テーマ:汚染水

ALPS汚染水処理に関するパブリックコメント提出

【諸悪の根源は経産省】 バブル崩壊後、済経成長の戦略を描くべき経産官僚は何一つとして成功していない。原発政策、エネルギー政策は大失敗!自らの罪は国民に負わせる無責任極まりない省庁だ!そして今アベ腐敗政権にハエのようにまとわりつく。ハエ追放こそが日本再生につながる! 『エネルギー政策は国家の欺瞞なり』、『経産省は諸悪の根源』。経産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資源エネ庁・原子力発電所事故収束対策室殿

【資源エネ庁・原子力発電所事故収束対策室殿】 福島第1原発のトリチウム汚染水の対策をしているエネ庁の対策官に以下のメールを出した。(公人なので実名でだします) 資源エネ庁・原子力発電所事故収束対策室  奥田修司策官殿 cc伊藤係長殿(室長や関係者にも転送ください)   経産省・エネ庁の小員会の議論(結論ありき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム汚染水問題は謝罪し全原発を止めてから議論せよ!

【トリチウム汚染水問題は謝罪し全原発を止めてから議論せよ!】 以下のメールをエネ庁に送付した。 資源エネ庁・原子力発電所事故収束対策室   ××係長殿(室長や関係者にも転送ください) トリチウム汚染水問題が国民や福島県民にいつまでも受け入れられないのは日本政府のエネルギー政策(原発の安全神話崩壊、原発の推進、核燃料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム汚染水処理に妙案

経産省・エネ庁の小委員会がトリチウム汚染水処理に対し、従来案の3案を事務局が示してきた。この案に呆れる他ない。そんな中である市民がボトルに詰めたトリチウム水を東電及び国家公務員(特に経産省や規制庁の役人)に1日1リットルを飲んでもらったらどうかといった提案には全面的に賛成したい。小委員会の第4案に乗せてもらう為にエネ庁に早速提案した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム汚染水の処理について

【トリチウム汚染水の処理について】 羽鳥慎一モーニングショー 2019年9月25日で 原発事故で溜まるトリチウム汚染水について 賛成派反対派の専門家が意見を述べた。 玉川氏は真っ当な発言。 安全だたら安心とは言えないと言うのは 人間が本質的に保有している防衛本能。 (個人の価値観を理解した発言) 残念なが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染水処理問題は破たんしつつある

以下はタンポポ舎のメルマガの一部を転載 トリチウム汚染水の処理(海洋放出)も破綻しつつある。 【破綻しつつある!アルプス(多核種除去設備)処理水問題】 12月8日、東電は「汚染水をためるタンクが3年後には満杯になる」 の見通しを明らかにした。翌日、各紙は一斉に報道した。 この問題の背景にあるものを探った。 第一原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『朝まで生テレビ』の罪

【『朝まで生テレビ』の罪】 当日は睡魔には勝てずに生TVは観ていない。 あのメンバーでの発言内容は想像できた・・・ 公開されているビデオを観てびっくり・・・ https://www.youtube.com/watch?v=6QBf_d6bVak 東工大澤田氏のトリチウムに関し『希釈すればいい』という従来型発言 (原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃炉はいばらの道

以下は某学者のFBからの転載 『炉心貫通(メルトスルー)して格納容器の底に散らばったデブリを取り出す技術は世界のどこにもありません。 米スリーマイル島原子力発電所の過酷事故では、溶け落ちた燃料棒がまだ圧力容器の中に残っていて炉心貫通(メルトスルー)しませんでした。 したがって、圧力容器を水で満たし、遠隔ドリルで圧力容器(厚さ2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム海洋放出問題の闇

以下はある方のFBより転載・・・ 経産省を信用する事はできない! 彼らの手先となった小委員会メンバー 【トリチウム海洋放出問題の闇】 福一の汚染水処理について。 8月には海洋に流すとされた汚染水にトリチウム以外の核種が 基準値以上に含まれていることが判明した。 それを受けて8月31日に郡山市で公聴会が開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪批判が高まる

以下はたんぽぽ舎からのメルマガの一部を転載 ドイツは東京オリンピックをボイコットするかもしれない・・・ 放射能で汚染された会場や海洋・・・ ウソだらけの誘致合戦での 東京オリンピックは返上し、 その金を日本国土に防災や被災者支援に使うべきだ! 国際社会は日本による「放射能垂れ流し」をいつまでも放置しない   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウムは白血病を誘発する

【トリチウムは白血病を誘発する】 玄海原発は全国一トリチウムの放出量が多く、 トリチウムは海水、大気、海産物を汚染する。 さらに、動物実験ではトリチウムは白血病を誘発する。 玄海原発は全国一トリチウムの放出量が多い。 また、玄海原発での調査・研究はないが、 内外の原発周辺での調査では、トリチウムは 原発周辺の海水、大気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウムの恐怖(2)

【トリチウムの恐怖】 トリチウムの怖さが以下に丁寧に解説されている。 http://www.inaco.co.jp/hiroshima_2_demo/pdf/20140307.pdf 「核施設から液体の形で海や湖、川に放出されるトリチウム⽔が危険な理由は、 HTOが海や川の⽣物の中に取り込まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省への不信感

トリチウムを含んだ汚染水を海洋放出を前提として 風評被害対策を主に議論している小委員会・・・ この小委員会のメンバーがあまりにも トリチウムの健康被害に関しては無知・無能 以下の意見書を小委員会事務局に提出した。 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会事務局殿 福島第一原発の汚染水トリチウムの健康への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウムの恐怖

原発から出るトリチウムを含む汚染水は海洋放出されている。 福島第一原発に溜まったトリチウムを含んだ汚染水も 規制庁や経産省が海洋放出する方向で検討している。 昨日と一昨日、富岡と郡山そして東京で開催された 公聴会で45名中44名が海洋放出に反対の意見を述べた。 しかしながら、経産省の傘下の小委員会のメンバーが トリチウム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム海洋放出の結論急ぐな!

【トリチウム海洋放出の結論急ぐな!】 トリチウム海洋放出はこの機器(新技術)が実用化できるまで待つべき。 急いで結論出す必要はない。 海上にも中間貯蔵施設建設場所にも汚染水タンクは建設可能だ! << トリチウム、ほぼ100%分離 >> トリチウム アルミで除去 近畿大など新技術 近畿大などの研究チームが放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染水トリチウムの海洋放出は許されない

福島第一原発の汚染水トリチウムの健康への影響が懸念されている中、 経産省は健康への影響は無いとして海洋へ放出しようと模索中だ。 風評被害は金で解決できるが、健康や命は金で解決できない。 以下は原子力市民委員会 の声明文の一部。 『放射性物質の毒性については、すべてのことが解明されているわけではない。 トリチウムの害につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染水対策は福島県が仕切れ

福島第一原発の敷地に溜まった汚染水(トリチウム)を 太平洋に放流するとする案を規制庁が示している。 トリチウムについてはその危険性が議論されつくされたとは言えない。 その判断を国(経産省や規制庁)に任せていては 福島第一原発事故の二の舞になる。 そこで福島県が独自の第三者検討委員会を立ち上げるべきとの提案を 福島県・原子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム放出の危険

原子力規制委員会の暴走が止まらない。 更田委員長が原発事故で溜まったトリチウム水を 海洋放出する事を検討していると発言 この発言に対し、多くの市民団体抗議している。 その抗議文が以下・・・ 来週早々にの規制委員会に提出される。 賛同する団体は『脱原発福島ネットワーク』に連絡を!   ---以下転載ーーー トリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウムの危険性(2)

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載 東京湾、仙台湾の深刻な汚染    さらにトリチウム放出の危険   平成26年3月に海上保安庁が行った日本近海の放射能調査報告書の24年(2012) のセシウム137の海水濃度の抜粋があります。セシウム137は半減期が30年 で現在も汚染が心配されています。今年になっても…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

汚染水タンクの破綻!?

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載する。 【来年3月頃には、タンクによる汚染水貯留は破綻する計算  タンク空き容量が減少一途の福島第一原発】 フクイチのタンク内汚染水の貯留量が、9月以降、急増している。 8月は4週間で約7900トンの増加だったが、9月は4週間で約1万6800トン、 10月は3週間で約1万8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危険な汚染水放出

福島第1原発の汚染水を地元漁業組合の 了解を得たとして海に放出し始めた。 トリチウムは多核種除去装置で取り除けないまま放出され、 魚介類や海水浴等を通じ知らぬ間に体内に入り、 内部被ばくによって白血病や脳腫瘍などの 発がんの危険性が高い。 トリチウムの放出基準値は1500Bq/リッターと 他の核種に比較し非常に大きい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今までの福島県からの回答

7月以降の福島県からの回答をまとめて掲載する。 汚染等に関する東電への質問(東電は回答拒否した為、福島県へ質問していた)と 福島県からの回答については以下 【汚染水対策等に関する東電への質問】 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2015-08-04 【福島県からの回答(4)~東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県からの回答(4)~東電は回答拒否~

東電へ汚染水対策等について質問していたが、 東電は回答をTELで拒否してきた。 文書で回答を求めたがそれも拒否! 東電の対応は、被害者や国民に対し真摯な対応とは程遠い!(怒り!) 東電が回答を拒否した事によって、東電は更なる信頼を失墜した事になる。 彼らが進めている、被害者との対話を自ら閉ざした事になる。 被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウムの危険性

トリチウムの危険性に関するサイトです。 じっくり学んでみましょう! 東電がトリチウムの汚染水を海洋に排出する事に対する 是非を議論する上でも重要な課題。 学ぶ事から疑問やアイデア・対策が生まれる・・・・・ 1.トリチウム(三重水素)の恐怖 いちろうちゃんのブログ  http://tyobotyobosimin…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海は誰のものか?

汚染水問題は一漁業組合の風評被害や賠償問題ではなく、 消費者の命の問題であり、国際問題。 福島県は本問題については県漁連に丸投げ! 一体福島県は責任ある仕事をしているのだろうか? 福島県・水産課へ以下検討依頼した。    --福島県・水産課へ依頼ーー 福島県県漁連から以下の質問1~質問3について東電からの説明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more