厚労省がゴミノマスクの検品方法の根拠を答えられ

【厚労省がゴミノマスクの検品方法の根拠を答えられない】

アベノマスクは川口市にある株式会社宮岡で検品されているという。検品方法の詳細を窓口のコールセンターに確認しても、情報が無く答えらえない為に、担当である厚労省・医政局・経済課に直接TELし以下確認したが、まったく答えらえない。カビが無いかをどうやって検査し、それが品質保証でき、健康に害がない事を担保できるのかを質問した。

このアベノマスクやまさに『ゴミノマスク』である事が確定した。ゴミの郵便受けへの投げ入れは不法投棄で軽犯罪だ!一刻も早くゴミノマスクの配布を中止せよ!

1.検品方法とその根拠⇒目視と重量測定との回答(基準値よりも2g以下と回答)
2.基準値よりも2g以下でカビが無いとする科学的根拠は何か?(2gは妥当なのか?)
3.その検査方法は部屋の湿度によって影響でないか?(部屋の湿度は一定に保たれているのか?)
4.基準値となる重量はいくらか?
5.製造バラつきで重量は変動するが、許容値はいくらか?基準値や2gにはそのバラツキが考慮されているか?

6.カビが発生したのは湿度の高い海外工場か輸送中だとすれば、その後日本にの乾燥した気候で水分が蒸発してマスクの重量が軽くなったという事はあり得るが、それでも2g以下は正しい検査方法なのか? 
7.海外の製造工場で、従業員の衛生・健康管理はされているか?(マスクの製造は食品と同じ衛生管理が必要)
8.厚労省は現地工場の品質管理について視察・チェックしているか?
9.製造や検品・配送・配達の過程で、新型コロナウイルスがついていないかの管理・チェックはしているか?
10.カビがついていた場合に、特に高齢者は細菌性肺炎を患う可能性がある。場合によっては命を落とす可能性も否定できない。品質とそのリスクはどう担保されているか?


https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2020-05-25

このマスクは間違いなく特別管理廃棄物に該当すると確信。

【特別管理廃棄物】
爆発性・毒性・感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずる恐れがある性状を有するものとして政令で定めるもので、通常の一般廃棄物や産業廃棄物とは異なる処理基準や管理基準等に基づいて処理される。(例:注射針、廃家電製品に含まれるPCB使用部品)

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント