甲状腺がんは放射能の影響(その2)

【甲状腺がんは放射能の影響であった!】              
 ~デタラメな福島医大・大平論文は撤回せよ~             

原発事故後にふくしまの子ども達に見つかった多くの甲状腺がんは放射能の影響ではなく肥満が原因だったとする福島医大の大平論文に対し、多くの専門家は甲状腺がんの発症には地域差があった(放射能の影響)とした検証結果を出しています。

デタラメな大平論文の撤回を求める多くの識者の解説や討論のシンポジウムが京都の有識者団体主催で2月23日にZoomで開催されます。あった被ばくを無かった事にする福島医大の隠ぺいの真相を学び、識者と共に論文撤回させる為にも是非ご参加ださい。                       

 【福島甲状腺がんの真相を明らかにする2・23シンポジウム】(オンライン開催)
◆日時:2021年2月23日(火・祝)午後1時30分~5時30分
◆開催方法:Zoomによるオンライン・シンポジウム
◆申し込み:こちらからお申し込みください 
   https://www.kokuchpro.com/event/hibakuakiraka/

◆主催:原発事故による甲状腺被ばくの真相を明らかにする会(明らかにする会)
   http://fukushimakyoto.namaste.jp/akiraka/
◆共催:放射線被ばくを学習する会、NPO法人市民科学研究室・低線量被曝研究会、高木学校、京都・市民放射能測定所、原発賠償京都訴訟原告団(予定)



関連記事『甲状腺がんは放射能の影響』をご覧ください。
https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2021-01-15











"甲状腺がんは放射能の影響(その2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント