不要なアベノマスクは必要な人・施設に再配布を!

以下を横浜市に提言した。東京都や神奈川県内主要市、福島県にも提案。

【不要なアベノマスクを市や区が引き取り必要な人・施設・学校・病院等に再配布を!】
アベノマスクを使用しないと答えた国民は全体の75%。誰も使用しないマスクに466億円の無駄な税金を投入。しかしながらこのマスクは不要な人にも配布され、使われずに無駄になってしまう。個人的に2枚程度を施設や病院・学校に使用してもらう為に送付するのもお互いわずらわしい。
そこで不要なマスクはポストに投函すれば、自動的に区役所か市役所に転送され、必要な人・施設・病院・学校等に再配布されるような仕組みを市が作って欲しい。

できれば無駄な金を使わずに、ワクチン開発費や医療従事者への危険手当、そしてマスクや医療器具製造の為の初期投資として企業への補助金として使うべきなのだが。国の政策には呆れる他ない。アベノウイルス、アベノリスク退治が先なのだが!

【以下の目的の補正予算を組んで欲しい】
市としてもワクチン開発、医療従事者への危険手当、マスクや医療器具製造の為に新たに投資する企業への補助金を出すようなに補正予算を組んで欲しい。


多くの自治体でも良い方法を模索し、不要なマスクを必要な人・施設に届けて欲しい。

"不要なアベノマスクは必要な人・施設に再配布を!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント