ウソで固められた退陣記者会見

【ウソで固められた退陣記者会見】
この男どこまでもウソを通し続ける醜さ・・・

今回は辞任発表と同時に「潰瘍性大腸炎」を持ち出したという違いはあるが、やり口はこのときと同じなのではないか。辞任の本当の理由は政治的に追い詰められ、嫌気がさしたからにすぎないのに、政権投げ出しを正当化するために潰瘍性大腸炎を持ち出す──。

昨日、立憲民主党の石垣のりこ参院議員が安倍首相の辞任を受け、「『大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物』を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の『選任責任』は厳しく問われるべき」とツイート、大炎上しているが、この指摘はけっして間違ってはいない。

おかしいのは「病気をネタに攻撃するのは不謹慎だ」「人の病状を取り沙汰する行為は醜い」「病気で弱っている人を叩くな」「仮病扱い」などといって、追及を封じ込める意見のほうだ。

何度も言うが、相手はその政策判断によって国民の生命や生活が一変するような権力を握っている一国の総理大臣なのだ。そんな人物が自ら健康不安情報を流しているのだから、その真偽や詳しい病状を追及するのは当然だろう。

詳細は以下の記事をご覧ください。
https://lite-ra.com/2020/08/post-5606.html?fbclid=IwAR27oYZjOIQQiNx9OA7KB97eVwEgJdsOQ0C6_LqLD0funR-gVvf0F4FB82k

一方で以下の見方も・・・『安倍の今回の突然の辞任は、トランプと安倍の関係、もしくは日米の安保関係が終わりになったのでないかという疑念を抱かせる。安倍は、トランプに何らかの形で日本との関係を切ったので辞めるのでないか。そうでなければ辞める必要などない。従来の日本にとって最重要なことは、米国との同盟関係だ。病気がちでも、トランプからの電話を受けられれば首相をつとめられる。』

【悪夢のアベ政権(2)】は以下ご覧ください。
https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2020-08-24

安倍首相退陣記者会見にて
【ちゃんとした質問をした記者4名のまとめ映像を置きました】4分56秒
4人の記者が実は鋭い質問をしていた。ただ、答える人物が問題で、国会同様に逃げられた感じはあったが・・・
以下に、その5名の記者さん達の質問を簡単なまとめたもの
/////////////////////////////////////////////////////////////////
◾️フリーランスの江川紹子さん、もと神奈川新聞の方です。
コロナ問題で「日本がいかにIT後進国か」が露呈した。
安倍政権では2013年に新IT戦略を立て、「2020 年までに世界最高水準のIT了解社会を実現する」と宣言したが、今まさに世界の後塵を配してる状況。こうなってしまった原因はどこにあるのか?

◾️ビデオニュースの神保哲生さん。
安倍政権はこれまでの政権に比べて、非常に徹底したメディア対策をして行った政権と思っている。
例えば個別のメディアに一本釣りのようなかたちです出演したり、質問を事前に取りまとめ、(内容を)出した社にしか記者会見で質問を当てないなど、かなり徹底したメディア対策をした。
それは、総理自身の指示によるものだったのか?
それとも知らずにやっていたものなのか?

◾️西新聞社の川口 史帆さん。
歴代最長の政権の中で、多くの成果を残した一方、森友・加計学園問題、桜を見る会の問題など、国民に厳しい批判にさらされた事もあった。
コロナ対策でも政権に対する批判が厳かったが、こうした事に共通するのは、「政権の私物化」と云う批判ではないか?
こうした指摘は国民側の誤解なのか?
もし自身が反省するべき点があったら教えてください。

◾️東京新聞の清水孝幸さん。
官僚の忖度や公文書の廃棄・改竄など、負の側面も問われた。公文書の改竄を迫られ自殺した財務省職員のご遺族は今も再調査を求め、政権の説明責任を問いてます。
この間、国民に疑問を持たれた様々な問題に、歴史が判断する材料としての公文書管理、および政治家の充分な説明責任は果たせたのか?

◾️質問の画像は以下
・01:フリーランスの江川紹子さん
https://twitter.com/100_govote/status/1299358837309276160?s=21
・02:ビデオニュースの神保哲生さん
https://twitter.com/100_govote/status/1299361009686077440?s=21
・03:西日本新聞社の川口 史帆さん
https://twitter.com/100_govote/sta
tus/1299364622441406465?s=21





"ウソで固められた退陣記者会見" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント