テーマ:危機管理

横浜市からの防災・危機管理に関する回答

今後30年間に横浜市で震度6以上の地震の確率は82%と全国一高い。そして台風19号に見られるように、地球温暖化?の影響による多摩川や鶴見川の氾濫が予測される。また昨年年末のNHKが特集した首都圏直下型地震のシミレーション等を参考に昨年12月に横浜市の防災・危機管理に関する質問をしていた。 最初の質問に対しての再質問(1~18項目)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市からの防災・危機管理に関する回答

横浜市に迫りくる直下型地震や水害時の避難等の危機管理に関する質問や要望を出していたところ、以下の回答が届いた。市の了解を得て以下公開する。担当部門名や課長名も公の立場であり、緊急性のある避難等の情報を得る為には必須である事から氏名も公開する。 ×× ×様 このたびは、横浜市の防災・危機管理について、御意見をお寄せいただき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市の防災・危機管理対策を急げ(2)

横浜市危機管理室の危機管理課、防災企画課、地域防災課及び横浜市緑区総務課に先日の要望・質問に加え以下の追加要請と情報提供をした。 先日の要請は以下ご覧ください。 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2019-11-06 先日はありがとうございました。 2013年の若干古い情報(今も状況は変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市の防災・危機管理対策を急げ!

【横浜市の防災・危機管理対策を急げ!】 横浜市は今後30年以内に震度6以上の地震の発生確率が80%と日本一危険な街でもあり、今回の台風19号でも鶴見川の氾濫の危機的状況にあった。しかしハザードマップはできても、実際に避難するとなると、多くの問題がある事が判明した。そこで横浜市の危機管理部との意見交換(短時間)を実施し、以下メールで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハザードマップ作成だけが危機管理ではない

【ハザードマップ作成だけが危機管理ではない!】 ~国会や地方議会は国、県、市町村の責任を追及し対策を急げ~ 厚生労働省は、2018年9月に公共施設や病院などにつながる全国の主要な浄水場3521カ所を調査。 その結果、22%に当たる758カ所が浸水想定区域にあり、そのうち76%の578カ所は入り口のかさ上げや防水扉の設置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県からの回答(3)

福島県から回答が届いた。 質問内容については以下をご覧ください。 今年4月2~16日及び5月20日~31日まで、県北浄化センターの 脱水汚泥にヨウ素が検出されている原因等について福島県に 質問した。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08    ----福島県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県からの回答

放射能モニタリングの不具合に対する 福島県の危機対応のお粗末さに対し 福島県の再質問をしていたところ以下の回答を得た。 再質問内容は以下をご覧ください。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2015-05-10 ×× ×さま 福島県危機管理部の××です。 再度、照会のありまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県からの回答

モニタリングポストの不具合に対する対応のまずさに対する 改善要求をしていたところ、福島県から回答が届いた。 しかしながら、回答には具体的実効性に乏しい為に 再質問を行った。【再質問部】 質問内容は  http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2015-04-28      をご覧ください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発は構造複雑で対応不能

元東芝技術者が告発。 本日の東京新聞・こちら特捜部より。 元技術者だからこそ分かる原発の危険と安全の限界を訴える!  『複雑さは原発の重大な弱点だ!』                                                技術(開発・設計)を少しでもかじった人間なら、この事は理解できるが、 今の政治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電本店の無能さ!

吉田元所長が東電本店の対応を激しく批判! 東電はじめ電力会社には危機管理が できていない事が露呈! 想定外の重大事故で鍵を握るのは人間の判断力と行動。 如何に運転員が柔軟に対応できるかが問われている。 米国アカデミーも事故を想定した人材の確保と訓練の必要性を提言している。 しかし、東京消防庁の元幹部は、消防は日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more