テーマ:脱原発

国民民主党への提言

【国民民主党への提言】 国民民主党は立憲民主党の原発ゼロ法案には乗らないで、 今月中に独自のエネルギー政策を発表するという。 野党同志が敵対せずに、 自公政権に対峙して欲しいのが国民の願い。 だからこそ国民民主党には立憲民主党の原発ゼロ法案を 一緒になって産んで欲しい。 敵は自公だが、 それ以前に野党間で不協和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会前・官邸前抗議集会

【昨日の国会前と官邸前】 参議院議員会館で開催されたモニタリングポスト撤去に 関する規制庁と市民団体との交渉集会と 避難者支援団体の報告集会に参加後、 ひさびさに官邸前と国会前の集会に行ってみた。 首都圏反原発連合が毎週金曜日に欠かさず実施している 官邸前と国会前の抗議集会には頭が下がる。 参加者は少なくはなってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海第二原発を廃炉にせよ!

【東海第二原発を廃炉にせよ!】 衆議院議員会館での政府との院内交渉後に、 日本で最も危険な東海第二原発の20年延長申請し 再稼働をたくらむ日本原電本社(御茶ノ水)前での抗議活動に参加した。 この原発で事故が発生すれば、 関東、南東北の4000万人以上に影響を及ぼす事になる。 約300名の善良な市民が日本原電本社を包囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9.11脱原発テントひろば記念集会

『脱原発テントひろば記念集会』が 9.11に経産省前で開催された。 その様子がネットで公開されている。 特に浪江町の希望の牧場の吉沢さんの力強い発言(1:17:00頃から)に 心を打たれる・・・ 東京オリンピックを返上しよう! 以下はたんぽぽ舎からメルマガの一部を転載 【9.11脱原発テントひろば記念集会】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロへの道(2)

小生が立憲民主党に提言し実現した映像(第2弾)。 まずはご覧ください。 https://cdp-japan.jp/movie/20180620_0599 原発ゼロ基本法案の前文には、以下のような言葉がある。 「原発廃止・エネルギー転換の実現は未来への希望です」。 この法案は、原発廃炉への筋道を示し、 再生可能エネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロへの道(1)

【原発ゼロへの道】~立憲民主党制作~ 小生が立憲民主党・山崎議員にに提言し制作いただいたもの・・ 1分半の短い映像なので、説明不足ぎみ・・・ https://cdp-japan.jp/movie/20180620_0476 この映像は小生が描いていたものとはほど遠い為、 以下立憲民主党には再提言した。 『原発の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民の声が政治を動かす!

「新潟県出雲崎町でも政治に関心がなかったような町民が 原発問題で強く意見を言うようになった」 ⇒これが町長を動かす原動力に!  小さな声でも出し続ける事が政治を動かす・・・  知っていて声を出さないのは罪!  以下、小林則幸・出雲崎町長のインタビュー。 -日本原電東海第二原発の再稼働を巡り、立地自治体以外の半径30キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何なんだよ、この国は!

東海村元村長「安全神話に安住している国に安全はない!」 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180418-00012153-jprime-soci 日本には原発を作る技術はあるけれど、それをコントロールする能力がない。 思想もない。1999年のJCO臨界事故と2011年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の無い国へ

以下たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載 ◆原発ゼロ推進強調 小泉純一郎元首相、水戸で講演(約1500人) 小泉純一郎元首相は14日、水戸市千波町の県民文化センターで「日本の歩むべき 道」と題して講演した。 東京電力福島第一原発事故後に持論とする「原発ゼロ」について、政府の原発 政策を批判した上で「ピンチをチャンスに。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国は東電を破綻処理すべき

東電へ国が貸し付けた公的資金は13.5兆円となった。 回収までに34年かかるという・・・ この金は国債を発行し現金化して東電に貸し付ける。 まさにこの金は国民の金に他ならない・・・ 原発事故の対策費は今後更に増加し70兆円程度とも言われている。 以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載。 “東電は存続よりも破綻処理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これでは国が立ちゆかぬ

産経新聞の社説が原発ゼロ法案に対し 「これでは国が立ちゆかぬ」と論評された。 原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)が 産経新聞社に対し、以下の反論をしたが 産経新聞は回答を拒否・・・ 原発推進こそ国が立ち行かぬ! 原発即時ゼロでなければ国が立ちゆかぬ! ーーー以下は原自連メルマガを転載ーーー ―…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロへの道

立憲民主党が今国会で『原発ゼロ基本法案』を提出する。 1か月程度をかけ、日本全国でダウインミーテングを実施中だ。 https://cdp-japan.jp/news/929 しかし、原発ゼロ実現には大きな課題がある事も事実。 小生の以下のコメントを立憲民主党にも伝えたい。   ----コメントーーー 原発ゼロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギー政策を転換せよ 

以下は東京新聞の記事を転載 ◆エネルギーの政策転換せよ 中西裕二 (東京都品川区) 小泉純一郎元首相が、政権のエネルギー政策に怒りをぶつけた。 よくぞ言ってくれたとの思いです。 中国でさえ、再生可能エネルギーへと舵を切り、 トップランナーになる世界戦略を打ち出している。 再生可能エネルギーへの政策変更は、膨大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロ基本法案

以下は原自連のメルマガの抜粋・・・ 「原発ゼロ・自然エネルギー推進基本法案」を発表いたしました  └──── 木村 結( 原自連事務局次長・東電株主代表訴訟事務局長) メルマガ13号でお知らせしておりました通り、1月10日に記者会見を行い、 表記法案を発表しました。 前日になってから記者会見に出席希望の電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪の巣窟

衆議院議員会館で東海第二原発の再稼働について 経産省と市民との院内交渉に参加。 日本原電が保有する敦賀第1原発と東海第1原発は廃炉が決定 敦賀第2原発は直下に活断層があり、再稼働は絶望的。 残るは東海第2原発にも 日本原電は生き延びを図る為に 40年も経過した古い原発を 東海第2原発の20年延期を規制委員会に申請し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立憲民主党と原自連の対話集会

【立憲民主党と原自連の対話集会】 いよいよ今国会に立憲民主党が『原発ゼロ基本法案』を提出する。 原自連(原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟)と 立憲民主党エネルギー調査会と市民との間で対話集会が 衆議院議員会館で開催された。 立憲民主党は開かれた党として、 今後市民との意見交換を全国で開催していくと言う。 菅元総理も顧問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロ基本法案

【原発ゼロ基本法案発表記者会見】 いよいよ今国会に立憲民主党が 『原発ゼロ基本法案』を提出する。 衆議院議員会館で開催された記者会見に参加した。 原自連(原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟)と 小泉元総理、細川元総理らが記者会見に臨んだ。 80%の国民は原発に頼らない社会を望んでいる。 今国会で議論される事によっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力から脱却しない日本は二流国に

今のアベ政権が進める原発推進が 日本を二流国家にしてしまう。 アベ政権を変えない限り、日本に新しいイノベーションは起きない。 アベ政権を変える事こそ、日本を活性化させる事につながる・・・ 「今年こそイノベーションせよ」は以下ご覧ください。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2017-12-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然エネルギーが加速!

アメリカ・ニューヨークでも原発の代替エネルギーとして 自然エネルギーの大規模な送電計画が進行中だ。 こうした自然エネルギーの役割拡大の背景にあるのは、 継続的に進む劇的な価格の低下。 アブダビでは太陽光発電が2.42セント/kWhという低価格を実現。 サウジアラビアでの入札には、1.78セントという応札があった。 風力発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロ法案

立憲民主党が公約通りに 『原発ゼロ法案』を今国会に提出する。 国会で議論する事は 80%以上の国民が原発はいらないと言っているにも関わらず 再稼働を推進する自民党の政策を 際立たせる為にも大事な事・・・ 世界の趨勢と、国民の民意ともかけ離れた自民党にNoを!    ーー以下は東京新聞の記事の一部を転載ーー …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再生可能エネルギー時代へ

原発はいらない! 原発時代は終焉した! 再生可能エネルギーとストレージとの組み合わせで 安定な電源となる。 メガソーラー(大規模太陽光発電所)や風力発電所などの 再生可能エネルギーに併設するタイプのストレージの導入が 海外で活発化してきた。 韓国も中国も再生可能エネルギーが 原発に代わる『脱炭素』のエネルギー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省は国政をゆがめている

たんぽぽ舎のメルマガを転載    ---以下転載ーー これからどうなる?どうする?「日本の原発」    12/2新潟集会:徹底討論と熟議―泉田・河合・嘉田の3人   原発を即時とめよう、経産省は国政をゆがめている、     衆院選で自民党から立候補し、当選した泉田前知事と古賀茂明さんの対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発廃炉を産業に

何故原発のある地元住民が原発の再稼働に 賛成するのだろうか? 雇用が無くなり、地域が衰退するからとの思いからであろう・・ しかし廃炉にしたとしても地元での廃炉産業は30~40年も続く・・・ その間に新たな産業をおこせばいい・・・ 時間はたっぷりある。人口の構造も変わるだろうし・・・ その疑問を83歳の東京の女性が新聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛り上がる立憲民主党

【盛り上がる立憲民主党】 14日に、新宿の立憲民主党大作戦・枝野ゆきお街宣の様子。 今回の総選挙では原発政策を投票選択の参考としたい。 原発ゼロ基本法の策定まで踏み込まなければ 原発は無くならない・・・ そういった意味では立憲民主党の政策がいい。 言葉だけに騙されてはならない。 どう実現するかのプロセスが大事・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟

以下はたんぽぽ舎のメルマガを転載 原自連=「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」の使命 1.原自連の使命 原自連会長 吉原 毅(城南信用金庫顧問) 東日本最大震災による福島第一原発事故が起きてから6年が経過しました。 日本人は、過去のことを忘れやすいと言いますが、私たちは、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発は消えろ!

以下の二つの新聞記事から 原発はあってはならない存在である事が理解できる 原発無くともエネルギーは足りる。 この10年でビルの省エネが格段に進化する バッテリーの技術革新がすさまじい・・・ 原発は益々安全性への負担が重くなり 採算が取れなくなる・・・ 原発は消える運命!(早く消えろ!!) ◆「2025…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「脱原発党」の誕生?

菅さん(菅直人元首相)が原発事故から日本を救った! 菅さんには感謝しなければならない・・・ 菅さんが再び、日本を救えるか?? 民進党が脱原発を打ち出せないなら 民進党が共産党や自由党との野党連合を組まないのであれば 菅さんや小泉さん、細川さんらに大きな期待を持ちたい・・・ ただ、野党票が分散・分裂してしまい、結果的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界中が脱原発に!

【世界中が脱原発に動いている!】  ~日本だけが逆行!バカ首相の下でのバカな政策~ ●既に全廃を決めた国:オーストリア、イタリアなど ●計画時点で撤退:チリ、インドネシア、ベトナム、シンガポールなど ●将来的に全廃:台湾、ドイツ、スイスなど ●計画を延期:タイ、マレーシア ●論争中・一部撤退:アメリカ(カリフォルニアは将…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロ・自然エネ連盟

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載。 原発ゼロ・自然エネ連盟 発足 小泉元首相「国民運動に」 各地で活動する脱原発や自然エネルギー推進団体の連携を目指す全国組織「原 発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」が14日発足し、東京都内で記者会見を開いた。 顧問に就任した小泉純一郎元首相は「自民党と革新勢力双方の支持者を巻き込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏魔殿の経産省前の今…

【伏魔殿の経産省前の今…】 ~経産省よ 恥を知れ~ 脱原発テントがあったところの座り込みは 禁止になったという。 今も経産省の正面に座り込みの 原発反対の抗議を続ける善良な市民たち・・・ 経産省の役人は必ず目にする光景だ。 伏魔殿の経産省は今もウソの上塗りを続けているが、 このウソは既にばれ始めている。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more