テーマ:福島県

福島県議会はまっとうな仕事をせよ!

【福島県議会はまっとうな仕事をせよ!】 ~福島県及び福島県議会の劣化が酷い~ 福島県議会が6月定例議会で以下の意見書を ことごとく否決しているのにびっくり! 自民・公明はすべてに反対! 旧民主党系の県民会議までもが一部の意見書に反対している。 共産党扱い(紹介議員が共産党議員)だからといった理由のようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県はまっとうな仕事をせよ

避難者の数値が間違っていた事が発覚後 福島県に問題点の改善を要求していたところ回答が届いた。 しかし、その回答は最初の質問に答えるものでは無い為 以下再質問を提出した。 避難者数の減少は究極の統計不正だろう! 福島県  災害対策課御中  避難者支援課御中 早速の回答ありがとうございます。 し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県民の疑問に答えよ!

【甲状腺評価部会は県民の疑問に説明せよ】 今回の甲状腺評価部会の報告に納得している福島県民は少ない。 科学者の責任を果していない。 第13回の甲状腺検査評価部会の資料1-1の表1、図7、図8等では明らかに 地域差がでてるにも関わらず、結論では『線量が高くなるほど甲状腺がん発見率が 高くなる関係(量反応関係)は認められな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安達東高校統合化の新たな提案

政府の、まち・ひと・しごと創生基本方針案の骨子の中に 『地域社会の担い手育成、高校に実践的な教育を実施』がある。 まさに地域への定着率の高い高校生を 地域の担い手として育成する事が必須。 復興庁は福島県の避難地域に対しても 『学校教育の魅力づくりに関する調査事業』を 重要テーマと捉えている。 中通地域もこれを適用すよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県はまっとうな仕事をせよ!

【福島県はまっとうな仕事をせよ!】 復興庁は31日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の避難者数が、 5月14日時点で5万1184人だったと明らかにした。 前回4月9日時点で5万人を下回る約4万8千人になったと発表していたが、 福島県が避難者数を精査した結果、実際は約4千人多かったことが判明した。 福島県によると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天空の露天風呂

【天空の露天風呂】 2週間半ぶりに安達太良高原の露天風呂に行ってきた。 既に新緑がまぶしい。 いつもの時刻、夕方は誰もいない・・ 露天風呂独り占め・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線副読本の回収要請

福島県の教育委員会および関係部門に以下の要請をメールで送付した。 文科省が昨年11月に改定(改悪)された放射線副読本の内容について市民や学者から 多くの批判がでています。又滋賀県野洲市では放射線副読本の回収を決定しました。 是非、被災県の福島県としても専門家検討委員会(福島大学の後藤准教授らも入れた)を 立ち上げて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人のいない花見山

【人のいない花見山】 桜も散り、大型連休も終わった福島市にある『花見山』に行ってみた。 園内で会ったのは一人だけ。 今はツツジと菜の花が満開・・・ 駐車場の心配もなく、ゆったりと園内を散策できる。 でもここは放射線量の高いエリアだが、 あえて線量計は持たずに行ってみた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県民よ起ち上がれ!

【福島県民よ起ち上がれ!】 二本松市在住のあらおしゅんすけさんの詩集 『安達太良山のあおい空』から 【起ち上がれ】 福島県人よ 悔しくないのか 先祖から譲り受けた 子孫から預かっている 大事な大地を汚されて ささやかな幸せな 日常の生活を 未来の希望を めちゃくちゃにされて ただ黙って 首をう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安達東高校の統合化に対する新提案

昨日以下を福島県・教育委員会へ提出した。 福島県教育委員会  柳沼英樹県立高校改革室長殿  cc鈴木惇一教育長殿    福島県・農水産部・和田山農業担い手課長殿    【安達東高校の統合化に対する新たな提案】 福島県は子ども達の減少に伴い、4~6クラスが最適とし小規模高校の統合化を発表した。その中に安達東高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安達東高校の統合化に対する新たな提案

【安達東高校の統合化に対する新たな提案】 福島県は子ども達の減少に伴い、4~6クラスが最適とし、 小規模高校の統合化を発表した。 その中に安達東高校と二本松工業高校を統合し、 新たに家庭科を1クラス設置するという。 今後10年間で県内の高校生の数は5000人、県北地区で1300人減少 二本松市は5年間で82…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境創造センターからの回答

2か月前に福島県環境創造センターに質問と要請をしていたところ 以下の回答が届いた。 回答するまで2か月間の時間を与えていたのは 検討に時間を要するだろうとの考慮からだったが 内部で抜本的な検討した様子もなく失望する回答であった。 質問・要請は以下ご覧ください。 https://nimosaku.blog.so-net…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矛盾だらけの国政と県政

11月18日付けの福島民報に掲載された 小生の投稿記事・・・ 若干内容が修正され、矛盾先は国だけに限定された・・・ 福島県政も矛盾だらけ・・・ 以下がもともとの原稿 【矛盾だらけの国政と県政】 原発事故から7年経過しても、 緊急事態宣言は発令されたままで、 廃炉の見通しは立っていない。 年間20mSvの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境創造センターの展示方法を見直せ

福島県環境創造センターは原発事故後に 主に県内の子ども達に見学してもらう事を目的に 2年前に造られたが、その展示方法には問題が多い 当初より問題点を指摘し改善を要求していたが 未だに改善はされていなかった。 そこで改めて以下をメールで要請した。 福島県環境創造センター   所長殿   総務企画部長殿 先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境創造シンポジウム

三春町にある『福島県環境創造センター』で開催された 『環境創造シンポジウム』に参加してきた。 福島医大、福島大、放医研、京都大等の大学・研究所 環境再生プラザ、あいんしゅたいん、JAふくしま、安達高校等もパネル展示 ただ展示内容には疑問も多い・・ 京都大の発表はダーチャ村や小生宅での 放射線測定結果の写真付の報告だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境創造シンポジウムの開催

【第2回福島県環境創造シンポジウムの開催について】   ~福島県に代わってPR~ 日時:平成30年12月2日(日曜日)10:00~16:30 場所:福島県環境創造センター交流棟「コミュタン福島」(三春町) 福島県内で環境回復・環境創造に関する活動をする 様々な団体の活動内容の紹介や、 積極的に活躍する県民等によるパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山や川や海を返せ!

以下はある方のFBを転載 10月21日付けの『福島民報』「日曜論壇」で尊敬する民俗学者の赤坂憲雄さん(福島県立博物館長)が、 <山や川や海を返してほしい>という痛切で根源的な要求を論じています。 「森林の除染は行われない、という。くりかえすが、生活圏とは家屋から20メートルの範囲内を指すわけではない。人々は山野河海のす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内堀君は支持できない

【内掘君は支持できない!】 福島県知事選挙に立候補した内掘現知事。 トリチウム汚染水の海洋放出に反対しない態度と アベ腐敗政権を支持する姿勢に支持できない・・・ あまりにもアベ自民党腐敗政権に忖度していないか? 政府に県民の思いを要求できない知事はいらない。 県民を不幸にするだけ・・・ 内掘君を支持する立憲民主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矛盾だらけの福島県

【矛盾だらけの福島県】 福島県庁の原子力安全対策課、放射線監視室、広報課、オリンピック・パラリンピック推進室の 課長・室長、主幹、主任らに以下を伝えてきた。そして念の為メールも入れた。 そのメールの一部を以下公開する。 今日から福島県知事選が告示された。 『未だに緊急事態宣言が発令されたままで、20mSv/yの現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染水対策は福島県が仕切れ

福島第一原発の敷地に溜まった汚染水(トリチウム)を 太平洋に放流するとする案を規制庁が示している。 トリチウムについてはその危険性が議論されつくされたとは言えない。 その判断を国(経産省や規制庁)に任せていては 福島第一原発事故の二の舞になる。 そこで福島県が独自の第三者検討委員会を立ち上げるべきとの提案を 福島県・原子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政務活動費の使途に疑問

【政務活動費の使途に疑問】 ~政務活動費の人件費を透明化せよ~ 福島県議会議員の政務活動報告が地元紙に掲載された。 ここで疑問なのが人件費だ。 県庁で閲覧した報告書には領収書もついているが、 ほとんどが金額だけの記載。 (ある議員は勤務時間と時給も記載していたが・・) ある議員は毎月4名に1人8万円支払っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モニタリングポスト撤去世論調査の嘘

【この数値は正しくない!】 ~世論調査の仕方が間違っている~ 規制庁が打ち出したモニタリングポストの撤去について 福島民報社が世論調査した結果を1面トップで掲載した。 しかし、この世論調査には大きな不備がある。 撤去反対はもっと多いはず。 福島民報社の記者に確認した。 この世論調査は固定電話を使った調査。 したが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天空の湿原

遠く磐梯山や猪苗代湖、檜原湖も見える・・・ 一切経山からの噴煙の轟音も激しく聞こえる・・・ 天空の湿原、浄土平にはワタスゲやコマクサ等の高山植物も・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

露天風呂で癒す

奥岳の湯に行ってきた。 爽やかな風が心地よい・・ 浸かっていると、湯が白く濁ってきた。 湯守りが源泉を掃除し湯花を除去すると 温泉が白濁するようだ。 通常は透明の湯。 今日は幸運の日!
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

まっとうな福島県民の意見

【まっとうな福島県民の意見】 6月2日付け福島民報の『みんなのひろば』に 経産省のエネルギー基本計画への非難する 福島県民の意見が掲載された。 まっとうな県民の意見だろう・・・ 多くの良識ある国民がおかしい、まちがっていると思っているはず。 小生が提出した経産省・エネ庁への質問は以下ご覧ください。 http://n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本宮市・蛇の鼻

【本宮市・蛇の鼻】 近くにありながら入園した事が無かった本宮市の蛇の鼻。 孫達と今回初めて行ってみた蛇の鼻には 多様な花が一斉に咲き誇っていた・・・ 6月にはバラやシャクヤクが咲き、池のスイレンも咲く。 7月には紫陽花、9月にはキク、 10月にはサザンカ・紅葉と四季折々楽しめる・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪見露天風呂

【雪見露天風呂】 今日は吾妻山中腹にある 野地温泉の露天風呂(鬼面の湯)に浸って来た。 連休初日の為か結構混んでいた・・ 当初の目的地の幕張温泉への 道路入口はまだ閉鎖されていた。 ・・・残念・・・ 【鬼面山】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

規制庁お前もか!

福島県内なモニタリングポストを配置を見直す(撤去)すると 原子力規制庁が発表したが、 それに反対する住民に対しては、以下のように騙す事を 事前から決めていた事が暴露された。 その内容について、福島県の担当課長に抗議するように メールを入れTELでも要請した。 放射線監視室 ××室長殿     お疲れさまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more