アメリカ産牛肉は食べてはいけない

【アメリカ産牛肉は食べてはいけない!】

成長ホルモンのエストロゲンが日本の牛肉の600倍もあると言うアメリカ産牛肉が健康に言い訳は無い。科学的な議論を国会で是非やってほしい。トランプの為に日本人の健康と命を差し出すアベ晋三!国民民主党の国会議員が『牛丼は健康に悪い』とツイッターで発信したら、炎上したとの事だが、これは事実だ。事実を発信したのに玉木代表まで謝罪する必要は全くない!

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0206/jc_200206_1648585256.html?fbclid=IwAR1GON_mi9d79_sgjy5n-u-Dm1Rh3YacU7gQ5HDOjHkySsUdZlF-5PhKaYo

本件について厚労省・輸入食品安全対策室(030-3595-2337)に問い合わせると、食品安全委員会に聴いて欲しいとの返事。食品安全委員会は評価しているはずだと・・最終判断は厚労省が実施したにもかかわらず・・・欧州はアメリカ産牛肉の輸入は禁止しているはず。なぜ日本人だけ健康に悪い牛肉を食べさせられるのか?

厚労省の担当は食品基準審査課(03-3595-2423)との事で専門官とも長時間話した。
ここでわかった事は農産物や牛肉の食糧を増やす為にの農薬やホルモン剤の緩和を行っている事。
農薬やホロモン剤の残留量の多い安い食材を食べるか、高い有機野菜やホロモン剤の少ない国産牛肉食べるかの選択を消費者自身が選択するという事。

厚労省のQ&Aは以下ご覧ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000072466.html

【アメリカ牛肉の恐ろしさ】は以下ご覧ください。
https://nimosaku.blog.ss-blog.jp/2012-09-12











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント