人命軽視のアベ内閣!

補正予算が国会を通ったが、一人10万円を国民に配る事で野党は軟体できなかったのだろうし、緊急性を要している~野党も国民の目もあり反対できない状況を利用し、姑息な手段でコロナ対策とは真逆の予算を入れこんでいたアベ政権。

人命軽視(人殺し)政権と言ってもいいだろう。納得する回答は得られて野党は賛成したのだろうか?このアベ政権はどこまでも人命軽視の政権だ!

『森裕子参院議員は、病床削減のための補助金84億円、さらに「地域医療構想」の達成に向けた医療機関の施設整備事業に560億円、計644億円が投入されていることについて、安倍首相を「公的病院の病床数の削減に644億円。なんでいまさらやるんですか! 支離滅裂ですよ!」と追及。

ところが首相は「これはですね、より効率的なニーズに合ったかたちの提供の仕方についてかたちづくっていく、そのための支援の予算だ」と。国民の命・健康を守ることに注力するのではなく、むしろ地域医療を崩壊させることに税金を使う。新型コロナという危機に晒されてもなお、人命第一の対応をとらない安倍政権。これこそが最大の「国難」』


そして現在の新型コロナウイルスの罹患者数も答えられないアベ晋三が国民の命を守れるはずもない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント