国連科学委員会の公平性に疑問

国連科学委員会(UNSCEAR)が昨年末に福島原発事故に関する報告書(UNSCEAR2020レポート)を発刊した。しかしこのレポートには多くの欺瞞(疑問)があり。その内容に関する概要は以下のブログに纏めた。 公平性には多くの疑問がある。その背景には以下がある。 1.UNSCEARの内情をよく知る元WHO放射線・公衆衛生顧問キ…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン接種後死亡しても補償は困難

以下は某大学名誉教授のフェースブックの記事を転載 【 証明責任が遺族のほうにあることが巧妙かつ根源的な問題】 2021年2月17日~8月8日にファイザー接種は、1回目 50,439,082人、2回目 40,212,579人が行われ、「接種後死亡」報告 991人(0.00109%)、うち「副反応疑い死亡」報告 759人(0.0…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンの副反応の正体

某大学名誉教授のフェースブックの記事を掲載。 【ワクチンの副反応の正体】 接種会場などでは、あらかじめ、ワクチンを打つと「よく発熱や頭痛、筋肉痛、全身倦怠感等の副反応が起きること」が知らされますね。しかし、それらがなぜ起きるかについては知らされません。ただ黙々とワクチンが打たれます。そして、その後も何の説明もありません。翌日本…
コメント:0

続きを読むread more

横浜市政に喝と期待

横浜市長で新たな中山氏が当選し、30日から着任する。そんな横浜市に喝と期待を込めたツイッター記事の一部を掲載。 ◆横浜市民の生活や命に係わる最重要政策はコロナ対策。山中氏には一刻も早くコロナを終息させ、安心した生活を取り戻す横浜モデルを実施して欲しい。まずは彼のお手並み拝見。ここ1年間はコロナ対策専任市長で良いではないか?重箱…
コメント:0

続きを読むread more

UNSCEAR2020レポートの欺瞞と歪み

【UNSCEAR2020レポートの欺瞞と歪み】 昨年12月4に発行されたUNSCEARレポートには多くの欺瞞と歪がある。この問題点については、科学誌の『科学』に東京新聞記者である、榊原崇仁記者が論考を掲載している。その内容も参考にしながらまとめてみた。今後はUNSCEARに公開質問を提出していく。 1.初期の経口摂取線量の過…
コメント:0

続きを読むread more

UNSCEAR、IARCの欺瞞とコロナ対策

以下はここ数日間でのツイッター記事を記載。UNSCEAR、IARC、コロナ、横浜市長選等多岐にわたる・・・ 【IARC:国際がん研究機関】 ◆IARCの報告書は日本政府の資金提供を受けて『過剰診断リスクを考慮し、100m~500mGy以上の人を対象にすべき』とした、まさにマッチポンプ。こんなものを信用する無知さに呆れる。UNSC…
コメント:0

続きを読むread more

9月末まで夏休みの延長を!~リモート授業を基本に~

以下の要望・提言を神奈川県、横浜市、官邸に提出した。 【9月末まで夏休みの延長を!~リモート授業を基本に~】 緊急事態宣言発令にも関わらずオリンピックを開催し、感染爆発の制御が効かなくなっている。夏休み中のクラブ活動や学童保育でもクラスターが発生する等感染が拡大している。 デルタ株の感染力は従来型に比較し1000倍とも…
コメント:0

続きを読むread more

集団免疫論の崩壊!?

以下は謀大学名誉教授のフェースブックを転載。小生もワクチンの安全性への不安もあり、接種をためらって集団免疫も期待したが、ワクチンへの不信も不安も払拭されつつあり、デルタ株への感染の脅威を考えるとそろそろ観念し、ワクチン接種を再考すべき時かな~? 【ワクチンを打った人の「集団免疫」によって守られることはない】 人口の大多数がワ…
コメント:0

続きを読むread more

基本はホテル療養にせよ!

以下を神奈川県の要請した。 神奈川県で感染者の為のホテルは約2000部屋しか確保されていません。1日1500人~2000人も感染者がでれば、3週間で約3~4万人の感染者がでます。自宅療養が全体の95%以上でホテルに入れるのは1000人(稼働率66%)で、感染者のたった約3%です。感染者の約1/3は家庭内感染ですから、ここを少なくす…
コメント:0

続きを読むread more

世界の人口 80億人のほぼ 100%がウィルスに感染するか、またはワクチンを打つ

以下は謀大学名誉教授のフェースブックから転載 【 世界の人口 80億人のほぼ 100%がウィルスに感染するか、またはワクチンを打つ 】 昨年2月 ハーバード大学の M. リプシッツは「最終的には封じ込められないだろう」と述べました。また「当面世界中の40~70%の人びとが感染するだろう」と予測しました。(「アトランティッ…
コメント:0

続きを読むread more

コロナに罹った時の対処法

以下は神奈川県某市の小さな病院の医師のフェースブックから転載。コロナに罹った時の対処の参考になれば、記録の為に掲載。 極限に小さい病院の内科の発熱外来。今週は先週の倍以上の受診者で、8人検査して6人陽性、とか、5人陽性のうち4人がインドのデルタ株、とか、、、街中の「PCRステーション」で検査して陽性となったけど、保健所からは、…
コメント:0

続きを読むread more

デルタ株の死亡率は激減する?

以下は某大学名誉教授のフェースブックより転載。 数字上ではデルタ株の死亡率はアルファ株よりも下がっている。しかしながらデルタ株とアルファ株の感染者の時期は異なる為に、デルタ株感染者は治療方法や治療薬の改良や医療施設の余裕等、他の要因による可能性も否定できないが・・・治療薬が行きわたれば、死亡率はさらに減る可能性はある。インフルエンザ並…
コメント:0

続きを読むread more

集団免疫論の崩壊?

以下は某大学名よ教授のフェースブックの一部を掲載。ワクチンによる集団免疫は困難の状況・・・ しかし、完全にワクチンの有効性が否定されたわけではない。ワクチン接種は個人の判断にゆだねるしかない。新型コロナワクチンもインフルエンザのワクチン並の有効性と考えたほうが良さそうだ。次は治療薬や新たなワクチン開発に期待するしかないのだろうか? …
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン接種者でもPCR検査は陽性になる

以下はある大学名誉教授のフェースブックのコメントを記録と記憶の為に転載。 ワクチン接種しても、PCR検査で陽性となるメカニズムが分かる。ワクチンでできた抗体も粘膜には届かず、暴露すればPCR検査では陽性になる可能性が大きい。無症状であっても感染させる可能性がある。 以下転載 ウィルスはワクチンを打った人でも、鼻腔から上気道…
コメント:0

続きを読むread more

コロナの弱毒化は2024年?

新型コロナはスペイン風邪が弱毒化し、現在のインフルエンザのようになるのは、2022年か2024年といったアメリカ・ハーバード大学の S. キスラーの大学教授。2022年か2024年というのは2年以上もの開きがあり、不透明感が強い。 ワクチンが貧困国も含め世界中にいきわたるのは2023年とも言っている。3回目のワクチン接種も必要にな…
コメント:0

続きを読むread more

オリンピックの影の福島の悲劇

以下はある方がMLで『スイス国営放送のフクシマドキュメンタリー』を紹介してくれた。 オリンピックやコロナ感染拡大のニュースの中で忘れ去られようとする福島の悲劇を、スイス国営放送が、福島の取材と被災者を支援し続ける『おしどりマコ・ケン』さんらの活動を中心に丁寧な取材のもとにまとめたドキュメンター。今も福島の多くの被害者が裁判で闘っている…
コメント:0

続きを読むread more