テーマ:東電

東電に誠意はあるか?

昨年8月に東電の福島復興本社代表の石崎芳行氏とFB(メッセージ)でやり取りをした。 友達申請もしたが、未だに返事がない。 東電は自らの立場や都合の良い事のみを県民や国民に話すが、不都合な真実については 何ら回答をしない。この体質は原発事故後何も変わっていない。 口先だけの謝罪はもういい。誠意ある償いを実行すべきだ! 東電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電は原災法違反

ある原発の専門家が以下の情報を送ってくれた。 本人の了解を得たのでここに転載します。 本人は以下の著書も出している。 多くの原発事故の裁判で闘っている弁護団や原告団の方が この本を読んで、東電の刑事的・民事的責任追及を行って 欲しいと望むものです。 関係弁護団への情報転送を歓迎します。 著書の一部を転記。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島 切り捨てを許さない!~生業裁判~

【福島 切り捨てを許さない!】 ~生業裁判~ 生業裁判の第16回期日が福島地裁で開催された。 今回は原告本人の第2回目の尋問。 6名の原告が法定で被害を訴えた。 裁判所自ら現地を訪れ直接被害実態に 触れる事が重要としているが、 東電は実施の必要性や相当性はない、 原告側が求めている津波試算に関する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の原発通り

世界最大最悪の犯罪企業! 東京・新橋駅近くに本社を構える東京電力 未だに何事も無かったかのようにビルが建っている。 怒りは未だに収まらない!!!! 『福島の声を聞け!』 『福島を返せ!』 何度、このビルの前に立っただろうか? 東電本社前で写真を撮っていると 守衛が内部の写真は撮るなと止めに来た・・・ 霞が関に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電本店前での抗議行動

原発事故は終わっていない。 補償・賠償は打ち切られ、汚染水は流れ続ける。 とけ落ちた核燃料の取り出しの目途はたたず、 約7000人が被ばくしながら作業を続ける。 甲状腺がんが急増している。 その元凶である東電は柏崎刈羽原発再稼働に動き出した。 勝俣元会長、武黒元副社長、武藤元副社長の 3人に対する強制起訴が検察審査会で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電・福島復興本社代表殿

東電の福島復興本社代表のI氏へ、 昨年FBで以下のメッセージを出した。 しかし、本日現在一切の返信メッセージは無い。 福島県民と共存すべき東電が都合の悪い事には蓋をし、 住民との対話を拒否する態度は 3.11以降も何も変わっていない。 東電・福島復興本社代表Iさま: ご丁寧なメッセージありがとうございます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電の海水データ改ざん

以下はたんぽぽ舎のメルマガを転載 4年以上にわたり東電が公表してきた 数万件の「海の全ベータ」数値は半分以下に改ざんされていた!       中田 潤 (フリージャーナリスト) ◯ 今年に入り、東電公表の「海の放射性物質濃度」が軒並み過去最高値を更新し続けている。 港湾内外のサンプリングポイント21ヶ所中、過去最高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電は原災法違反

福島原発事故は原災法、原賠法違反であると、 当時原災法制定を担当していた技術者から FBのTLで原発に関する議論をしていた中で 以下のような情報を得た。 刑事責任、民事責任を東電は負わなければならない。 詳細は原子力防災従事者が学ぶべきもので、 テキスト「原子力防災におけるリスク管理と危機管理」が 出版されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電株主代表訴訟

以下はお知らせです。(たんぽぽ舎からのメール転載) 是非参加ください。 2015年9月25日(金)   第20回口頭弁論期日傍聴のお願い   報告&学習会のご案内 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012年3月5日に東電取締役等に対して提起した「東電株主代表訴訟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県からの回答(4)~東電は回答拒否~

東電へ汚染水対策等について質問していたが、 東電は回答をTELで拒否してきた。 文書で回答を求めたがそれも拒否! 東電の対応は、被害者や国民に対し真摯な対応とは程遠い!(怒り!) 東電が回答を拒否した事によって、東電は更なる信頼を失墜した事になる。 彼らが進めている、被害者との対話を自ら閉ざした事になる。 被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海は誰のものか?

汚染水問題は一漁業組合の風評被害や賠償問題ではなく、 消費者の命の問題であり、国際問題。 福島県は本問題については県漁連に丸投げ! 一体福島県は責任ある仕事をしているのだろうか? 福島県・水産課へ以下検討依頼した。    --福島県・水産課へ依頼ーー 福島県県漁連から以下の質問1~質問3について東電からの説明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これでいいのか東電!

【東電は福島県民に償い!】 福島県議会・全員協議会で県議の質問に対し、 『福島第二原発の廃炉については未定』と 答弁する東電廣瀬直己社長・・・・ 福島県民に償う事、福島の再生・復興のには 第二原発の廃炉が必須条件! 福島県議会や福島県民の希望にまったく応えない東電! 福島県民及び国民を愚弄するな! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電への質問~汚染水問題等~

汚染水、特にトリチウムの危険性やその対応 そして今後の廃炉に向けた問題等について東電に以下質問した。 東電 福島第一廃炉推進カンパニー   プロジェクト計画部   ×× ×× グループマネージャー殿 cc福島県・原子力安全対策課   ××主幹殿 先日の郡山市で開催されたシンポジウムありがとうござい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電・勝俣元会長は銀ブラ・・・

新聞より3つの記事    ◆地震多い日本 なぜ原発が…        小学生 相沢うた 10歳 (東京都町田市) 私は家族で、東日本大震災の津波で大きな被害を受けた仙台市若林区の荒浜と いう海岸に行きました。 小さな子やお年寄りを含め、とてもたくさんの人が亡くなったことを慰霊碑を見て知り、 悲しい気持になりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電役員を裁く!

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載(一部追記・修正)   その時の模様は以下ご覧ください。 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2015-06-19 以下は東電株主代表訴訟と 福島原発告訴団の検察審査会激励行動の記録。 〔1〕 東電株主代表訴訟   参議院議員会館で開催さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自主除染の賠償期限付きやめよ!

本日の福島民報新聞の『みんなのひろば』に                                              小生の投稿記事が掲載された。 【自主除染の賠償期限付きやめよ】 『東京電力は個人や事業者が自主的に行った除染費用を                                    …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東電は何様のつもりか!

東電は個人や事業者が自主的に行った除染費用を 平成23年3月11日から24年9月30日までに 実施したものに賠償すると発表した。 なぜ3年半も過ぎた今頃になのかと、 24年9月30日までに限定したのかとの説明を 東電に求めたが、納得いく論理的な説明は無く、 総合的に判断したと繰り返すばかり。 24年10月1日から放射性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電本店の無能さ!

吉田元所長が東電本店の対応を激しく批判! 東電はじめ電力会社には危機管理が できていない事が露呈! 想定外の重大事故で鍵を握るのは人間の判断力と行動。 如何に運転員が柔軟に対応できるかが問われている。 米国アカデミーも事故を想定した人材の確保と訓練の必要性を提言している。 しかし、東京消防庁の元幹部は、消防は日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電は「原災法」違反!

「被害者がいて加害者がいない無法国家」 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2014-06-10 上記の記事に関してFacebookのTLでのやり取り N氏は元原発の技術者、 TVのインタビューにも出ている方 原災法の詳細を知らない小生は以下の質問を専門家にぶつけた・・・ 東電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電・国は答えよ!

東電へ損害賠償請求して人は多いが 東電の損害賠償の支払いは文科省が任命した専門家が決めた 損害賠償の指針に基づき行い、支払の壁は厚い・・ 私有地に放射能という毒物をまき散らし、 住民への健康(不安)に甚大な被害をもたらしたにも関わらず そして、指針には「個別の事情を考慮し真摯に対応すべき」と なっているにも関わらず・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原状回復せよ!

原告5000名を目指す『生業を返せ!の訴訟では 東電と国に対し原状回復を要求している。 その訴状は今後原子力損害賠償紛争センター(ADR)へ 損害賠償請求の申し立てを行う時に使用できる。 この文面を参考にADRの申請に使って欲しい。 しかしながら、ADRの仲介員は損害賠償の”指針”に 記載ない事に関しては解決を図ろうとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染水タンクは地震で倒壊する!

福島原発の汚染水タンクは600ガルの地震にしか耐えられない。 上信越地震の時の柏崎・刈羽原発では830ガルの地震を記録。 タンクの中の汚染水は地震に共振すれば より小さな地震でもタンクは破損してしまい、 汚染水は流れ、敷地内の作業も出来なくなる 汚染水は海にながれ更に海が汚染させる。 ボルトの鉛直方向の応力は 6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『生業を返せ!』訴訟

昨年3月に約800人の原告が東電と国を相手に 『生業(なりわい)を返せ、地域を返せ!』として告訴! 東電と国に原発事故の責任を負わせる訴訟! 現在約3000名の原告団が結成され、 5000人を目指す。 目的は原発事故の国と東電の責任を明らかにさせ、 その事を通じて ①原状回復(もとの地域に戻せ!) ②原発の廃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電の大うそ!!

NHKの調査・実験で格納容器内の圧力を下げる為のベントの際に、 放射性物質を水の中を通せば99.9%取り除かれが、 沸騰した水の中ではせいぜい50%程度! 既に水は沸騰状態にあり、 このベントで大方の放射性物質は大気中に放出され、 ふくしまは汚染された! またもや”東電の大ウソ”が実証された! しかしながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法を犯した東電!!

TV番組「そもそも総研」でコメントを出した Nさんからの貴重なメッセージ! 東電が原災法を犯した事が事故の原因! これで刑事責任が問われないというなら、 この国は法治国家ではない! 検察は何をしているのか!! 法を犯しても刑事責任を負わない東電! 以下がそのメッセージ 福島原発事故の真相は原災法及…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メルトダウンは地震が原因!

メルトダウンは地震が原因とする 広瀬隆さんのメルマガを紹介したい。 『福島原発は地震の揺れによってメルトダウンに至った 原発の再稼働をやりたいため、真実隠しの東電・原子力学者ら』    広瀬 隆 国会事故調の協力調査員として、田中三彦さんのパートナーとなって事故解析に あたった弁護士の伊東良徳さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電との交渉!~人生を返せ!~

原発事故の損害賠償請求に原子力損害賠償紛争解決センター (ADR)を仲介している方々が1万人程度いる。 その一人として東京・新橋(霞が関近く)にあるADRで 東電の代理人弁護士及び東電の社員課長補佐)と口頭審査を実施。 被害者として言いたいことの80%は言ってきた・・・ こちらの質問に答えさせるやり方で・・・ 原発事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電への公開質問(弁護士費用)

原発事故の被災者が東電に損害賠償請求している 裁判やADR(損害賠償紛争解決)の弁護士費用は 消費者から徴取した電気料金又は税金で支払われている。 この弁護士達は被害者目線ではなく加害者(東電)目線で 被害者に如何に、損害賠償を支払はないで済むかと いった事に頭を絞っている。 東電が国に提出した電気料金値上げ申請…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電は冷徹な鬼!

東電への損害賠償請求を原子力損害賠償紛争センター(ADR)を介して 実施しているが、東電からの答弁書は冷徹そのもの! 加害者としての認識は微塵も無い! 東電の代理人弁護士の費用電気料金の一部から支払われている。 我々が支払っている電気料金がふくしま県民の損害賠償を 拒んでいる代理人弁護士費用に充当されている理不尽な構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矛盾だらけの財物賠償!

矛盾だらけの財物賠償! 何故加害者東電が査定するのか? これでは被害者は新しい土地と家を購入する事はできない! 東電は200ページにお及ぶ財物損害賠償に関する マニアルを作って、被害者に配布・・・ 被害者に”賠償請求をさせない為”に マニアルを複雑で分厚いものとしたと言わざるを得ない・・・ 東電は被害者にどれほど寄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more