PCR検査拡大は切実な問題!

【PCR検査は誰でも、いつでも、どこでも無料で受診できる態勢を!】 PCR検査をいつでも誰でもどこでも無料で受けれる態勢を作れ。コロナ禍はここ2~3年間は続くであろう。介護施設はインフルエンザの流行した昨年12月頃から家族の面会は禁止された。インフルエンザが流行が終わる頃になって、新型コロナが流行ってきた。介護施設や病院は家族の面…
コメント:0

続きを読むread more

資金と情報を独占する「感染症ムラ」

ようやく『感染症ムラ』がある事が、NPO法人医療ガバナンス研究所理事長・上昌広さんの記事に詳しく掲載されている。これが日本のコロナ禍におくるPCR検査を抑えている『感染症ムラ』の闇の実態!政府のコロナ対策の分化会のメンバー総入れ替えしないと日本人の命が救えない。国会を開いて追及せよ! 【資金と情報を独占する「感染症ムラ」】 …
コメント:0

続きを読むread more

厚労省は国家的殺×組織!

PCR検査を抑えている元凶は厚労省と感染研である事を元厚労大臣の枡添さんも以下の記事で明らかにしている。 上さんも同じことを言っていたが、厚労省と感染研のガバナンスの問題として、具体的な言及は無かった。ようやく実態が見えてきた。 以下はその記事の一部を掲載。 『日本では、保健所の体制が貧弱であることなど様々な問題がある…
コメント:0

続きを読むread more

アベ・小池・西村に殺される!

PCR検査が進まない事が、日本のコロナ感染拡大している事は明確だ。ニューヨークでさえも、感染者の数が激減している。これはPCR検査を誰でも無料ででき、徹底的に陽性者を網にかけ隔離しているからだ。 いったいいつのなったら日本はPCR検査を徹底するのか?PCR検査にブレーキをかけている闇を暴く必要がある。アベ、小池、西村の無策によって国民…
コメント:0

続きを読むread more

PCR検査とアビガンの背後にある闇

7月23日ののテレ朝『そもそも総研』でなぜPCR検査が進まないのかについて玉川さんが厚労省に取材してわかった事は 1.偽陽性者(最大でも0.003%)を間違って隔離してしまった場合に人権侵害になる事を怖れている。 2、また病院がひっ迫する?(たった0.003%でも?) といった理由のようだ。これが厚労省の相場観、職業倫理なのだとい…
コメント:0

続きを読むread more

支離滅裂のアベ政権

【アベ晋三『職務放棄』のやる気なし!】 ~アベ晋三の一刻も早い辞任が国民の命を救う~ アベ首相、1カ月間会見なし 委員会も出席せず 感染再燃、GoTo方針転換…説明責任果たさず「首相は周辺に『秋の臨時国会は開きたくない』と漏らす」(北海道新聞)官邸にこもる安倍首相はすでにやる気なし?ネット「職務放棄だ」 https://www.m…
コメント:0

続きを読むread more

無能・無責任のアベ政権では国民の命は守れない

西村経済再生大臣という、無能・無責任が日本を壊滅させる。アベは相変わらず無能・無責任ぶりを続ける。無能・無責任のアベ政権では国民の命は守れない。ツイッターを初めて1ヶ月になる。以下はア×の西村への主なリツイート。 ◆西村は何の科学的根拠を示さず、GoTOキャンペーンの対象地域を見直す考えはないという。報道が正確でないのではなく…
コメント:0

続きを読むread more

余計なお世話だ!

【余計なお世話だ!】 ~選挙運動開始した福島選出自民党議員~ 福島県選出の自民党議員7名は新型コロナウイルス感染症対策・福島復興創生推進本部を立ち上げ、原発事故や台風19号からの復興を含め政権に働きかけるという。 何故今さらなのか?今まで何をやってきたというのか?原発事故が無かった事にしたいアベ晋三の意向のもと、ふくしま切…
コメント:0

続きを読むread more

NHK福島にエールを!

先日の福島の若者グループ『DAPPE』の福島原発汚染水に関するデモを報道したNHK福島に対して、ネット上に批判の画像がアップされている。 https://www.youtube.com/watch?v=66ChtZjIOY4&t=4s NHK福島の報道は以下。 NHK福島は昨日に続いて福島の若者グループ「DAPPE」の…
コメント:0

続きを読むread more

若者が動き出す汚染水問題

【不誠実な経産省】 ~若者が動きだす汚染水問題~ 汚染水問題について、おしどりまこさんやまさのあつこさんがまとめてくれている。そして福島では若者も動きだした。パブリックコメントの締切も7月31日まで、3回も延長された。経産省の中に何があったのか?不都合な真実が次々で発覚し、国際機関や全国の自治体、そしてメディアからも反対の意見が…
コメント:3

続きを読むread more

PCR検査を抑えている元凶は厚労省と感染研

10日、東京都の新型コロナウイルス感染者数が243人と過去最多の数値であることが判明した。第2波への不安広まるなか、小池百合子都知事は「さらなる警戒が必要な段階」と懸念の色を示している。感染者の実数周知のため、肝となるのはもちろんPCR検査だが、日本の検査数は各国と比べ異常なほど少ないままだ。医療ガバナンス研究所の上昌広氏が指摘する、日…
コメント:0

続きを読むread more

経産省は大うそつき

以下はたんぽぽ舎からのメルマガの一部を転載。 「原子力はクリーンなエネルギー」では絶対にない! -石炭火力の「抑制」を口実に原発を推進するな- 経産省・エネ庁は「今だけ、金だけ、自分だけ」の大嘘つき!   7月3日に経産省が石炭火力を抑制する方針を発表した。7月4日の記者会見で<非効率石炭火力のフェード…
コメント:0

続きを読むread more

専門家は国民の為に熱意を持て!

そもそも総研で玉川氏にインタビューに、児玉東大名誉教授が声を詰まらせて『専門家は国民の為に働くという熱意がないとダメだ』と訴えた。政府や専門家はこれに応えるべきだ!東京の感染拡大が大迷惑だ! 児玉名誉教授「PCR検査です。新宿区というのは、国立の感染研と国立国際医療研究センターのある区ですよね?」「そこで出来ないというのが信じられない…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ自己防衛策

新型コロナウイルスの第2波、第3波に備えて、感染予防、検査方法、罹患した場合等々についての情報サイトは以下。まずは感染しない為に新しい生活様式を変える必要がある・・・今後2~3年は続くであろう新型コロナウイルスとの向き合い方を学び、ワクチンが出来るまで、自己防衛するしか方法はない。 それぞれの日常の行動リスクを知る事から始めよう。…
コメント:0

続きを読むread more

不都合な真実を隠し通す経産省

汚染水処理問題は先に結論ありき。市民が提案した①第1原発内の敷地の確保や②固形化③タンカー保存④第2原発の敷地の確保(輸送はパイプラインで!)等の対案を東電も経産省もここ2年間まったく検討していない。東電とエネ庁が最初から検討する気がなく、住民との意見交換や調整もしていない。その事は小生が直接役人に質問し確認した。 海洋放出するぐ…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス感染症に関する検査について

厚労省のHPに『新型コロナウイルス感染症に関する検査について』というサイトがあるが、一向にPCR検査が進まないのは、何が要因なのだろうか?東京の感染者が増大しているのは、新宿や池袋界隈の夜の街関連の従業員をすべてPCR検査して網に掛けないから。従業員はせいぜい1万人程度なら、数日間で全員検査可能のはず。これを1ヶ月に1回程度網にかければ…
コメント:0

続きを読むread more

汚染水処理問題に物申す福島市長

福島市長の定例会見で地元紙の福島民友の記者が福島第一原発の汚染水処理について質問した。それに対する福島市長の見解が真っ当なので、ここで紹介したい。東電と国は原発事故で福島県に大きな苦悩を与えた。更にトリチウム汚染水を福島県沖に海洋放出したいとして、更なる苦しみを福島県民や周辺県に与えようとしている。 発想を変えれば、この汚染水を東…
コメント:0

続きを読むread more

『暗黙知』の悪魔を退治せよ!

東大の某教授が専門家会議のメンバーは感染症に詳しい有識者であり。専門外の人達には理解できない『暗黙知』があるから、たの学者達が批判するのは間違いだといった記事を朝日新聞に掲載した。しかしそれは間違いである、多くの科学者からの批判が無ければ科学は進歩もないし、大きな事故も防げないし、多くの人の命も救えない。 原発事故が止められなかっ…
コメント:0

続きを読むread more