テーマ:規制庁

モニタリングポスト撤去反対!

【モニタリングポスト撤去反対!】 12月7日に開催された市民団体と 規制庁との院内集会に参加。 福島県選出の金子議員も応援に駆け付けてくれた。 来年度予算について規制庁に質問したところ、 例年通りモニタリングポスト維持費に6億円、 移設に1億円の予算請求しているとの事。 但し、撤去の最終判断は規制委員会のメンバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省寄生庁

【原子力規制庁はやはり経産省寄生庁だった!】   ~原子力規制庁の独立性は崩れた!~ 原子力規制庁が東海第二原発の20年間延長を認めたのは 経産省が『日本原電を潰さない』といった事への忖度(繋がっていた!) だった事がEテレの報道で明らかになった。 最も古く、周辺には核燃料工場等12か所の 原子力関連施設があり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力規制庁への苦言メール

二本松で開催されたモニタリングポスト撤去に関する 説明会を受けて以下原子力規制庁(経産省寄生庁)にメールを入れた。 尚、規制庁役人は実名を記載した。 原子力規制庁・監視情報課    武田松次課長殿    滝田敏宏課長補佐殿 cc広報室    ××××殿→庁内で回覧ください。 福島県・放射線監視室     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モニタリングポストの撤去は住民が決める!

【モニタリングポストの撤去は住民が決める!】 この説明会に参加、意見も2回述べた。 参加者全員が撤去に反対した。 規制庁からの説明資料には撤去理由は何の記載もなく、 非常にお粗末なもの(怒り)。 福島県民を愚ろうしていると言わざるを得ない。 そして撤去の理由は口頭で放射線が安定(高止まり)してきたからという。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

規制庁は死んだ

最も危険と言われている東海第二原発の20年延長を認めた規制庁 事故が発生すれば関東、南東北の5500万人に影響を与える。 こんな規制庁はいらない・・・ 以下たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載 【原子力規制委員会が死んだ日】   老朽で傷だらけの東海第二原発の審査のひどさ、    5人の委員の質問レベルの低さ   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霞が関の常套手段に騙されるな

規制庁はモニタリングポスト撤去に関し、福島県内の全市町村で 住民との説明会を開催してる。 是非、規制庁には以下反論して欲しい。 霞が関の常套手段に騙されてはいけない。 良識ある市民の力で規制庁の方針を撤回させよう!                      1.復興庁が10年でなくなり予算がつかなくなるはウソ。 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モニタリングポスト撤去に関する住民説明会

【モニタリングポスト撤去に関する住民説明会開催】 福島市、郡山市、会津若松市等が開催日が確定した。 是非多くの住民の意見を腐り切った規制庁の役人にぶつけましょう。 各市のHPから参加申し込み必要。 郡山市は既に受付終了のようですが・・・ 他の市町村は随時日時が決定されるはずですから、 規制庁のHPを随時チェック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腐り切った規制庁

【腐り切った規制庁の常套手段に騙されるな!】 先日の参議院会館での規制庁への市民団体からの 継続配置要請時の状況(ある方のFBから)から規制庁の本音が暴露された。 霞が関の常套手段に騙されてはいけない。 良識ある市民の力で規制庁の方針を撤回させよう! ・復興庁が10年でなくなり予算がつかなくなるはウソ。  (縮小は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海第二原発を廃炉に!

東海第二原発は東京から最も近く 水戸市や日立市等の人口の大きな都市が近隣に多い 日本で最も危険な原発と言える。 単なる日本原電の存続させる為に 再稼働を許容しているとしか見えない。 人の命よりも企業の命を選んだの日本政府   --以下たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載ーー 東海第二原発適合性審査の異常さ、規制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島切り捨てを始めた規制庁

以下たんぽぽ舎の」メルマガの一部を掲載 「環境放射能モニタリングの見直し」で帰還を促進    ~住民の要求よりも、節約して放射線量隠し~ またまた原子力規制委員会が住民に被ばくを強要する為の提言を決定した。 2月10日の原子力規制委員会定例会議の 議題5「環境放射線モニタリングの見直しについて」で、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力規制庁を福島の現地に移転せよ!

NPO放射能安全フォーラム(RSF)理事長のコラム。 小生の意見に共感していただいた。感謝! この中で以下がその一部。 尚、理事長は規制委員会の田中俊一委員長(元RSF副理事長)とは 非常に近い関係にある。 福島の現実をRSFの研修会等で メンバー(いわゆる原子力ムラのメンバーが多い)らに 伝える為に小生は2年前からR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

規制庁と環境省は福島に移転せよ!

環境省が森林除染を行わないと決定する一方で、 規制庁は全国の原発再稼働や法的根拠の無い 年間20mSvまでの帰還を容認し、 内閣府がなし崩し的に帰還を推し進める等、 県民切り捨てに県民は不信と怒りを抱えている。 これらは霞が関で決定される為に、 すべでが他人ごとで住民視点に欠けるからである。 政府は文化庁の京都移転方針…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

規制庁は福島へ移転を!

霞が関の官僚の劣化が進む・・・ 彼らは地方の現状を知らず、東京の一等地で働く 2020年の東京オリンピックまでには 原発事故が無かった事にしたい政府の思惑にそって 規制庁は原発再稼働と20mSv帰還容認を加速している。 こんな中規制庁を福島に移転することによって 原発事故の現地から日本のあり方を見る為にも 規制庁の福島への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more