福島県が避難者いじめ!

【福島県が避難者いじめ!】

自民党・公明党そして旧民主党系の県民連合まで告訴に賛同!
人道的に許されないとした県民連合の古市議員に敬意を表したい!
内掘はここ8年間放射能汚染から子どもを救いたいとして
自主避難者の意見を無視し続けてきた。

非常に冷酷な知事であり、その政策にチェック機能を果たさない
福島県議会の存在そのものが悪!
放射能に関する個人の価値観は人それぞれであり、
また「税の相互扶助の精神」も理解できない内掘と
共産党を除く福島県議会の連中は必要悪だ!

以下はある記者のFBのTLを転載

政府と福島県は避難者の住宅提供打ち切りを進めています。
県は都内の国家公務員宿舎に避難する5世帯を訴えることを決め、
昨日県議会で議案が賛成多数で可決されました。
自民、公明両党が賛成したほか、立憲民主、国民民主、
社民各党などの会派「県民連合」が賛成。共産党が反対しました。
会派方針に反して退席した立憲民主党の古市三久県議は取材に
「人道的見地から許されない。ただ、会派の問題もあり
中途半端な退席になった」と話しました。

5世帯のうち3世帯の避難者の代理人の森川清弁護士
(福島原発被害首都圏弁護団共同代表)らは会見。
「毎日を不安に過ごしている。
福島県からの避難なのに県がすべてを奪いにくるようで恐ろしい」
とする30代女性のコメントを読み上げ、
「避難先の住まいを力ずくで奪おうとするものであり、極めて許しがたい」と
する福島原発被害東京訴訟原告団と福島原発被害首都圏弁護団の
抗議声明を発表しました。

森川弁護士によると、3世帯とも避難生活で収入が下がり、
家賃を払うことができないということです。

NHKですら県の対応に否定的で福島大学の准教授も県の対応を批判
https://www.nhk.or.jp/fukushima/hamanaka/#archives 

県議会の某会派の問題は原告(県)側からの意見だけを聞き
被害者側の調査をしないで判断している事。
公平さに欠いた県議会(某会派)の対応には呆れる他ない。
これが福島県議会の民度の低さ!

ある方のFBからは悲鳴が・・・
『「毎日を不安に過ごしている。
福島県からの避難なのに県がすべてを奪いにくるようで恐ろしい」(30代女性)
「避難してきた今まで以上に不安と苦痛がある。
なぜ県に追い出されるのか。理解が出来ない。」

「毎日すごい不安でどうしたらいいかわからない」
(事故の影響で夫と離れ、子どもと避難する30代女性)

彼らは避難で転職を余儀なくされるなどして収入が下がり、
家賃が払えなかったとのことです。
払えなかったのは各世帯50万~200万円です。
訴えられることでますます不安になっています。
子ども・被災者支援法は、被災者を支援するため、
住宅確保の施策は国が講ずる、と記しています。
国は法律を守っているのでしょうか。』

そして別の方のFBより・・   
   < これが福島県議会の民度 >>
要するに、避難住民がいると「福島県が危険な場所と映るから」ということ。
赤旗によれば、財務省は避難指示区域外からの自主避難者について、
2012年1月以降の避難継続の相当性を肯定して損害発生を認めることは
「(避難指示区域外に)居住する住民の心情を害し、
ひいては我が国の国土に対する不当な評価となる」から
「容認できない」と主張。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント