テーマ:被曝

現在と事故前の放射線量を知ろう

【現在と事故前の放射線量を知ろう】 福島原発事故以降に福島県内の各市町村で実施されている 個人線量計(ガラスバッジ等)での外部被ばく線量の測定値に対し、 バックグラウンド値が過剰に引かれていないか大いに疑問を持っている。 そこで、現在の放射線量核種の測定を行い、現状を正しく理解する事を目的に、 京都大学が開発し、現在福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初期被ばくの衝撃

【初期被ばくの衝撃】(風媒社より発刊) ~あなたは、いつ、どこで、どれだけ被曝したか?~ 3.11原発事故<消された被害>を追う。 山田 國廣 先生(京都精華大学名誉教授/環境学)の 「初期被曝の衝撃」の発刊を記念の集会に参加した。 初期内部被曝線量(甲状腺等価線量)が明らかとなった。 是非、この本を読んで欲しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二本松市の情報隠ぺい!

【二本松市の情報隠ぺい!】 ガラスバッジでの追加外部被ばく線量の結果が 矮小化されていないかと、 個人が特定できない範囲で公文書開示請求を行っていたところ、 不開示決定通知が届いた。 その理由はアベ晋三や官僚と同じ論理。 個人情報保護条例があるにも関わらず、 その理由は条例を無視した回答。 個人情報のなんたるかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外部被ばく線量値のウソ(3)

二本松市のアドバイザーに二本松市でのガラスバッジによる 外部被ばく線量値に関する疑問について質問しているが 未だに回答が来ない。 更に以下を追加質問した。 ××××さま  cc×××さま    ××××さま    ××課長殿 先日の質問についてまだご回答いただいておりませんが、如何でしょうか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外部被ばく線量値のウソ(2)

福島県内の各市町村が実施しているガラスバッジによる 外部被ばく線量値の測定は、2~3か月間の測定結果に バックグラウンド値を差し引いて結果を通知している。 一般にバックグラウンド値とは原発事故以前の 自然放射線に由来する放射線量である。 このバックグラウンド値としているのは、 屋外に24時間いる場合であり、 更に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外部被ばく線量値のウソ

福島県内の各市町村は小・中学生や希望者を対象に、 ガラスバッジによる追加の外部被ばく線量を測定し、 本人にその結果を通知している。 各自治体によっては、測定する期間は2か月間、3か月間と様々であり、 ガラスバッジのメーカーも千代田テクノルと、長瀬ランダウアがある。 福島市と伊達市は千代田テクノル、郡山市と二本松市は長瀬ラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癌予防に役立つ食品

癌予防に役立つ食品の横綱(チャンピオン)は”にんにく” 大関級はキャベツ、ショーガ、大豆、ニンジン、セロリ。 その下に位置する野菜・果物がタマネギ、茶、玄米、 オレンジ、レモン、グレープフルーツ、ナス、ピーマン、 トマト、カリフラワー、ブロッコリー、芽キャベツ。 低線量被曝に対するがん予防にもなる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島医大論文のデタラメ!

9月9日、福島民報1面に18歳以下の甲状腺がん有病率に関する福島医大の 論文記事が掲載された。 『外部被ばくと関連性なし』という見出しに多くの県民が困惑し疑問をもった。 甲状腺がんはヨウ素による初期内部被ばくが主要因。 ヨウ素とセシウムの線量比は、地域によって大きく異なる事は東大等の調査で 明らかとなっている。 従い甲状腺が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20mSv帰還を国会で追及せよ!

国会の予算委員会で某議員に以下をお願いした。 福島県選出議員は一体何をしているのか!!! 県議会も嘆かわしい限り・・・ 福島の高線量地帯20mSvへの帰還問題についても質問してください。 『20mSv帰還を決定したのは当時の原子力安全委員会。 内閣府は専門家の意見を聴き、この提案を妥当として追随。 原子力復興本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島復興本社への要請

東電は1月1日に福島復興本社を設立した。 約1500名規模で本社はJビレッジ内。 企画・総務、補償相談、除染推進、復興推進、広報等で構成。 1200名規模の補償相談が主体 双葉地域の雇用促進も図るようだが・・・ 除染は130名と人数は桁外れに少ない! その概要が1月29日(火)第4回原子力委定例会議で 東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県民健康調査への疑問!

福島県が実施している県民健康調査の 県民からの調査票の回収率はいまでも20%台と低迷! 山下俊一や福島県や福島医大に県民が不信感を持っている表れ!! 浪江町の住民は最も線量の高い津島地区に12日間滞在し その後二本松市に避難した方の4か月間の 外部被曝積算値(実効線量)は4.8mSvと予想以上に低い。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東京に拡散したヨウ素131

ヨウ素131を追え! 先日放映されたNHKスペシャル『初期内部被曝』で 明らかとなった爆発当時のヨウ素の拡散。 3月15日には東京・神奈川を含め関東地域一面にも 拡散しているシミュレーションの様子が映し出された! 関東地域の子ども達もヨウ素を吸い込んでいる事は確実!! 国会で制定された『子ども被災者支援…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

内部被曝を掩蔽するマスコミ!

昨年の12月に自由報道協会で開かれた、 「激論!どーなる日本の報道」 ~田原総一朗 vs 自由報道協会」の シンポジウムの様子を ユーチューブにアップしたものが以下。 http://fpaj.jp/?p=5438 司会は田原総一朗(ジャーナリスト)。 パネラーには、 長谷川幸洋(東京新聞論説副主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more