台風19号の爪痕

【台風19号の爪痕!】

2か月過ぎても何も片付いていなかった。
阿武隈川の支流移川(二本松市下長折地区)が氾濫し、
軒先まで上がった濁流で家屋(ここは物置だったが)内部はメチャクチャ。

自宅も床上浸水し、1階にあった家財道具や電化製品、
ガスコンロ等すべて廃棄し、日常生活ができなく、
夜は嫁いだ娘宅で暮らしいるという。

周辺住民は近くの公民館に避難し無事だったが・・
被災者住民の何名かはここには住まないという
過疎化がまた加速する。
田んぼは土砂に埋まっている。
流木は未だに橋に引っかかったまま・・

この被災者は高齢である為、市からの支援がある事すら知らない。
市の説明会があった事すら知らない。
日中娘宅に避難していると市からの情報すら取れないでいる。
市から何も連絡が無いと言っていたが
先ずは近くの支所に行って話してくるように伝えた。
今までの平穏な生活を取り戻せるように、
できる支援をしていく。


IMG_5740.JPG


IMG_5747.JPG


IMG_5744.JPG


IMG_5746.JPG


IMG_5745.JPG


IMG_5750.JPG


IMG_5742.JPG


IMG_5828.JPG


IMG_5829.JPG


IMG_5831.JPG


IMG_5832.JPG









"台風19号の爪痕" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント