テーマ:脱炭素

非民主的なエネルギー政策

【非民主的なエネルギー政策】 現在第6次エネルギー基本計画(6次エネ基)の策定中だが、この案が世界的な動きとはかけ離れてしる酷いもの。エネルギー政策は国家の欺瞞なり。「日本の将来だけでなく地球の未来にも関連するエネルギー政策…が、関係省庁と一部の政治家、大企業関係者の水面下での議論で決められようとしている」詳細は以下ご覧ください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パワーシフトが脱炭素を進める

地球温暖化を止める為には脱炭素が必須。個人が生活の質も変えず、金もかけずに簡単に今すぐできる『システム変更』『脱炭素』は パワーシフト。(約35~40%の脱炭素を実現)旧電力(東電、関電、中部電力、東北電力等)から新電力に切り替える事。この事によって『社会システムの変更』を個人の力で簡単にできまる。 新電力に切り替える事で新電力の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱炭素を急げ

【脱炭素を急げ!~個人で出来る事~】 日本では、経産省や旧電力会社(旧一電)を筆頭に原子力ムラが日本のエネルギー政策(温暖化対策)の足を引っ張っている。個人ですぐにもできる温暖化対策は何かを以下羅列してみた。 温度上昇による大雨によって、東京の荒川が氾濫し数百万人が水害を被る。すべての経済活動や生活に大きな影響をもたらす。浅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more