テーマ:風評被害

『風評加害』と『風評被害』を福島県に質問

福島県に対し、小泉環境大臣が『風評加害』と発した言葉や政府や福島県が進める『風評被害』対策について以下質問した。回答は2週間以内に届くはず。 福島県  県民広聴室 ××室長殿 環境省が進める『福島その先の環境へ』という対話フォーラムで、小泉環境大臣から風評被害よりもっと悪質な『風評加害』という言葉が発せられました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風評被害・風評加害の言葉に騙されるな

ついに『風評加害』という言葉が小泉環境大臣から発せられた。原発事故の加害者は誰なのか?それは東電であり、国のはず。当時の左藤雄平福島県知事の『風評被害』という言葉に原子力ムラ(政府も)が飛びついた。この言葉は加害者である、東電や国の責任を消費者(国民)に転嫁する、彼等にとっては非常に都合の良い言葉。 環境省が進める『福島その先の環…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電と国は信用できるか?

トリチウム汚染水の海洋放出を政府は決定したが、福島の地元紙・福島民報の社説で風評被害に対する東電への不信感を掲載している。この事は小生も経産省に東電と国の不信感について伝えた事と一致している。 【経産省は国民をなめていないか!】は以下ご覧ください。 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2021-04-1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党はどこを向いているのか!

以下はある新聞記者のフェースブックより転載 『福島民報が「東京電力福島第一原発事故に伴う食品の安全規制を巡り、自民党東日本大震災復興加速化本部は21日、事故後の基準のまま運用されてきた出荷制限の妥当性を検証するプロジェクトチーム(根本匠座長)を設置した。安全側の厳格な基準によって野生のキノコや山菜などの出荷が今なお制限され、風評被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故を無かった事にしたい勢力

【原発事故を無かった事にしたい勢力】 以下はある方のFBから転載。 『原発事故による汚染を風評被害と呼ぶ者、 放射能汚染水を無毒であるやに処理水と呼ぶ者、 汚染地に住めなくなった人を自主避難者と呼ぶ者、 そして何より、今なお続いている原発事故の存在と記憶を 消す政策のことを復興との綺麗な言葉で覆い隠して呼ぶ者、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矛盾だらけの福島県

【矛盾だらけの福島県】 福島県庁の原子力安全対策課、放射線監視室、広報課、オリンピック・パラリンピック推進室の 課長・室長、主幹、主任らに以下を伝えてきた。そして念の為メールも入れた。 そのメールの一部を以下公開する。 今日から福島県知事選が告示された。 『未だに緊急事態宣言が発令されたままで、20mSv/yの現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風評被害の罠(2)

昨日、渋谷の国連大学で開催された『アップディト福島』のシンポジウム終了後に 環境省の森本事務次官と名刺交換させて いただいたので、 日頃の問題点の一つ(多くの問題点はあるが、 今回は風評被害という言葉に絞って・・)についてメールを送ってみた。 返信は無いだろうが、環境省内や他の省庁で問題として認識して もらえればよい・…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more