テーマ:原発

戦略ない原子力政策

日本のエネルギー政策には呆れる。 世界の趨勢からも取り残されている。 中国は2040年には全体の60%以上を再生可能エネルギーに実施するという 以下はネットのニュース記事の一部を転載。 橘川武郎・東京理科大イノベーション研究科教授は13日、都内で講演し、 日本では現在、長期的視野に立つべき原子力政策の議論が行われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発推進の地獄穴

【『原発推進の地獄穴』と『原発ゼロの落とし穴』】 国際環境経済研究所理事・竹内純子(元東電社員)が 『原発ゼロ法案の落とし穴は何か』という記事を産経新聞に掲載した。 https://t.co/2wZNeqgsh9 彼女の視点は一方的な見方。 以下反論したい。 原発を使うリスクと使わないリスクと どちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発マネーへの依存を止めよ

経産省エネルギー庁の役人と意見交換する機会が2度あった。 経産省役人には以下を伝えた。 エネルギー基本計画は民意には程遠く、 世界の趨勢からも置き去りにされている。 又、高レベル放射性廃棄物の地層処分候補地を見つけたいなら 先ずは原発を止め、これ以上の放射性廃棄物を増やさない事を 宣言し、経産省への不信感を払しょくさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射性廃棄物の地層処分への疑問

高レベル放射性廃棄物の地層処分について NUMO(原子力発電環境整備機構)が対話型の全国説明会を開催している。 西国分寺と横浜での開催に参加した。 意見や質問をまとめ、経産省とNUMOにメールで再提出した。 関連ブログは以下ご覧ください。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2018-02-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射性廃棄物の地層処分

放射性廃棄物の地層処分の対話型全国集会に参加した。 このプロジェクトは数万年間という途方もない期間 原発から出た、高レベル放射線廃棄物を 生活圏から隔離し安全なレベルまで放射線量が下がるまで 地層500m地下に保管しようとするもの。 原発事故以降、放射能に対する不安や国への不信感から 手を挙げる自治体は皆無・・・ この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロ法案成立の為に知恵を

【立憲民主党さまへのお願い】 ~原発ゼロ法案を如何に成立させるかの知恵を!~ 立憲民主党は『原発jゼロ法案』を3月9日に国会に提出する。 これからは法案がを成立させる為 にどうやればいいかにシフトする事が大事。 考えられる全てを行う事を期待したい。 例えば、 国民対応:『原発ゼロへの道』といった分かり易い 5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射性廃棄物の地層処分説明会

【高レベル放射性廃棄物の地層処分説明会】 原子力発電環境整備機構(NUMO)は、経産省資源エネルギー庁と共催で、 国が公表した「科学的特性マップ」の説明や質疑応答を通じて、 高レベル放射性廃棄物の地層処分に関する理解を深める為の説明会を開催。 参加を申し込み、以下の意見も提出した。 1.放射性廃棄物の処分方法の議論す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省のエネルギー基本計画を否定!

【経産省のエネルギー基本計画を否定!】 ~外務省・気候変動に関する有識者会合の提言書~ 経産省に対抗する形で外務省が有識者を集めて、 日本のエネルギー政策の提言書をまとめた。 経産省のエネルギー基本計画を否定。 この提言書が今後国会でも議論され、 経産省と官邸を動かす事を期待したい。 立憲民主党が今国会に提出す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発コストの欺瞞を国会で追及

【原発コストの欺瞞を遂に国会で追及!】  ついに立憲民主党の山崎誠議員が 原発コストの欺瞞について 本日国会の予算委員会で質問してくれた! 小生からもお願いしていた事案だ。 質問時間は不足し、十分に議論はできなかったが 継続的に他の委員会等も追及・質問するとの事・・・ 山崎議員んじょ原発コストの質問に対し、 世耕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロ基本法案タウンミーテング

【原発ゼロ基本法案タウンミーテング】    ~国会で原発コストの欺瞞の追及を~ 横浜市で開催された立憲民主党主催のタウンミーチングに参加した。 約200名の市民(県民)が参加し、熱い議論が行われた。 小生も最後に確認しようと挙手したが、時間切れとなったが、 終了後に事務局長の山崎誠議員に原発コストの欺瞞を 国会で追及いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本と日本人は消えてしまう

たんぽぽ舎からのメルマガの一部を転載。 ○原発をなくさないと 日本と日本人は消えてしまう                                    広瀬 隆(作家)                     (前略) 40年前、当時の西ドイツにあったケルン原子炉安全研究所の極秘レポートが 暴露され、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省は悪の枢軸

またもや経産省が原発増設に向けて動き出した。 日本国民の80%は原発はいらなと言っている。 にも関わらず、前回の総選挙で自民党が負けなかった事を理由に 国民の原発反対の意思は無かったとものと 都合の良い解釈をしている。 原発輸出を推進しているのも経産省 輸出先で原発事故が起きれば 日立もそして日本国家までもを破綻する事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈黙は一番の悪

【そもそも総研 ウーマンラッシュアワー特集!】 『沈黙は一番の悪』 『笑っているけどお前らのことやからな』 原発、沖縄、政治をテーマにした ウーマンラッシュアワーの漫才が今反響を呼んでいる。 そもそも総研で、この漫才について解説を行った。 詳細は以下をご覧ください。 http://www.asyura2.com/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事故処理費用は70兆円!

【福島原発の事故処理費用は70兆円!】 ~原発コストは6円~42円/kwhもアップする~ 当初政府が見積もっていた廃炉費用の 11兆円から約7倍に跳ね上がった。 アメリカのある機関が算出していた 廃炉費70~80兆円とも近い。 政府は原発コストは廃炉費用1兆円上がる毎に 0.1円/kwhアップするとしていたので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発26基相当の省エネ実現

【原発26基相当の省エネ実現!】 ~更なる省エネと再生可能エネルギー+ストレージによって、 原発の存在そのものが不要となる~ 全国10地域の電力会社で今夏、 年間で最も電力使用の多いピーク時の使用量が、 東京電力福島第一原発事故前の2010年夏に比べて 約15%減ったことが分かった。 減少幅は原発26基分に相当する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通常の原子炉の廃炉に90年

【通常の原子炉の廃炉に90年以上!】 ~そして炉内構造物や制御棒の地中処分の管理に400年以上~ これまで正常でも廃炉ができた原子炉は 世界にまだ1基もない。 イギリスの例では、解体しようにも高線量のため 本当は「90年後」の見通しも立っていない。 (添付写真は毎日新聞2013年8月19日) 原子炉の建設は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再生可能エネルギー時代へ

原発はいらない! 原発時代は終焉した! 再生可能エネルギーとストレージとの組み合わせで 安定な電源となる。 メガソーラー(大規模太陽光発電所)や風力発電所などの 再生可能エネルギーに併設するタイプのストレージの導入が 海外で活発化してきた。 韓国も中国も再生可能エネルギーが 原発に代わる『脱炭素』のエネルギー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビジョンなき国家は没落する

たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載。 慌ただしい年の瀬に、 目立たないが気になるニュースがふたつ流れた。 ひとつは国の「エネルギー基本計画」見直しのなかで、 「経産省が原発新設の議論に着手した」というニュース。 もうひとつは「東京電力が原子力事業を今後も安定的に続けるため、 国に経営環境整備を求めた」というニュースだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の終焉

原発の時代は既に終焉した。 原発が安い、クリーン、安全という事は幻想(偽り)。 以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載。 【原発は絶滅の危機に瀕している!】    原子力ルネッサンスの時代は完全に終了した   マイケル・シュナイダーの「世界の原発展望」 日刊工業新聞の2017年12月10日号の記事は「原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省は国政をゆがめている

たんぽぽ舎のメルマガを転載    ---以下転載ーー これからどうなる?どうする?「日本の原発」    12/2新潟集会:徹底討論と熟議―泉田・河合・嘉田の3人   原発を即時とめよう、経産省は国政をゆがめている、     衆院選で自民党から立候補し、当選した泉田前知事と古賀茂明さんの対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射性廃棄物の処分場がない

放射性廃棄物の処分場が無い 廃炉すら行き詰る・・・日本の原子力政策 再稼働を目論む電力会社や日本原電等には呆れる他ない・・・ 以下は東京新聞3面記事から抜粋 ◆低レベル廃棄物 処分場どこに… 浜岡原発 廃炉行き詰まり懸念 中部電力(名古屋市)は2日、解体・廃炉作業が続いている浜岡原発1、 2号機(静岡県御前崎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省の大うそ!

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を掲載 「核燃料はリサイクルできる」という神話>を    信じるふりの経産省大嘘つき!   去る11月24日の院内ヒアリング集会「核燃料サイクル、日米原子力協定、 エネルギー基本計画」で経産省(資源エネルギー庁)の「核燃料サイクル推進」 方針を確認した。 が、それらの実現性については…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海第2原発を廃炉にせよ

以下は京都新聞の社説から これがまっとうな意見だろう・・・ 日本原電は既に不要となった組織。 解体した後に廃炉事業を誰が担うのかが課題・・・ 【東海第二原発  廃炉を進めるしかない】   再稼働や運転延長だけが、延命の道ではあるまい         (12月2日京都新聞「社説」) https://headlines…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本列島の全原発が危ない!

DAYS JAPAN 1月号増刊号 『日本列島の全原発が危ない!』 壊滅的な大事故が迫っている! 第1部は『超巨大活断層「中央構造線」が動きだした!』 第2部は『住民は避難できるか』 第3部は『使用済み核燃料と再処理工場が抱える「世界消滅の危機」』 川内原発、伊方原発 美浜原発、東海第二原発 浜岡原発、若狭の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全ての原発を廃炉に!

日本原電にしても関電にしても 狂っているとしか言いようがない・・・ 単に、企業の存続のみを主張し 市民・国民の生存権(存続)を無視している・・ 日本企業もモラルハザードは甚だしい・・・ 原発事故後、原発を一基も稼働させていない 日本原電が存続すれば、それを支える東電はじめ 他の電力会社の財務体質が悪化し、 電気料金ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党の原発政策

今回の総選挙では原発政策を 投票選択の参考としたい。 原発ゼロ基本法の策定まで踏み込まなければ 原発は無くならない・・・ そういった意味では立憲民進党の政策がいい。 言葉だけに騙されてはならない どう実現するかのプロセスが大事・・・ 自民党及び日本のこころは論外! 以下はたんぽぽ舎からのメルマガの一部を掲載 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発対応、日米に大きな差

以下はたんぽぽ舎のメルマガを転載。 「台風とハリケーン」日米原発の対応に大きな差    ~米国は十分な対策があると自信を持っていたとしても原発を「予防停止」~       ◎9月に襲った台風とハリケーン 2017年9月に日本に襲来した台風18号は、史上初めて九州、四国、本州、北海 道すべてに上陸した台風だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発とミサイル

東京オリンピック開催中に北朝鮮からミサイルが発射され J-アラートが出る可能性も否定できない。 日本には、放射能の被曝や 原発や米軍基地へのミサイル攻撃、 東南海地震や東京直下型地震の可能性 大型台風により水害や風害等 治安や防衛、自然災害の面で不安が多い・・ ミサイル標的の危険な原発を止めるのが先だ! そしてオリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電株主総会(上)

東電の定時株主総会に出席したたんぽぽ舎の方のレポートが届いた。 非常に興味深い内容だ。 東電役員からはの回答はまともなものだが その回答にはいずれも驚愕するもの。 1.原発はミサイルには耐えられない 2.新々・総合特別事業計画は実現不可能 これでも原発を捨てないという東電に明日はあるのか?? ーーー以下はた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本と再生

【日本と再生】 ~光と風のギガワット作戦~ 原発事故であぶりだされた原発利権構造。 河合弘之監督(弁護士)、飯田哲也監修の映画を観た。 ドイツ、中国、デンマークに比較し、 日本はエネルギー政策で2周遅れの現実を 目の当たりにした。 ドイツの風力発電は6Gw(原発6基分)で日本の2倍、 中国では125GW(原発12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more