国連科学委員会・国内対応委員会は公正・中立か?

国立研究開発法人・量子科学技術研究開発機構(量研・放医研)に情報公開請求(約230ページ)で得た、国連科学委員会(UNSCEAR)・国内対応委員会の議事録の要約(福島事故関連のみ)の中間報告です。(まだ読み切れていない部分もあり) 国内対応委員会は量研のメンバーが中心に構成されている。いわゆる御用学者で構成されている。中には広島や…
コメント:0

続きを読むread more

福島県への要請

原発事故後10年経過した。福島県の放射線モニタリング活動に対する自己評価、失敗や成功等の反省や改善すべき点のまとめ、国の責任、県の責任、市町村の責任、国全体の組織や責任体制の問題、震災時の通信インフラの冗長等の問題、情報の伝達や共有化の問題、指示・命令に関する問題点等々・・・ 原発事故時の記録を後世に残す事は現代を生きる人たちの責務。…
コメント:0

続きを読むread more

原子力災害伝承館はこれで良いのか(3)

以下福島県・県民広聴室に意見・提言(質問)を提出した。2週間以内に回答が届く予定。 福島県 県民広聴室 11月3日に原子力災害伝承館宛に展示に関する提案・意見(下記)を提出していますが、以下の意見・提案に対する福島県からの正式なご見解・ご回答を頂きたくお願いいたします。 尚、以下の2つのブログの内容(問題提起)につ…
コメント:0

続きを読むread more

マクロ経済政策論争せよ

【マクロ経済政策論争をせよ】 立憲民主党の代表選挙では、特にマクロ経済政策について自民党の違いを国民に分かりやすく説明する必要がある。一言でいうなら成長しない日本は『GDPギャップの範囲で財政出動し需要不足対策を実施して来なかった。』『その事によって消費拡大をはかり、需給バランスを図り、賃金アップして来なかった』『悪循環にはまって…
コメント:0

続きを読むread more

国連科学委員会への公開質問と回答

【国連科学委員会(UNSCEAR)2020レポートへの公開質問】                                              国連科学委員会はUNSCEAR 2020レポートを発刊し、『将来にわたり被ばくを直接原因とするがんなので健康影響が増加する可能性は低い』として、日本語のプレスリリースを発表し…
コメント:0

続きを読むread more

智恵子の生家

2階の智恵子の部屋も公開する特別展との事で、高村光太郎の妻・『智恵子の生家』を訪れた。純愛に生きた二人の世界、波乱万丈の智恵子の一生を感じ取った。 1886年に福島県安達郡油井村(現在は二本松市)に長沼家の長女として生まれる。福島高等女学校、日本女子大学を卒業。洋画家の道を選んで東京に残り、高村光太郎に出会う。 智恵子が愛し…
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の二本松城

二本松城は室町時代中期に奥州管領を命じられた畠山満秦が築造し、以降畠山氏歴代の居城として140年余り続いた。その後1586年に19歳の伊達政宗の執拗な攻撃にあい落城。その後4年間は伊達政宗が領主として、片倉景綱や伊達成実らが城主となっていた。 豊臣時代になると、会津領主となった蒲生氏の重要な支城として中通り(仙道)警備の任を与えられた…
コメント:0

続きを読むread more

福島県の放射線モニタリング活動の記録

一昨年3月に福島県・放射線監視室が原発事故から10年間にわたる放射線モニタリング活動について『福島県の放射線モニタリング活動の記録』という冊子をまとめた。 まずは、このような記録をまとめた事(具体的データが少ない事や反省には触れていない等内容には不満も)に感謝と敬意を表したい。以下HPからも見れる。 https://www.pr…
コメント:0

続きを読むread more

汚染水モニタリングはこれで良いのか?

米ウッズホール海洋研究所のケン・ブセラー博士が汚染水問題に関する意見を述べている。その意見と東京電力が出している『処理水の話。これからの話』の冊子を読んで以下の疑問が出てきた。そこで汚染水のモニタリングをしているJAEAに以下の質問を出してみた。    ーーー    ーーー JAEA  ××さん 以下について教えてく…
コメント:0

続きを読むread more

福島大学への要請

福島大学環境放射線研究所に原発事故当時の被ばく線量の検証と研究をするように要請した。 福島大学環境放射能研究所     難波謙二さま(公開されているので実名を掲載します)      日頃のご尽力・研究に感謝申し上げます。また先日のシンポジウムありがとうございました。 福島大学環境放射能研究所として、今後は第三者…
コメント:0

続きを読むread more

原子力災害伝承館への改善要請

先日2日間の『原発震災遺構を巡る旅』の中で訪問した原子力災害伝承館の展示内容に関する問題点や改善すべき点について、館長及び部長にメールで依頼した。その内容を掲載する。    原子力災害伝承館企画部長  ×× ××さま  cc高村館長  (注:高村氏は公人であるため実名を記載します。) 先日はお付き合いいただきありがとう…
コメント:0

続きを読むread more

原子力災害伝承館への要請

先日2日間の原発震災遺構を巡る旅の中で訪問した原子力災害伝承館の展示内容に関する問題点や改善すべき点について館長及び部長にメールで依頼した。その内容を掲載する。 原子力災害伝承館企画部長  ×× ××さま  cc高村館長 先日はお付き合いいただきありがとうございます。 10月25日に伝承館を訪問し、意見交換させていただ…
コメント:0

続きを読むread more

ふくしまのいちょう並木

東京オリンピックで野球とソフトボールの予選が実施された”あづま総合運動場”のいちょう並木が今真っ盛り。福島市の西側にある・・・ついでにすぐ近くの四季の森の紅葉と土湯温泉近くのびっき沼の紅葉も撮ってきた・・ 【四季の森公園】 【びっき沼】
コメント:0

続きを読むread more

浪江町・請戸地区の悲劇

浪江町・請戸地区は3.11で16.5mもの津波にあった。その悲惨な状況を今回の旅で再確認できた。 請戸漁港には新しい建屋が完成していたが、漁師は一人もいない。近くに復興記念公園を建設中であり工事の車がひっ切りなしに通る。あたりは工事関関係者だけの姿。原子力災害伝承館も近い。 救いは請戸小学校の96名全員が1Km以上も離れた大平山に避…
コメント:0

続きを読むread more