東京五輪は不要不急のイベント

【東京オリンピックを中止せよ!】         コロナで逼迫している医療現場から見れば東京オリンピックはまさに不要不急のイベントなのです。選手優先では救える日本人の命が救えない。これはIOC,JOC、東京都、日本政府による反社会的・殺人行為ではないのか?! ★以下はある大学名誉教授のフェースブックの記事転載 【国民の…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンは本当に安全なのか?

mRNAワクチンは臨床試験を十分な時間を取っていない為に、将来5年後10年後にどんな副作用が出るかも検証されていない極めて未知のワクチン。接種するかしないかは本人の情報量にもとづく判断しかない。 接種2回後に出る副反応は極めて大きい。1回で済ませるかも本人の選択しだい。80~85%(この数値の正確性は不明)の感染予防が90~95%…
コメント:0

続きを読むread more

無観客でも五輪開催は無理

東京オリンピックによって3.11被災地、特に福島の復興は遅れた。原発事故が無かった事にする為の目くらまし・復興偽装五輪。今度はコロナ禍において更なる感染拡大させ、救える命さえ奪おうとする暴挙を日本政府が進めようとしている。どこまでも間違いを犯そうとしている。 まともなコロナ対策(ワクチンの遅れ、PCR検査の制限等)もできず、放射線…
コメント:0

続きを読むread more

個人線量測定の過少評価~Underestimation Issues on Personal Dosimetry~

【Underestimation Issues on Personal Dosimetry】 福島県内で実施されている個人線量測定における過小評価に関する問題提起をまとめた英文のパワーポイントを作成しIAEAとICRPの送付した。IAEAには以下の線量評価部門の責任者Dr. Miroslav Pinak Head of the R…
コメント:0

続きを読むread more

東電と国は信用できるか?

トリチウム汚染水の海洋放出を政府は決定したが、福島の地元紙・福島民報の社説で風評被害に対する東電への不信感を掲載している。この事は小生も経産省に東電と国の不信感について伝えた事と一致している。 【経産省は国民をなめていないか!】は以下ご覧ください。 https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2021-04-1…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンを政局にするな!

自民党の下村政調会長の発言がスガの発言(9月末までに高齢者全員接種完了)と矛盾した発言をしている。日本政府とファイザー社との契約書に不備があるとの指摘もあり、どれが本当なのか国民は戸惑う。自民党内で既にスガおろしが始まったと見るべきなのか?国民の命がかかっているワクチンを政局にしてはならない。 以下は新聞記事から転載 自民…
コメント:0

続きを読むread more

経産省は国民をなめていないか!

【経産省は国民をなめていないか!】 経産省事故収束対策室に電話して話しているうちに、相手が一方的にTELを切ってきた。経産省が決め、しりぬぐいは環境省と復興庁がやるのか?風評被害対策のゆるキャラに復興庁は2億円以上の金を電通に支払う。ゆるキャラ担当した復興庁の役人がトリチウムについてどれほどの知識があるのか確認してみると、国会での…
コメント:0

続きを読むread more

WHO基準に騙されるな!

以下は某大学名誉教授のフェースブックから転載。経産省や環境省、復興庁の役人の説明もWHOの基準を持ち出し安全だと説明する。メデイアも何の検証もなく、政府の発表をそのまま垂れ流す。政府が言う事を信じていては国民の命がもたない・・・ 【トリチウム汚染水は飲まないほうがよい】 W.H.O.の飲料水のトリチウムの基準は 1リット…
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピックは中止せよ

【東京オリンピックを中止せよ!】 ~コロナ感染拡大の中、日本にオリンピック開催能力はない~ ワクチンの遅れ、スガ政権の無能・無策・無責任政治によって、日本のコロナ敗戦国は明らか!海外からのメデイアや専門家から中止せよとの声が上がっている。日本では中止に言及するはメデイアは少ないが、中止すべきという日本の専門家も出初めている。…
コメント:0

続きを読むread more

汚染水海洋投棄に反対する

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載する。 ■福島第一原発の汚染水海洋投棄に反対する         たんぽぽ舎声明 1.政府決定の誤り 4月13日、政府は福島第一原発の汚染水(ALPS・多核種除去設備処理水)について「廃炉・汚染水・処理水対策関係閣僚等会議」を開催し、海洋放出による処分を決定した。事故から10…
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム汚染水は分離できる

以下はある元東大教授のフェースブックから転載。 菅独裁政権による民意を無視した汚染水の海洋放出正式決定を受けて,昨年のパブコメに書いた意見の中から一部を再掲します.大型タンクや,モルタル固化による陸上保管といった実現可能な代替案に加え,トリチウム除去も実現可能な技術が登場しています(近畿大学の除去装置は補助金が打ち切られて頓挫した…
コメント:0

続きを読むread more

未来に禍根を残す汚染水処理

トリチウム汚染水の海洋放出に反対する真っ当な論説(共同通信・佐賀新聞)・・・ 福島民報や福島民友では取り上げているのだろうか??? 以下は共同通信・佐賀新聞の論説を転載 「技術的検討は十分だったか、東電は十分な責任を果たしたか、なぜ今の決定なのか、影響を被る人々への対応は十分だったか。多くの疑問に政府や東電が真摯(しんし)…
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム汚染水」海洋放出反対の緊急抗議を!

【トリチウム汚染水」海洋放出反対の緊急抗議を!】 まともに代替案の検討もせず、最初から海洋放出ありきの結論にした経産省! 約 10日でタンク 1基が満杯になるので、120年で4,400基のタンクが必要。最初の 100万トンは120年間で半減を繰り返して1千分の1に。現在の小型タンクでも4倍の数のタンクと 4倍の敷地ですむ。石油貯…
コメント:0

続きを読むread more

UNSCEARの完全犯罪を許して良いのか

完全犯罪を目論む放医研の明石真言氏(+鈴木元?)の悪行が酷すぎる。市民とメデイアの力でこの完全犯罪を跳ね返したい。 福島県の月刊誌『政経東北』4月号にも以下の記事が掲載された。 ・国連『被ばく影響報告書』に異議あり   (崎山さん達のコメント掲載) 以下は政経東北のフェースブックの記事から転載(続きは現在発売中の『政経…
コメント:0

続きを読むread more

IAEAの質問

謀NPOがIAEAを呼んで4月17日に研究会を実施する。IAEAと直接意見交換できる良い機会なので、事前質問を提出する事にした。 【質問内容】 1.IAEAと福島医大との協定書の中の2項目目に以下の記述があります。 ●啓発の強化:IAEAは、放射線が人の健康に与える影響に関する啓発を強化し、福島県民の放射線に対する不安及び…
コメント:0

続きを読むread more

早野・宮崎論文検証結果

伊達市民を対象にした個人線量測定結果をもとにした『早野・宮崎論文』に関する伊達市議会の検証委員会(高橋一由議長)から中間報告及び最終報告が発表された。その内容をここに記憶と記録の為に転記する。 【保存版】高橋一由議会報告 市民の皆様こんにちは。ガラスパッジの情報提供をめぐる調査の結果を報告いたします。 中間報告と最終報…
コメント:0

続きを読むread more

UNSCEARレポートを捻じ曲げた黒幕は誰か?

【UNSCEARレポートを捻じ曲げた黒幕は誰か?】 本日の東京新聞にもUNSCEAR(国連科学委員会)2020レポートに対する異議を榊原崇仁記者が書いていた。榊原器記者は当時のSPEEDIやスクリーングの問題を取材し不都合な真実を暴いた『福島が沈黙した日』の著者でもある。 どうもこのレポート作成には放医研の明石氏(スクリーニ…
コメント:0

続きを読むread more

個人線量測定の問題公開

福島県で実施されている個人線量測定は自然放射線(BG値)を過剰に引き過ぎており、追加被ばく線量値が過小化されている。特に二本松市は酷い。パワーポントを日本語と英語で作成したので、今後公開する事にした。今回の公開の目的は隠されている不都合な真実をできるだけ真実に近づける為の議論のきっかけを作る事。 東京新聞記者の榊原崇仁氏著書『福島…
コメント:0

続きを読むread more

非科学的尾身理論の破たん!

緊急事態宣言を解除して間もない大阪での再感染拡大・・・あまりにも非科学的な尾身やスガの責任は重大。・・・疫学者や統計学者そして経済学者のシミュレーションもなく、無知・無能・無策の政権や厚労省が感染拡大と経済破たんに追い込んでいく。尾身理論の破たんは明らかであり、その責任は極めて大きい。 ある精神科医のフェースブックへのコメントを記…
コメント:0

続きを読むread more