食品規準見直しに反対する

原発事故から10年目になって、自民党は放射能汚染された食品規準を緩和しようと動いている。風評被害で売れない野菜を果物の販売促進するためだという。しかしこれは逆効果。緩和された野菜や果物は基準内だからと購入する消費者は増えるどころか、逆に減少していく。原発被害の加害者責任を『風評被害』に置き変え、事故責任を消費者に転嫁してしまう。

民主党から自民党(現在は無所属)に鞍替えを画策している細野豪志議員が先日の国会で甲状腺がんの過剰診断や食品規準の見直しを環境大臣に質問している。細野は田中俊一の詭弁・妄想に騙されている。

先日の細野豪志 のツイターより

『福島産の輸入規制解除「非科学的な対応を外して」小泉環境相

日本の食品摂取基準は国際基準の10倍厳しい。本来は国際標準に合わせるべきだが、 ひとまずそれは置き、厳しい基準をクリアーしている食品を輸入規制するのは非科学的。 小泉大臣に頑張ってもらいたい。』


田口と細野豪志 とのバトル(ツイッター上で)は以下ご覧ください。(細野氏からの反論はありませんが・・)

【甲状腺がんに関するバトル】
https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2021-02-27

【自民党はどこを向いているのか】
https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2021-01-27

食品規準の見直し’緩和)に対する反対署名活動も開始されています。
https://www.change.org/p/%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%A4%A7%E8%87%A3-%E7%94%B0%E6%9D%91%E6%86%B2%E4%B9%85-%E5%B1%B1%E8%8F%9C%E3%82%84%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%81%AE%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E8%A6%8F%E5%88%B6%E5%80%A4%E3%81%AE%E7%B7%A9%E5%92%8C%E5%8F%8D%E5%AF%BE-%E3%81%9B%E3%82%81%E3%81%A6100%E3%83%99%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%92%E5%AE%88%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84?utm_content=cl_sharecopy_27573372_ja-JP%3A5&recruiter=75065443&recruited_by_id=e14add67-e223-4675-ad2b-9943bf9f12fa&utm_source=share_petition&utm_medium=copylink&utm_campaign=psf_combo_share_initial&utm_term=share_petition


この妄想・誤解なんとかならないか?そして厚労省や環境省の役人に正しい情報提供し、間違った自民党議員らに、力で押し切られないように
正しい情報を提供していく必要がある。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント