テーマ:厚労省

感染症ムラ解体こそが最大のコロナ対策

医療ガバナンス学会委のメルマガを転載。まさにズバリ指摘してくれた。感染症ムラ解体、そして無能・無策・無責任で危機管理能力の無い自民党政権を変える事こそが最大のコロナ対策。尾身氏は責任を取れ! 【罪深い感染症ムラを、六波の前に解体することが最もコロナ収束に有効だ】 2021年10月1日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界で論じられているCOVID-19対策に関する考察(1)

毎日のようにアップデイトされている最新情報を、PCR検査を抑制してきた厚労省の技系官たち。彼らは如何に学んでいないかが分かる?彼らが学ばない事によって、日本国民の命は危機にさらされている。如何に日本のコロナ対策が非科学的であるか?日本は世界から学ぶべきだ。以下は医療ガバナンス学会発行のメルマガを転載。 世界で論じられているCO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の医療はこれでいいのか?

以下は医療ガバナンス学会のメルマガの一部から転載 この問題の根源はは非科学的で国民の命よりも利権を優先する感染症ムラと厚労省の悪行にある。 詳細は以下の中村祐輔の「これでいいのか日本の医療」のブルグをご覧ください。 https://yusukenakamura.hatenablog.com/entry/2021/06/20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感染症ムラ排除こそが最大のコロナ対策!

感染症拡大が止まらない。何が要因なのかの分析もない。ここ1.5年間この政権には科学という言葉はない。感染症むらが牛耳る感染対策が失敗したのは明らか。コロナ感染拡大を切り抜けるには、感染症ムラ以外の信頼できる感染症の専門医・学者の意見を公開の場で聞くような場を設定すべきだ。この事によって政府の政策が如何にずさんであるかを国民に知ってもらう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン被害者に補償せよ!

ワクチン接種後に死亡する人が増加している。厚労省は今までの公害被害を見ても因果関係は認めないだろう。この問題を放置せず、補償問題を国会で議論し、早急なる政治判断が必須だ。若くしてワクチンで殺させた本人と遺族はたまったものではない。ワクチンの安全性についても早急なる検証が必要だ。 以下はある医師のFBからの転載 7月21日厚労省の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立感染研究所からの回答

国立感染研究所から第2回目の回答が届いた。第1回目の回答に対する再質問であったが、個別の質問には答えられないといった第1回目の内容とほぼ同じ。質問内容は専門家に届いたのであろうか?第1回目の質問は以下ご覧ください。 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2021-07-05    ---第2回目の回答…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PCR検査数を増やせ

以下は「医療が限定資源である日本では、予算を投入して PCR検査数を増やすしかない」と主張する某大学名誉教授のフェースブックを転載。小生も全く同意であり、その関連記事もご覧ください。 【PCR検査の徹底拡大こそが経済をまわす】 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2020-08-09 【PCR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感染症ムラを解体せよ!

医療ガバナンス学会発行のメルマガを転載する。 以下の関連ブログもご覧ください。 【資金と情報を独占する感染症ムラ】 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2020-07-27 【PCR検査を抑えている元凶は厚労省と感染研】 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PCR検査を渋る厚労省の大罪

以下は医療ガバナンス学会発行のメルマガを転載する。厚労省を筆頭に感染症ムラの解体こそが、国民の命を守る。関連する以下の記事も一緒にお読みください。 【資金と情報を独占する「感染症ムラ」】 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2020-07-27 【厚労省は国家的殺×組織】 https://n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PCR検査の徹底的拡大こそ「経済を回す」

新型コロナ感染拡大防止の為にPCR検査が重要である事はWHOも認め、日本を除く全て国がPCR検査で感染拡大防止を実施し、その成果がでている。にもかかわらず、日本だけがPCR検査を否定する見えざる”悪”が潜んでいる。半年間も議論して、いまだにPCR検査を否定する集団がいる。これを『PCR検査害悪論』と呼ぶらしい。この”悪”は主に『感染症ム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資金と情報を独占する「感染症ムラ」

ようやく『感染症ムラ』がある事が、NPO法人医療ガバナンス研究所理事長・上昌広さんの記事に詳しく掲載されている。これが日本のコロナ禍におくるPCR検査を抑えている『感染症ムラ』の闇の実態!政府のコロナ対策の分化会のメンバー総入れ替えしないと日本人の命が救えない。国会を開いて追及せよ! 【資金と情報を独占する「感染症ムラ」】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚労省は国家的殺×組織!

PCR検査を抑えている元凶は厚労省と感染研である事を元厚労大臣の枡添さんも以下の記事で明らかにしている。 上さんも同じことを言っていたが、厚労省と感染研のガバナンスの問題として、具体的な言及は無かった。ようやく実態が見えてきた。 以下はその記事の一部を掲載。 『日本では、保健所の体制が貧弱であることなど様々な問題がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PCR検査とアビガンの背後にある闇

7月23日ののテレ朝『そもそも総研』でなぜPCR検査が進まないのかについて玉川さんが厚労省に取材してわかった事は 1.偽陽性者(最大でも0.003%)を間違って隔離してしまった場合に人権侵害になる事を怖れている。 2、また病院がひっ迫する?(たった0.003%でも?) といった理由のようだ。これが厚労省の相場観、職業倫理なのだとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PCR検査を抑えている元凶は厚労省と感染研

10日、東京都の新型コロナウイルス感染者数が243人と過去最多の数値であることが判明した。第2波への不安広まるなか、小池百合子都知事は「さらなる警戒が必要な段階」と懸念の色を示している。感染者の実数周知のため、肝となるのはもちろんPCR検査だが、日本の検査数は各国と比べ異常なほど少ないままだ。医療ガバナンス研究所の上昌広氏が指摘する、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス感染症に関する検査について

厚労省のHPに『新型コロナウイルス感染症に関する検査について』というサイトがあるが、一向にPCR検査が進まないのは、何が要因なのだろうか?東京の感染者が増大しているのは、新宿や池袋界隈の夜の街関連の従業員をすべてPCR検査して網に掛けないから。従業員はせいぜい1万人程度なら、数日間で全員検査可能のはず。これを1ヶ月に1回程度網にかければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍は厚労省他による人災

日本のコロナ禍はアベ晋三はじめ小池百合子、そして厚労省の怠慢と利権による人災だ。 以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載。 【感染症提言(2010年厚労省総括会議) 10年放置】   「PCR検査体制強化、保健所の人員増など明記」    厚生労働省が新型インフルエンザ流行後の2010年にまとめた感染症対策に関する報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴミノマスクの処分方法は?

【ゴミノマスクの処分方法は?】 #さよなら安倍総理 #アベノマスク #ゴミノマスク 5月30日(土)にカビで汚染されているゴミノマスクが郵便受けに不法投棄されていた。以下の写真の片方は近くに住む娘が不要と持ってきたもの。双方比べるとガーゼの素材も、ミシンのかけ方も違っていて、品質にばらつきがある。入っているチラシも違って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚労省は命よりも利権を優先する巨悪組織

【厚労省は国民の命よりも組織の利権を優先する巨悪組織】 効果のあったアビガンの認可を遅らせ、効果が限定的なアメリカのレムデシビル(注1)の 認可が早い理由、そしてPCR検査 キットを日本で認可しない理由等が以下のURLの記事に書いてある。厚労省は国民の命よりも自らの組織の利権(天下り先)とメンツを優先する巨悪の組織である事がわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚労省がゴミノマスクの検品方法の根拠を答えられ

【厚労省がゴミノマスクの検品方法の根拠を答えられない】 アベノマスクは川口市にある株式会社宮岡で検品されているという。検品方法の詳細を窓口のコールセンターに確認しても、情報が無く答えらえない為に、担当である厚労省・医政局・経済課に直接TELし以下確認したが、まったく答えらえない。カビが無いかをどうやって検査し、それが品質保証でき、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚労省はPCR検査基準を改めろ!

【厚労省はPCR検査基準を改めろ!】 以下はフェースブック(二人)から一部を転載(一部修正) 保健所は「重症にならないとPCR検査はできません」と言って、医師からのPCR検査要請を断っている事実が報道されている。これは、極めて間違っている。その理由は以下。 まず、用語の定義から始めます。 軽 症:咽頭痛、咳、発熱があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「PCR検査の3条件」は医師法違法!

現在の日本でのPCR検査の基準の3条件は肺炎が重症化している状態で、酸素飽和度93%以下でないと検査してくれない。、酸素飽和度93%というのはゼーゼーハーハーいって死にそうなくらい苦しい状態。この基準では多くの日本人の命は救えないし、医療法第19条に違反している。著名人の命をも奪った。 以下はある方のフェースブックを転載する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無能な厚労省と専門家会議

無能は厚労省と専門家会議で感染拡大は防げない。 今回の新型コロナウイル感染拡大防止対策は3.11の時と比較すれば、時間的には余裕があったはず。未だに感染者を抑える事ができないのは厚労省に問題があると言わざるを得ない。専門家会議もあまりににもお粗末でゆるい。3月19日の3連休前の専門家会議の生ぬるい提言とアベ晋三と文科大臣の一斉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナウィルスとアベ政権の危うさ

厚労省の対応のまずさが、感染者を増やしているのではないか?中国に比較しても厚労省の検査体制、検査方法とも日本は劣っているとのTVでも報道も海外(アメリカ等)からも日本政府の対応のまずさに批判が出てきている。 厚労省の担当者はパニクッっているのではないか?厚労省に感染症対策の経験豊富な能力ある専門家はいるのか? https://www…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more