テーマ:福島県

高等学校の統合・廃校の弊害

福島県・広聴室に以下の提言・質問をした。 関連記事は以下ご覧ください。 【無能な福島県教育委員会】 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2022-01-15 福島県広聴室御中 日頃のご尽力に感謝いたしましす。 子供達の数が減ったとして高等学校改革で、単なる数合わせによって高等学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無能な福島県教育委員会

【無能な福島県教育委員会】 今年4月から県内の10高校が5つの高校に統合される。単なる数合わせしかしかできない福島県。子どもの数が少なくなったから統合するという単なる数合わせなら小学生でもできる。。福島の復興・再生とは逆行する無能な福島県教育委員会。これで過疎化がますます進む事に。小生が提案した『あらたな提案』も、まともな検討もせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県議会での質問要請

福島県があまりにも理不尽な対応するので、2月~3月の定例議会で質問をしてもらうよう、某議員にお願いした。質問してくださるかどうかは現在のところ不明。 ××議員殿 日頃のご尽力に感謝申し上げます。 本年もよろしくお願いいたします。 県民健康調査検討委員会の見直しを広聴室経由で要請・意見提出したところ、以下のような(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難者追い出し裁判を取り下げろ!

以下の意見・要請を福島県に提出した。 福島県  広聴室御中 原発事故から11年になります。 加害者である国と、その代行者である福島島県が被害者である経済的弱者である避難者の公営住宅から追い出す為の裁判は人権侵害であろうと考えます。あってはならない事です。県民の生活や命を守るべき福島県が加害者と一緒に被害者を追い詰めている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県からのお粗末な回答

1か月以上も前に福島県に意見・提案していた回答がようやく届いた。7項目の質問・提案中、回答もらったのは3点。それ以外は答えられないので、ご意見として今後の参考にしたいとの回答。 その一つ(意見・提案5)があまりにもお粗末すぎるので、以下再質問をした。わからないなら、あらゆる手段で調査しようとする意志すらない。福島県民に無用な被ばくをさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県民健康調査検討委員会見直し要請

県民健康調査検討委員会の見直しと甲状腺がん検査縮小、そして国連科学委員会2020レポートに関する提言を福島県に提出した。 福島県・広聴室殿 日頃のご尽力に感謝申し上げます。 【甲状腺がん患者16名の転移疑い!】 福島医大・鈴木眞一教授の第64回(2021.11.18実施)甲状腺学会発表によると、既に16例も転移疑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺がん患者の転移疑い

【甲状腺がん患者の転移疑い!】 福島医大・鈴木眞一教授の第64回(2021.11.18実施)甲状腺学会発表によると、既に16例も転移疑い。肺転移:9例、リンパ節転移:5例、骨転移:1例等。これでも過剰診断だと言い続ける非科学的な福島県・健康調査検討委員会や、御用学者たち。 学会のプログラムは以下(鈴木教授はR3) http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国連科学委員会レポートに関し福島県へ質問

国連科学委員会は2021年3月に発行した『UNSCEAR 2020レポート』に関し、福島県に見解を聞く為に以下の質問を提出した。 福島県・広聴室殿 日頃のご尽力に感謝いたします。 国連科学委員会は2021年3月に『UNSCEAR 2020レポート』を発表しました。『将来にわたり被ばくを直接原因とするがんなどの健康影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝承館の在り方に関する福島県からの回答

原子力災害伝承館の在り方について福島県に意見・提案を提出していたところ、ようやく回答が届いた。しかしながら内容には乏しく、今までの主張を繰り返すのみ。尚、福島県に提出した意見・提案は以下をご覧ください。 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2021-11-23 【原子力災害伝承館の展示等に関する意見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故の反省と教訓は活かされいるか??

以下を福島県に提出した。3週間後(今年中に届くか??)に届く回答が、どこまで検証され、現在、その反省と教訓がどこまで活かされているのか、はなはだ疑わしいが、とにかく回答を待ってみよう。 福島県・広聴室殿 日頃のご尽力に感謝申し上げます。 原発事故から10年以上経過し、いまだに高線量で帰還できない住民も存在する一方で、福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県への要請

原発事故後10年経過した。福島県の放射線モニタリング活動に対する自己評価、失敗や成功等の反省や改善すべき点のまとめ、国の責任、県の責任、市町村の責任、国全体の組織や責任体制の問題、震災時の通信インフラの冗長等の問題、情報の伝達や共有化の問題、指示・命令に関する問題点等々・・・ 原発事故時の記録を後世に残す事は現代を生きる人たちの責務。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力災害伝承館はこれで良いのか(3)

以下福島県・県民広聴室に意見・提言(質問)を提出した。2週間以内に回答が届く予定。 福島県 県民広聴室 11月3日に原子力災害伝承館宛に展示に関する提案・意見(下記)を提出していますが、以下の意見・提案に対する福島県からの正式なご見解・ご回答を頂きたくお願いいたします。 尚、以下の2つのブログの内容(問題提起)につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県の放射線モニタリング活動の記録

一昨年3月に福島県・放射線監視室が原発事故から10年間にわたる放射線モニタリング活動について『福島県の放射線モニタリング活動の記録』という冊子をまとめた。 まずは、このような記録をまとめた事(具体的データが少ない事や反省には触れていない等内容には不満も)に感謝と敬意を表したい。以下HPからも見れる。 https://www.pr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県からの再回答~東京五輪中止要請~

福島県に東京オリンピックの福島での野球、ソフトボールの中止を要請していたところ、ゼロ回答であった為に再質問を出していたところ以下の回答が届いた。感染拡大についての責任についても質問していたが、想定していた通りに責任論には触れず、スガ総理の国会答弁を聴いているような回答に失望。 再質問は以下をご覧ください。 https://nim…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏のあだたら山

山開きも終了し、残雪もすっかり消えてしまった初夏のあだたら山・・・ <スカイピアあだたら>
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺検査継続について

県民健康調査検討会の星座長が今後30年間の甲状腺検査の必要性などを内堀知事に報告したとのニュースが流れた。原発事故を受けて任意で行われている県の甲状腺検査は、主に小中高の学校の授業時間で一斉に行われ、ほとんどの児童や生徒が参加していたが、一部の専門家からは、この網羅的な検査によって本来は治療の必要のないがんまで見つける「過剰診断」の問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命よりもオリンピックを選択した福島県

福島県に県内での野球・ソフトのオリンピック開催中止について、質問要請していたところ、ほぼゼロ回答が届いた。従い追加の質問を提出した。福島県は県民の命よりもオリンピックを選択するという、憲法で保障されるところの生存権を無視したいう事。 福島県 ××県民広聴室長殿 早速のご回答に感謝いたします。しかしながら質問・要請に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『風評加害』と『風評被害』を福島県に質問

福島県に対し、小泉環境大臣が『風評加害』と発した言葉や政府や福島県が進める『風評被害』対策について以下質問した。回答は2週間以内に届くはず。 福島県  県民広聴室 ××室長殿 環境省が進める『福島その先の環境へ』という対話フォーラムで、小泉環境大臣から風評被害よりもっと悪質な『風評加害』という言葉が発せられました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県民健康調査検討会の座長を交代せよ

福島県県民健康調査検討会は他の委員の異論にも耳を傾けずに、甲状腺がんは放射線の影響は考えにくいと結論づけた星座長の責任は重大。このような結論を出した座長は交代すべきと福島県に質問・要請を提出した。2週間を目途に回答が届く予定。 福島県  県民広聴室 ××室長殿 県民健康調査検討会の委員の任期は3年としているよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKの抗議と要請

NHKのニューウォッチ9が福島県内で行われている甲状腺がん検査に関して、「過剰診断」だと誤解を生むような放送に対して、市民・専門家で構成されている「甲状腺がんの真相を明らかにするか会」等が以下の抗議と要請を実施した。NHKには再検証し誤った放送を正す事を期待したい。            【抗議と要請】 2021年3月1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝承館はこれで良いのか(その2)

海渡雄一弁護士がフェースブックに上げた記事を掲載の了解を得られたので以下掲載する。 『伝承館はこれで良いのか』は以下ご覧ください。 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2020-09-30 この記事はICRPの国際会議(12月1日~4日にWebにて開催)の質問を通じて館長である高村氏にも読んでもら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年間20mSvの理不尽を振り返る

ある大学教授から以下のようなメールが届いた。 2011年の4月中旬の学校再開の状況は、当事者のお一人としてよく覚えておられるかもしれません。そんな余裕もなかったかもしれません。当時は、現存被曝状況の参考レベルを一旦は20mSv/年だと決めたと思いますが、やっぱり1mSv/年だという混乱がありました。 そこで小佐古敏荘 原子力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呆れる福島県教育委員会(その2)

安達東高校の統廃合に関する小生の『新たな提案』に対する福島県教育委員会からの一時回答は結論ありきの回答であった為に、再度質問をしたが、広聴室からの回答がとどいたが、真摯な検討結果からはほど遠い回答だった。 『構成員である地域住民、同窓会、PTA、関係中学校の代表者に対して、統合の方向性を丁寧に説明し、第3回県立高等学校改革懇談会に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呆れる福島県教育委員会

安達東高校の統廃合に関する新たな提案をしたところ、まったく検討もせずに既に決定事項について、1ヶ月後に回答してきた。再検討には時間がかかるだろうと、12月末を回答期限にしていたにも関わらず、何の新たな検討をした形跡はない。呆れる他はないし、県民・市民を愚弄していると言わざるを得ない。そこで再度以下の質問・提案を提出した。 新たな提…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安達東高校の統合化に対する新たな提案(その3)

福島県広聴室を通じ以下再度要請した。 「県民提案」係御中 本年12月末までに御検討結果の回答をお願いいたします。 御検討結果(回答)には既に決定事項を単に纏めるのではなく、以下の内容が含まれているようにお願いいたします。 1.当方の新たな提案(要請)それぞれに対する検討プロセスとその是非の検討結果 2.隠岐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余計なお世話だ!

【余計なお世話だ!】 ~選挙運動開始した福島選出自民党議員~ 福島県選出の自民党議員7名は新型コロナウイルス感染症対策・福島復興創生推進本部を立ち上げ、原発事故や台風19号からの復興を含め政権に働きかけるという。 何故今さらなのか?今まで何をやってきたというのか?原発事故が無かった事にしたいアベ晋三の意向のもと、ふくしま切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者が動き出す汚染水問題

【不誠実な経産省】 ~若者が動きだす汚染水問題~ 汚染水問題について、おしどりまこさんやまさのあつこさんがまとめてくれている。そして福島では若者も動きだした。パブリックコメントの締切も7月31日まで、3回も延長された。経産省の中に何があったのか?不都合な真実が次々で発覚し、国際機関や全国の自治体、そしてメディアからも反対の意見が…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

福島県民に国民栄誉賞を!

【福島県民に国民栄誉賞を!】 ~福島県民が日本を救った!~ 原発事故でベントに成功した事が東日本の壊滅を救ったという見方。事故当時、福島第一原発内で働いていた人はほとんどが福島県民だ。もしベントに失敗していたら東日本は壊滅状態だったろう。是非以下の映画を観て欲しい。 https://www.minyu-net.com/ser…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県が避難者いじめ!

【福島県が避難者いじめ!】 自民党・公明党そして旧民主党系の県民連合まで告訴に賛同! 人道的に許されないとした県民連合の古市議員に敬意を表したい! 内掘はここ8年間放射能汚染から子どもを救いたいとして 自主避難者の意見を無視し続けてきた。 非常に冷酷な知事であり、その政策にチェック機能を果たさない 福島県議会の存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県及び県議会の劣化

今年11月には福島県議会の選挙が予定されている。 福島県議会は共産党を除けば全与党体制。 県議会の福島県政へのチェック機能が働かない状態。 内堀県知事のやりたい放題。 避難者は切り捨てられ、放射線被ばくは無かった事にされ、 甲状腺検査も縮小方向といった県政では被害者は救われない。 放射線被ばくに対して個人の価値観を認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more