者が東電と国を相手に被害者が集団訴訟を起こした 『生業訴訟』の仙台高裁での控訴審が実施された。 その模様を河北新報が伝えた。 <原発事故集団訴訟> 夢見た帰還、厳しい現実 「孤独や不安に耐えて生活」原告訴え 「原発は罪作りだ」。仙台高裁で1日あった東京電力福島第1原発事故を巡る集団訴訟の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクシマ事故と東京オリンピック

【原子力緊急事態宣言は今後100年続く!】 そんな中で東京オリンピックを開催し、 原発事故の被災者を切り捨て、 原発事故を無かった事にしようとする事こそ、 犯罪ではないのか!? そして地元福島県が前のめりになって、 被災者支援切り捨て、 甲状腺がん患者切り捨てを率先している。     以下はFBからの転載  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

トリチウムは白血病を誘発する

【トリチウムは白血病を誘発する】 玄海原発は全国一トリチウムの放出量が多く、 トリチウムは海水、大気、海産物を汚染する。 さらに、動物実験ではトリチウムは白血病を誘発する。 玄海原発は全国一トリチウムの放出量が多い。 また、玄海原発での調査・研究はないが、 内外の原発周辺での調査では、トリチウムは 原発周辺の海水、大気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9.11脱原発テントひろば記念集会

『脱原発テントひろば記念集会』が 9.11に経産省前で開催された。 その様子がネットで公開されている。 特に浪江町の希望の牧場の吉沢さんの力強い発言(1:17:00頃から)に 心を打たれる・・・ 東京オリンピックを返上しよう! 以下はたんぽぽ舎からメルマガの一部を転載 【9.11脱原発テントひろば記念集会】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100年経っても収束は不可能

たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載 元京都大学の小出裕章さんへのインタビュー記事 福島第一原発事故「収束」の真実  (下)  |  圧力容器の土台を突き抜けた炉心 100年経っても取り出すのは無理  | 今生きている誰もが事故の収束は見られない  └──── 小出裕章さん(元京都大学原子炉実験所) Q:福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウムの恐怖

原発から出るトリチウムを含む汚染水は海洋放出されている。 福島第一原発に溜まったトリチウムを含んだ汚染水も 規制庁や経産省が海洋放出する方向で検討している。 昨日と一昨日、富岡と郡山そして東京で開催された 公聴会で45名中44名が海洋放出に反対の意見を述べた。 しかしながら、経産省の傘下の小委員会のメンバーが トリチウム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学的に安定といえる地層はない

高レベル放射性廃棄物の地層処分を検討している 経産省とNUMOは以下の日本学術会議答申を受け 根本から処分方法を見直すべきだ。 そして何よりもこれ以上高レベル放射性廃棄物を増やさぬよう 全ての原子炉を廃炉にすべき! 小生から経産省及びNUMOに質問状を提出した内容は 以下ご覧ください。 https://nimosaku…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム海洋放出の結論急ぐな!

【トリチウム海洋放出の結論急ぐな!】 トリチウム海洋放出はこの機器(新技術)が実用化できるまで待つべき。 急いで結論出す必要はない。 海上にも中間貯蔵施設建設場所にも汚染水タンクは建設可能だ! << トリチウム、ほぼ100%分離 >> トリチウム アルミで除去 近畿大など新技術 近畿大などの研究チームが放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染水トリチウムの海洋放出は許されない

福島第一原発の汚染水トリチウムの健康への影響が懸念されている中、 経産省は健康への影響は無いとして海洋へ放出しようと模索中だ。 風評被害は金で解決できるが、健康や命は金で解決できない。 以下は原子力市民委員会 の声明文の一部。 『放射性物質の毒性については、すべてのことが解明されているわけではない。 トリチウムの害につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霞が関の常套手段に騙されるな

規制庁はモニタリングポスト撤去に関し、福島県内の全市町村で 住民との説明会を開催してる。 是非、規制庁には以下反論して欲しい。 霞が関の常套手段に騙されてはいけない。 良識ある市民の力で規制庁の方針を撤回させよう!                      1.復興庁が10年でなくなり予算がつかなくなるはウソ。 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興庁のまやかし

復興庁が発行した「放射線のホント」という小冊子の評判が悪い。 ウソだらけとの評判もあるが、必ずしも正しい表現ではない。 以下は東京新聞の記事の一部jを転載 「風評被害の解消を表向きの理由として『福島はもう大丈夫』と 開き直るような国なら、原発を扱う資格はない」 ◆復興庁パンフ「放射線のホント」 内容は「責任放棄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染水対策は福島県が仕切れ

福島第一原発の敷地に溜まった汚染水(トリチウム)を 太平洋に放流するとする案を規制庁が示している。 トリチウムについてはその危険性が議論されつくされたとは言えない。 その判断を国(経産省や規制庁)に任せていては 福島第一原発事故の二の舞になる。 そこで福島県が独自の第三者検討委員会を立ち上げるべきとの提案を 福島県・原子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電の罪は明らか

【東電の罪は明らか!】 対策進まず「不満だった」=津波担当の社員、 東電公判-東京地裁6/20(水)19:12配信「時事通信」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000114-jij-soci 東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国と東電の底知れぬ罪!

記録と記憶の為にも、このブログに掲載しておく。   --以下はある方のFBからの転載・・・ 福島原発事故での勝俣、武藤、武黒の刑事責任を問う裁判、 本日の証人主尋問は日本地震学会会長などを経て 原子力規制委員会委員長代理を務め、 再稼働を目論む原発の地震評価の甘さや杜撰さに 警告を発したことから事実上解任された島崎邦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺がん検査を継続せよ

原発事故によって福島県民には計り知れない生活への影響がでている。 そんな中でも初期被曝によってもたらされた甲状腺がんや健康被害も大きな問題。 県民健康調査検討委員会で甲状腺がん検査の有り方(縮小についても)について 6年以上も議論されている。 その中で検査を縮小すべきとの強硬論を展開しているのが大阪大学医学系大学院 講師の高野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モニタリングポストの継続配置を!

【モニタリングポストの継続配置を求める賛同団体になってください】 ~住民の意見を無視する原子力規制委員会に怒りを!~ 原発事故は未だに収束していない。これから100年以上(政府は30~40年言ってっているが・・・ 7年経過してもこの数字は変わっていない)も廃炉作業が続く。 2020年の東京オリンピックまでには、原発事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県民を裏切る東電

矛盾だらけ、良識も理性も誠実さもない東電! 福島県民を裏切り、愚弄する東電に罰を! 以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載 福島県民(浪江町民)には冷たい回答(ADR和解案を拒否)   日本原電(東海第二原発)にはあったかーい回答(約1000億円以上)   税金で成り立っている東京電力の冷酷さ・二重基準 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故が無かった事にする政権

【原発事故が無かった事にする恐ろしい政権!】 アベ政権に実態が伴っていないのは、 東京オリンピック年の2020年までに原発事故も、 被ばくも、健康被害も無かった事にしたい為。 アベ晋三が『過去も、現在も、将来も健康被害は無い』 『アンダーコントロール』と言い切ったところから、 官僚の忖度が始まった。 年間20mSv…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低線量被ばくのLNTモデルは合理的

福島原発事故で東京に避難してきている被災者が 国と東電の責任を訴えた福島原発東京訴訟の判決で 国と東電の責任を断罪し http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2018-03-16-1 放射線・放射能への恐れ、低線量被ばくについては "しきい値なし線形(LNT)モデルは有力な科学的見解であり、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国の責任を認める判決

原発事故で全国に避難している人達が 国と東電を訴えている訴訟で 京都と東京での判決は国の責任を認めた。 以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載 本日、東京地裁で福島第一原発被害東京訴訟(以下東京訴訟)において、 国の責任を認め、被告国と東京電力に対し賠償を命じる判決が下りました。 福島第一原発事故被害について、国を被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傲慢な国の復興政策

【傲慢な国の復興政策】 ~帰還にともなう被ばくは自己責任?~ 東日本大震災からの復興をめぐる政策文書をあらためてみてみると、 平成28年に「復興・創生期間」へと入る前あたりから (第3次安倍内閣(平成26年12月24日)がスタートする前後から) その内容に大きな変化が起きていることがわかる。 「復興・創生期間」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7年目の3.11

今日で東日本大震災と原発事故から7年が過ぎた。 しかし原発事故は未だに収束していない。 未だに現在進行形だ! 福島原発の廃炉作業は一向に進まない。 廃炉(更地にするまで)30~40年かかるとしていたが 既に7年も過ぎても原子炉の中の状況は未だに分かっていない。 とけ落ちたデプリを全て取り除く事など不可能だ。 核燃料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セシウムボールの研究報告

【セシウムボールの実態の研究報告】 不溶性粒子のセシウムボールは東京・神奈川や静岡まで飛んだという。 その実態は未だに明らかになっていない。 ■原発事故7年“謎の放射性粒子”徐々に判明(日本テレビ系(NNN)) http://www.news24.jp/articles/2018/03/06/07387331.html…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故は終わっていない!

【3.11追悼と東電前・官邸前・国会前抗議】 3月11日は原発事故から7年目。 原発事故は終わっていない。 アベ捏造ペテン内閣は2020年までに 原発事故は無かった事にする基本方針のもと、 各省庁が復興の名のもと粛々と 被害者切り捨てを実行している。 原発事故は終わっていない! 3.11追悼と東電前、官邸前や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風評被害の罠(2)

昨日、渋谷の国連大学で開催された『アップディト福島』のシンポジウム終了後に 環境省の森本事務次官と名刺交換させて いただいたので、 日頃の問題点の一つ(多くの問題点はあるが、 今回は風評被害という言葉に絞って・・)についてメールを送ってみた。 返信は無いだろうが、環境省内や他の省庁で問題として認識して もらえればよい・…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『福島差別論』への批判

ある方からのメールを転載。これが多くの福島県民の率直な気持ちだろう・・・            ・・・以下転載・・・・ 『野口邦和・清水修二・児玉一八・早野龍五・中西準子ら、放射能や被ばくの危険性をゴマカシ、過小評価し、歪曲までして、私たち一般シロウトをだましつつ、原子力ムラ・放射線ムラ代理店政府に尻尾を振るか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の終わりが近い・・・

広瀬隆さんらしいインパクトの強い講演の概要。 福島第1原発事故について、誰一人として責任をとらず、 原発・核燃料サイクルは無謀だ・うまくいかない・危なすぎる・カネがかかりすぎる、 とわかっていても誰もやめようとは言わず・止めようとしない。 かつて大日本帝国が日中戦争・アジア太平洋戦争で経験をしたことを繰り返す。 私たちの国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム放出の危険

原子力規制委員会の暴走が止まらない。 更田委員長が原発事故で溜まったトリチウム水を 海洋放出する事を検討していると発言 この発言に対し、多くの市民団体抗議している。 その抗議文が以下・・・ 来週早々にの規制委員会に提出される。 賛同する団体は『脱原発福島ネットワーク』に連絡を!   ---以下転載ーーー トリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生業裁判判決の矛盾

昨年10月に福島地方裁判所で出された 東電と国を被告として訴えた生業裁判の判決。 メディアでは勝訴といった報道がされてはいるが 一部勝訴であって、損害賠償金については敗訴とみるべきだ。 『生業訴訟勝訴』は以下ご覧ください。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2017-10-12 判決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴走始めた規制委員会

原子力規制庁が暴走し始めた! 被ばくを強要し、汚染水まで海に流すという。 原子力規制委員会は規制では無く緩和し始めた・・・ 原子力緩和委員会か被ばく強要委員会 あるいは原子力推進委員会と名称を変えたらいかがか? 加害者である東電が測定したものを、規制する側がこの加害者側の データで物事判断する事に公平性や信ぴょう性はある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more